高級カシミヤマフラーの手入れの仕方と洗い方を知って長く使おう 

   

家にいるだけで、古びた服が新品同様に
~クリーニングは宅配する時代~

「めんどくさい。。」「時間がない。。」「値段が高い。。」

洗濯におけるすべての悩みを、一発で吹き飛ばせるのが宅配クリーニングです。

安く、そして早く、家にいるだけで、古びた服が新品同様に。

”質” ”値段” ”早さ”の三つを厳選し、選び抜いた5社の比較はこちら

こんにちは、あかねです。

高いお金を出して買ったカシミヤのマフラー、どうせなら長く使いたい、どうすればいいのと悩んでいませんか。

大丈夫。

ちゃんと手入れをすればマフラーは10年以上も使うことができます

逆に手入れをしないマフラーは、毛玉が出来て汚れやシミで汚くあっという間にボロボロに。

洗い方や干し方も知識がないままにおこなって縮んだり形が崩れたりする可能性もあります。

せっかく気に入って買っても、ぼろぼろになったもの、縮んだものや型崩れしたものは洗濯のプロであるクリーニングに出しても戻りません

せっかく買ったお気に入りのマフラーがそんなことになっては悲しいですし、お金ももったいないですよね。

駄目にしないためにも、きちんと手入れの仕方や洗い方を知りましょう。

覚えてしまえば手入れは2~3分、洗濯も簡単に手洗いで出来ます。

手入れをしながら使い続けて長持ちさせたマフラーは、ふわふわで使っていて気持ちのいいマフラーになるので、ぜひ試してみてください。

ふわふわの気持ちのいいマフラーを嫌いな人はいないので、気になる人に触らせてほしいといわれるかもしれませんよ。

 




カシミヤマフラーの手入れ

カシミヤマフラーの手入れの仕方はとても簡単です。

時間も1~2分でできますので、使った後の習慣にしてみてください。

手入れの仕方

①外から帰ってきたらマフラーを玄関で外し、ほこりや花粉、その他の汚れなどをバサバサと軽く振って落としてください。

フリンジ以外の部分を縦、横方向にブラシをかけて繊維の奥の汚れをかき出します。

③かき出したゴミをブラシで払います。

④繊維を整えるために1方向にブラシをかけます。

注意:力任せにやってはいけません。

あかね
あかね
フリンジとはマフラーの端の毛糸がそのまま流れた飾りの部分です。

おすすめはこんなブラシ

カシミヤブラシで選ぶならこんなブラシがおすすめです。

  • 天然獣毛(馬毛・豚毛)
  • きめが細かく
  • こしがあり
  • 毛足が長いもの
洋服ブラシ 手植えカシミヤ 洋服ブラシ 手植え羽子板型

画像引用サイト:ブラシの平野

 

自宅でもできる洗濯方法

工程は多いですが、洗い方も注意する点に気を付ければとても簡単です。

洗い方の工程
  1. 洗濯ネットにマフラーをたたんで入れる
  2. 水に洗剤(シャンプー)を入れて溶かす
  3. 押し洗い
  4. すすぎ
  5. 水に柔軟剤(リンス)を入れて溶かす
  6. 押し洗い
  7. すすぎ
  8. 脱水
  9. 干す

必要なもの

  • マフラーをたたんだ状態で入れてちょうど入るサイズの洗濯ネット(裏使いファスナーはNG
  • 洗面器やバケツなどの洗い桶
  • 常温の水(シャンプーが溶ける程度の水温~25℃ぐらいまでならOK)
  • シャンプー(ウール用の洗剤でもOK)
  • リンスかコンディショナー(柔軟剤でもOK)

洗い方

①洗濯ネットにマフラーをたたんで入れる

洗濯ネットの中でマフラーが動かないように、たたんだ状態でちょうど入る洗濯ネットにマフラーを入れてください。

洗濯ネットには裏使いファスナーを使用しているものがありますが、マフラーをネットに入れて洗う場合、ひっかける可能性もありますのでおすすめできません。

あかね
あかね
裏使いファスナーとは、ファスナーの取っ手部分をネットの内側に向けてつけたものです。

②水に洗剤(シャンプー)を入れて溶かす

洗面器やバケツなどの洗い桶に水(シャンプーが溶ける程度の水温~25℃ぐらいまでならOK)を入れます。

水にシャンプーを入れ、手でかき混ぜて溶かしてください。

あかね
あかね
水の温度が30℃以上だとカシミヤが縮みます。

③押し洗い

シャンプーを溶かした水にマフラーを入れた洗濯ネットを沈めてください。

10回ぐらい全体を水に沈めるように押します。

長い時間おこなうと毛羽立ちが多くなるので注意してください。

マフラーが分厚かったり洗い桶が小さくて水の量が少ない場合は、片面ずつ沈めて押し洗いをします。

④すすぎ

きれいな水に交換してシャンプーの泡を流すようなイメージで押し洗いをします。

10回ぐらいの押し洗いをきれいな水に交換しながら2~3回繰り返してください。

片面ずつの場合は両面で2~3回行います。

⑤水に柔軟剤(リンス)を入れて溶かす

水(リンスが溶ける程度の水温~25℃ぐらいまでならOK)にリンスを入れます。

手でかき混ぜてリンスを溶かしてください。

⑥押し洗い

リンスを溶かした水にマフラーを入れた洗濯ネットを沈めてください。

シャンプー同様、10回ぐらい全体を水に沈めるように押します。

⑦すすぎ

④と同様に、きれいな水に交換してリンスを流すようなイメージで押し洗いをします。

10回ぐらいの押し洗いをきれいな水に交換しながら2~3回繰り返してください。

片面ずつの場合は両面で2~3回行います。

⑧脱水

脱水は洗濯機の脱水で大丈夫です。

他のものと一緒にはせずに手洗いモードで2~3分脱水してください

下の洗い方参考動画ではタオルドライで行っていますが、乾燥までに時間がかかりすぎると臭くなる可能性があります

あかね
あかね
手で絞ると形が崩れたり伸びたりするので行わないでください

⑨干して乾かす

日陰で平干し、風通しがいいところで自然乾燥させてください。

おすすめは室内の風通しの良いところに机を置いてバスタオルを敷きます。

そのバスタオルの上にマフラーを広げて半日置いてください。

半日経ったら新しいバスタオルを敷きマフラーを裏返して再度半日干します。

ハンガーにかけて干すのは、マフラーが伸びますのでやめましょう。

あかね
あかね
乾燥機にかけるのはマフラーが縮むので絶対にやめましょう

洗い方参考動画

こちらではハンガーを3本使って干す干し方も載っていますので平干しが難しい方は参考にどうぞ。

脱水~干し方参考動画

こちらはニットの洗い方ですが脱水から干し方まではこちらの洗い方を参考にしてください。

あかね
あかね
カシミヤニット工場UTOの宇土社長はカシミヤ博士として有名な方です。

 

長く使う上で気を付けること

摩擦や湿気を避ける

カシミヤはカシミヤヤギの毛です。

毛は呼吸をしており水分が多いと普段は閉じているキューティクルが開きます。

開いた毛は毛同士が絡み合い毛玉となるので雨の日や雪の日はなるべく濡れないようにしましょう。

またマフラーを上着の中に入れて着用すると蒸れてキューティクルが開いたり、シートベルトの下に身につけると摩擦で毛玉ができますので注意が必要です。

適度にマフラーを休ませる

寒い時期には欠かせないマフラー。

雪や雨、汗などで湿気が溜まると風合いが損なわれます。

湿気が多い日や長時間使った後は、カシミヤが乾いて元の状態になるまで休ませましょう。

シーズン外の保管方法

使わない時期はタンスに入れて保管してください。

つるして保管は重さで型崩れの原因になりますのでやめましょう。

たたんだマフラーの上に防虫剤を1つだけおいて保管します。

 

毛玉が出来た時やシミが落ちない時の対処法

毛玉ができた

毛玉が出来たときは100均などで売っている毛玉取り器を使って毛玉を取り除いてください。

ハサミや爪切り、かみそりなどでとるのは切る必要のない部分も切ってしまうのでやめましょう。

シミがついた

部分的な目立つ汚れは指でもみ洗いします。

それでも取れない場合や時間がたったものはシミになってしまっているのでクリーニングに出しましょう。

 

宅配クリーニング

 

忙しくて手洗いできない、自分で洗うのは怖い、という方はクリーニングの利用も手だと思います。

忙しい人におすすめなのは宅配クリーニング。

集荷から受け取りまで家で済む宅配クリーニングを選べば、かかる時間は数分だけで済みます。

普段は自分で手洗いでも1シーズンに1回ぐらいクリーニングに出すのもいいかもしれませんね。

リネット

画像引用サイト:リネット

リネットは無料の通常会員と月額429円(税込)のプレミアム会員があります。

サービスもいろいろと違うので、下記の公式サイトで確認してみてください。

送料はかかってしまいますが、店舗クリーニングのような値段で利用したい方には、リネットがおすすめです。

  • 通常会員
送 料

税抜き10,000円以上送料無料

税抜き8,000円~10,000円は990円

税抜き8,000円未満だと1,980円

価 格 マフラー770円

デリケート素材(カシミヤ、シルク、合皮、麻など) +220円

レース、フリル、プリーツ付き+220円

日 数 最短7日
集 荷 入れ物は自分で用意。集荷は宅配便が家まで来てくれる。
おすすめ 無料シミ抜き。

(税込)

  • プレミアム会員(月額税込429円)
送 料

税抜1,900円以上送料無料

税抜1,900円未満は1,980円

価 格 マフラー770円

デリケート素材(カシミヤ、シルク、合皮、麻など) +220円

レース、フリル、プリーツ付き+220円

日 数 最短2日
集 荷 集荷の時間によって用意が必要。集荷は宅配便が家まで来てくれる。
おすすめ シミ抜き無料・毛玉取り、毛取り無料・スタンプカードあり。

(税込)

  • 追加オプション
オプション 料  金 お届け日
贅沢手仕上げコース +385円

通常会員:7日後~

プレミアム会員:5日後~ 

サラっと撥水仕上げ +440円
ディープクレンジング仕上げ +990円
ふんわり上質仕上げ(花粉ガード効果付き) +440円
銀イオン抗菌防臭仕上げ +440円

(税込)

せんたく便

画像引用サイト:せんたく便

せんたく便は、シミ抜き、毛玉取り、毛羽取りなどが無料です。

マフラーで気になるところがあれば頼んでみるのはいかがでしょうか。

送 料 無料(北海道・沖縄・離島は1,980円)
価 格 最速5パック7,678円
日 数 最短5営業日
集 荷 入れ物の用意は不要。ヤマト集荷サービスが家まで来てくれる。
おすすめ シミ抜き・毛玉取り、毛羽取り・ボタン補修などが無料・他サービスたくさん。

(税込)

 

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございました。

手入れの仕方
  1. ほこりを振り落とす
  2. 縦横にブラシをかけて汚れをかき出す
  3. かき出した汚れをブラシで払う
  4. 1方向にブラシをかけて整える。
洗い方
  1. 洗濯ネットにマフラーをたたんで入れる
  2. 水に洗剤(シャンプー)を入れて溶かす
  3. 押し洗い
  4. すすぎ
  5. 水に柔軟剤(リンス)を入れて溶かす
  6. 押し洗い
  7. すすぎ
  8. 脱水
  9. 干す

それぞれ工程は多いですが覚えてしまえば短時間で出来ます。

使った後は手入れをして、雨や雪の後には休ませ、たまには洗濯。

それだけで10年以上使うことができます。

長く手入れをすることによってふわっふわの気持ちがいいマフラーにしましょうね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。