気になる布団のダニ退治には布団乾燥機を!!乾燥時間まで紹介!!

こんにちは、あかねです。

皆さんは布団のダニ対策、きちんとしていますか?
痛いところをつかれたなと思っている人、たくさんいるはずです。

毎日布団を天日干しして、数時間後に裏表ひっくり返して、、、。
家事や育児に追われて気づけば夜、なんてことも多々あるのに、専業主婦でもなかなかできる人はいないものです。

しかもマンションによっては、布団を干したくても干すのがNGなマンションまであります。

ましてや働いていたらどうでしょう?
朝、布団が干せたとしても帰ってきたら真っ暗で布団が冷たくなっていたなんてことも、、、。
しかも、本当に天日干しで布団のダニが退治できているのでしょうか?

そんな布団のダニ退治の仕方に悩んでいる皆さんに、ここでは布団乾燥機での確実なダニ退治について紹介していきます。

その他にも、布団乾燥機を使うことによってダニ退治だけでなく、毎日フカフカのあったかい布団で眠ることができます。
家族がゆっくりくつろげるために、布団乾燥機の使用も参考にしてみてくださいね。

 




ダニが発生する理由

布団のダニって、なぜ発生するのか皆さんは知っていますか?
布団には、寝ている人の皮脂や垢やフケなどが、知らない間にたくさんついています。
布団に生息するダニのエサが、まさに皮脂や垢などのたんぱく質なんです。

しかもそのダニの死骸やフンなどが、呼吸器官に入るとアレルギーを引き起こす可能性があると言われています。

そんなダニの生殖場所ですが、湿気があるところが大好きです。
温度も20度~30度くらいのところを好みます。
なので最も注意したいのが梅雨時期です。

そんな厄介なダニですが、実は弱点があります。
熱にとっても弱いんです。

熱に弱いダニにとって、布団乾燥機は天敵です。
そんなダニ退治に有効的な布団乾燥機について、紹介していきます。

あかね
あかね
小さいお子さんがいる家は、特にダニは気になりますね。

 

ダニ退治には布団乾燥機を!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

布団乾燥機の役割について、皆さん知っていますか?
名前の通り、熱で布団を乾燥させる機械です。

冬場の布団は特に寒いです。
布団乾燥機の温風を布団にあてて乾燥させることによって、フカフカの布団に仕上がるし、布団自体があったまります。

そんな布団乾燥機がダニに効果的とされている理由は、布団を熱であっためることによって湿気を飛ばし、ダニ対策ができるからです

しかし今までの布団乾燥機は、マットがついていてかさばるし、収納するのも一苦労でした。
結局気合い入れて買ったはいいけど、使わず押し入れの中という話も、、、。

それに引き換え最近の布団乾燥機は、スタイリッシュで手軽に使えるようになっています。
インテリアになじむ布団乾燥機なら、いちいち片付けなくてもよさそうですね。

あかね
あかね
布団乾燥機は、洗濯物を乾燥させたり、雨でぬれてしまった靴を乾かすのにも便利です。

布団乾燥機のダニ退治に要する乾燥時間

ダニ対策に効果的な布団乾燥機ですが、実際どれだけの時間布団を乾燥させれば、ダニが死滅するのでしょうか?

最低でも、布団乾燥機によるダニの死滅時間は1時間以上は必要とされています。
通常の布団乾燥機のダニ退治モードは、2時間以上とされるものが多いです。

布団乾燥機の種類によって、乾燥時間は変わってきます。
効果的にダニ退治をするには、きちんと布団乾燥機の使用時間や使用方法は守りましょう。

布団乾燥機の使い方

アイリスオーヤマ 布団乾燥機 ナチュラルオーク FK-D1-NO

では実際に、布団乾燥機でダニ退治をする手順について紹介します。

布団乾燥機を使う時は、部屋が寒いと布団が温まりにくいため、部屋を暖めてから使いましょう。
マットタイプの布団乾燥機の場合は、敷布団の上にマットを広げてホースを置きます。

その後ホースの上に掛け布団を広げて、布団乾燥機のダニ退治コースをスタートさせます。
終わるころには布団がしっかりあったまっています。

布団乾燥機が止まったら、布団の上を掃除機か布団クリーナーをかけるようにしましょう。
アレルギーは、ダニの死骸を吸い込むことによっても起こります。
必ずダニの死骸まで処理するようにしてください。

布団乾燥機のダニ退治の手順

①まずは部屋の温度を上げる。

②敷布団の上に布団乾燥機のホースを置き、その上に掛布団を広げ、布団乾燥機のダニ退治コースをスタートさせる。

③終了したら、布団の上を掃除機をかけて終了。

 

あかね
あかね
布団は必ず両方の面を、布団乾燥機をかけるようにしましょう。

布団乾燥機でダニ退治する時の注意点

 

・布団を温める時間や温度に注意する。

・換気をする。

・床の掃除もきちんとしておく。

布団乾燥機にダニ退治コースが搭載されている場合は、必ず規定通りの時間で行いましょう。
時間が短かったりすると、布団の温まりも悪く、完全にダニ退治ができません。

あとは、気をつけたいのが部屋の温度です。
寒い部屋で布団を温めるのと、暖かい部屋で布団を温めるのでは、温度差ができるのは分かりますよね?

たとえ規定時間布団を温めていても、部屋の温度が低すぎるとうまく布団があったまりません。
せっかくダニ退治をするなら、効果が出るように寒すぎる部屋には暖房であっためてから、布団乾燥機を使いましょう。

意外に忘れがちなのが換気です。
部屋は、風を通さず締め切ることで湿気が生じます
必ず換気もするように心がけましょう。

他にも、床の掃除も大事です。
床にもダニの大好きな私たちの垢や皮脂などが存在するからです。

布団だけでなく、床もきれいにするように普段から心がけましょう

あかね
あかね
ダニは湿気も大好きです。湿度も下げるようにしましょうね。

 

布団乾燥機以外のダニ退治法

布団乾燥機でのダニ退治法を紹介しましたが、布団乾燥機外でダニ退治はできないかと思っている人もいますよね?

ここでは、布団乾燥機以外でダニ退治をする方法を紹介します。

コインランドリー

他にも布団のダニ退治には、コインランドリーもおすすめです。
コインランドリーは、乾燥時にかなりの熱風を与えます

高温に弱いダニは、乾燥する時の温度でダニを死滅してくれるというものです。
コストもそこまで高くないし、効果的なダニ退治ともいえます。

ダニ取りシート

ただダニ取りシートの場合、発生しているダニを退治するというよりは、ダニの予防で使うのがおすすめです。

即効性がないので、ダニに困っている人には不向きです。

 

アイロン

ダニ退治には、アイロンも効果的です。
ダニは高温に弱いからです。

ただアイロンは、かなりの高温になるので、布団が痛まないよう注意しましょう。

あかね
あかね
アイロンなら、家にあるので手軽にダニ退治できますね。

自分でダニ退治が不安な人には布団クリーニング

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり自分でダニ退治は心配という人には、布団クリーニングがおすすめです。
布団クリーニングなら、布団の素材に合わせて洗ってくれます

布団の乾燥も高温でしてくれるので、高温を苦手とするダニには、もってこいの退治方法です。
布団が重くて持っていくのが大変という人には、宅配クリーニングで布団を取り扱っているところに持っていくのが良いでしょう。

 

まとめ

私たちの生活のうち、約3分の2が睡眠時間だと言われています。
そんな睡眠時に使う布団のダニ、やっぱり誰もが気になりますよね?
ダニは熱で簡単に退治できます。

まだ持っていない人は、布団乾燥機の購入を検討してみてはいかがでしょうか?
ダニ退治だけでなく、いつでもフカフカの布団で眠ることができます。

布団乾燥機だけでなく、良質な睡眠には、コインランドリーや布団クリーニングもおすすめです。
次の日の目覚めも、とっても良くなります。

布団のダニ退治をするとともに、フカフカあったかい布団で、家族の睡眠守りませんか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です