入園式での両親の服装マナーご紹介!!入園式後服はクリーニングへ

こんにちはあかねです。

来年春の入園へ向けすでに準備進めていらっしゃる親御さんもいらっしゃるかと思います。

初めて親と離れて生活する我が子に、今から寂しさと期待が入り混じった気持ちになりますよね。

今回は少し早いですが、お子さん初の晴れ舞台でもある入園式での服装のマナーについてご紹介いたします。

皆さん入園式が近づくと、必ずと言っていいほど、入園式にはどんな服を着ていったらいいのだろうと考えてしまうかと思います。

何も考えず、普段の延長で入園式に向かってしまうと、周りから明らかに浮いてしまって恥ずかしいなんてことになってしまいます。しかも、大切な子供にまで恥をかかせてしまうなんてことに・・・

そうならないように早めにマナーを知って、準備しておきたいですよね。

きちんと準備しておくことで余裕が生まれ、入園式で率先して同級生ママやパパに話しかけやすくなり、新生活のスタートダッシュを切ることができます。

マナーを守った服装でお子さんの新たな門出をお祝いしましょう




入園式の服装マナーについて

まずはじめに、服装を考える上で忘れてはならないことについてお話します。

  • 入園式はあくまでも子供が主役であるということを忘れない

これは最も忘れてはならないことです。ついつい自分中心となった華美な服装は場違いです。

  • 季節柄を考慮した服装選びをする

入園式が行われるのは春ですよね。季節柄暗めよりも明るめの色を選ぶのがベターです。

尚、お住いの地域や通われる幼稚園・保育園の傾向もありますので、事前に周りの知り合い等より情報収集をしておくとよいと思います。

あかね
あかね
既に園に通っている先輩ママさんの意見は参考にしたい!

母親の服装について

服装に関するNG事項について

肌の露出が多い服装

具体的には丈の短いスカートや素足、胸元のあきすぎたトップス等です。

スカートは膝を隠す。ストッキングをはく(黒はNGなのでベージュ)を忘れないようにしましょう。

華美なアイテムを身に着ける

具体的にはヒールの高すぎ靴やサンダル、派手なアクセサリー等です。

またブランドロゴが入ったブランドバックもカジュアルな印象になりますので、避けましょう。

オススメの服装について

NG事項をご紹介しましたが、では一体どのような服装が好ましいのか。

こちらではオススメの服装をご紹介します。

何を着る?

基本的にはスーツを着なければならない等のルールはありません。入園式という式典に合わせ、清潔感があり、爽やかな服装であればOKですが、セットアップスーツを選ばれる方が多いです。

季節柄ホワイト・ピンク・ベージュ・ライトグレーなどの明るい色がベターです。

また、黒・ネイビーなど暗めの色は着やすいため、選ばれる方も増えていますが、やはり暗い印象となりがちなので、インナーやアクセサリーで明るい色を選ぶようにしましょう。

アクセサリー

入園式は昼間の式典になります。昼間の式典には光り物を避けるのがマナーですので、パール(真珠)がベターです。一粒タイプのものであればダイヤモンドなどもOKです。

コサージュは必ずつけなければならないものではありませんが、明るく華やかさ出すことのできるアイテムになりますので、全体のバランスを見て選んでください。

靴・鞄

靴についてはパンプスがベターです。お洋服に合わせた色を選べばOKです。

鞄については革などのフォーマルな素材でシンプルなデザインのものを選ぶとよいです。色は黒・ネイビー・ベージュがベターです。

父親の服装について

服装に関するNG事項について

目立ちすぎるスーツや小物、カジュアルすぎる服装

最初にもお伝えしましたが、あくまでも主役は子どもです。常に引き立て役にまわる意識が大切です。太めのストライプ柄や、格子の大きいチェック柄、光沢感の強いスーツ、派手な時計等の小物などは避けてください。

また、引き立て役だからといってカジュアルすぎないようにも気を付けましょう。

パートナーの服装と合っていない

パートナーの2人で並んだ際、ちぐはぐになることのないようちゃんと打ち合わせをしておきましょう。

白・黒ネクタイ

式典だからといって、ネクタイを白にするのはNGです。入園式などの式典では職員や来賓の方が白い色のネクタイをつける暗黙のルールになっています。

また、黒いネクタイはお葬式を想起させてしまいます。

オススメの服装について

父親についてもオススメの服装をご紹介します。

何を着る?

ビジネススーツでOKです。

色・柄

スーツの色は黒・ネイビー・グレーなどのダーク系を選びましょう。また、柄は無地、もしくは目立たない柄(薄めのストライプ)のものを選びましょう

シャツについてはがベターです。柄ものの場合はスーツ同様目立たない薄いストライプ等を選びましょう。

ポケットチーフ

ポケットチーフは華やかさを添えるアイテムになりますので、オススメです。パートナーの服装に合わせてぜひ使ってみてください。

ネクタイと合わせ光沢感のある素材や明るめの色を入れると、オシャレになるのでオススメです。

靴・鞄

靴は革靴をえらびましょう。色は黒や茶色で靴紐のついているデザインがベターです。

鞄については持たない方も多いかと思いますが、もたれるのであればクラッチバックのような小さいサイズの鞄を選ぶとまとまります。

忘れがちな持ち物ご紹介

初めての入園式で親御さん自身も大変な緊張があると思います。ご参考までに持ち物についてご紹介します。

ハンカチ、ティッシュ、カメラ・ビデオカメラ、スマホ、お財布、筆記用具、

スリッパ(パパの分もお忘れなく)、

替えストッキング(念のためあると安心)、

サブバック(保護者宛のプリント等配られることが多いので、荷物が入りきらなくなった場合にあると安心)

あかね
あかね
慣れない行事は忘れ物注意しないとね

入園式終了後はクリーニングへ

本番を終えて、ほっとした後は着たお洋服達の洗濯&収納作業が待っています。

入園式で着たフォーマルなお洋服を次着る機会は、、、、1年後?数年後?でしょうか。

最近は自宅で洗濯できるスーツも増えていますが、大切なフォーマルなお洋服はプロに頼んで、しっかりした状態で保管しておきたいですよね。

本日ご紹介する宅配クリーニングは保管サービス付きとなりますので、洗濯後の収納場所の悩み解消にもなりますので、次着る予定がまだ決まっていないフォーマルスーツなどをお願いするのにピッタリです。

リナビス

リナビスは創業60年の確かな技術とうれしい無料サービスがたくさんついてる宅配クリーニングです。宅配クリーニングでのお客様満足度3部門(「大切なものを任せられる」と思う宅配クリーニングNo.1、「安心の職員品質」と思う宅配クリーニングNo.1、「顧客対応がよい」と思う宅配クリーニングNo.1)を獲得してますので、安心にておまかせできます。

うれしい無料サービス
  • 12カ月間無料で保管してくれる
  • 送料無料(集荷&配送)
  • シミ抜き無料
  • ボタン修理
  • 毛玉取り

尚、保管サービスについては多くの宅配クリーニングが10カ月未満程度なので、12カ月も無料で保管してくれるリナビスは着用頻度が低い洋服にはピッタリです。

 

リナビスについては過去頼んでみた際の体験談を下記に残していますので、参考にしてみてください。

まとめ

今回は少し早いですが、入園式での服装マナーについてご紹介しました。

入園式の服装選びで大切なこと
  • 入園式はあくまでも子供が主役であるということを忘れない
  • 季節柄を考慮した服装選びをする

上記2点を忘れずに、大切な式典に向けてゆっくりと準備していってくださいね。

また、入園式後には保管付きクリーニングを利用して、大切なお洋服をきれいに保管してもらいましょうね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です