枕カバーを洗濯する適切な頻度とは!?枕本体も洗濯できるのか解説!

こんにちは、あかねです。

皆さんは「枕カバーを洗濯する頻度」はどれぐらいでしょうか。

週に1回ぐらい、週に2回ぐらい、2週間に1回ぐらい、月に1回ぐらいなど
さまざまなご意見があるかと思います。

実はこれには明確な正解というのはありません。
ただ、理想の頻度というのがありますが、これも季節やさまざまな状況によって
変わってきます。

女性の場合だと「メイクをしたまま寝てしまった」とか、
男性でも女性でも「朝にシャワーをするから夜は洗顔だけして寝てしまう」など、
それぞれのライフスタイルによっても違ってくるのです。

ただ、やはり枕カバーの洗濯というのは、どちらかというと後回しになる
という方が多いのではないでしょうか。
天気のいい日に布団を干すタイミングで一緒に洗ってしまうなど、
そう頻繁には洗わないですよね。

しかしそれが、黄ばみの原因になったり、臭いやシミが落ちにくくなったり、
雑菌が繁殖してカビの発生原因になったりするのです。
その結果、睡眠の質が低下したり、肌荒れを引き起こしたりします

この記事で枕カバーの適切な洗濯の頻度やタイミングを理解し、
快眠やお肌の調子の向上につなげていければと思います。

また、「枕本体は洗うことができるのか。」と思われたことはありませんか。
実は素材によって洗えるもの、洗えないものがありますので、
今回はこのあたりの解説も一緒にしていこうと思います。

 




枕カバーを洗濯する理想の頻度とは?

季節や体質、ライフスタイルなどで変わってくる

毎日夜に入浴をし、清潔な状態で就寝される方の枕カバーでも少なくとも
週に1~2回は洗濯することが好ましいです。

ただこれは、季節や体質、ライフスタイルなどが関係してくるので、
全てにおいてこれが理想の頻度というわけではございません

一見キレイに見える枕カバーでも、実は寝ている間に汗や皮脂で汚れるのです。

特に夏場は汗を多くかいてしまう季節なので、寝ている間の汗や皮脂の量も
冬場に比べると多くなります。

見た目には特に汚れているように見えないので、ついつい洗うことを
後回しにしてしまいがちですが、実は毎日汚れが蓄積されているので、
こまめな洗濯が本当は望ましいのです。

このように夏場は2日に1回、または毎日洗濯でもやりすぎではない
のではないでしょうか。

こんなときは必ず洗いましょう

  • 女性の方は特に、メイクを落とさずに寝てしまったとき

これはお肌にももちろん良くないですが、ファンデーションなどがついたままの肌で
枕に直接触れる
と、外から持って帰ってきた菌や花粉が枕カバーに付着します

男性の方でも、残業続きで疲れて帰ってきて、気が付いたらシャワーもせずに
寝てた場合なども同じです。

そのまま放っておくと菌が繁殖し、肌荒れやカビの発生の原因にもなりますので、
翌日には必ず枕カバーを洗濯することをおすすめします

 

  • 男性も女性も夜は軽く洗顔をし、シャワーは朝派という方

これは先ほどの「メイクを落とさずに寝てしまったとき」と近いですが、
軽く洗顔をしたからといっても外から持って帰ってきた菌、花粉、ほこりなどは
髪の毛にも付いているのです。

髪の毛にも付いた菌や花粉も枕カバーに付着します

また整髪料などを付けている場合はそれも枕カバーに付着するため、
このような方々は毎日洗濯することがおすすめです。

 

枕カバーを洗濯するおすすめ頻度
  • 毎日夜に入浴し清潔な状態で就寝(秋~春)⇒週2回以上の洗濯がおすすめ
  • 毎日夜に入浴し清潔な状態で就寝(夏)⇒週2回以上か毎日の洗濯がおすすめ
  • メイクをしたままシャワーをせず寝てしまった⇒翌日には洗濯しましょう
  • 夜は軽く洗顔だけ、洗髪シャワーは朝派⇒毎日洗濯がおすすめ

 

枕カバーとして簡単に付け外しができるおすすめアイテム

「もちろん毎日洗うとか週に2回以上洗うのが理想なのはわかるけど、
枕カバーって外して付けるのが結構手間だから洗濯頻度が低くなるんだよね。」

もっと簡単に付け外しができれば毎日でも洗うのにな。」

という方も多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめのピローパッドというアイテムがありますのでご紹介します。

ピローパッドを使って毎日清潔に

引用サイト:ニトリ

ピローパッドとは上の写真のようなもので、枕に直接取り付けれるパッドです。

これだと後ろがバンドになっているので、簡単に付け外しができて、
洗濯も気付いた時にストレスなくできます。

毎回ファスナーを開けてカバーを外し、またカバーに枕を入れるという
手間やわずらわしさはかなり軽減されます

バンドで固定されているので少しだけずれていたりすることはあるものの
「朝起きたら外れてた」ということはありません

ピローパッドを利用して、毎日清潔で快適に眠りましょう。

ただこれを使用するには、このパッドに合ったサイズの枕を使う必要があるので注意です。
バンドは短くできるので少し小さめでも大丈夫ですが、極端に小さいと合わないので
ご使用する際は枕のサイズを確認してください。

 

枕カバーについた汚れやシミは落とせる?

「ピローパッドを利用すると楽に付け外しができて毎日清潔に保てるのはわかったけど、
実はもううちの枕カバーにはシミが付いてしまっているんだ・・・。」

という方もいらっしゃると思います。

そこで次は「枕カバーに付いたシミや汚れは落とせるのか」ということについて
お話ししていきます。

時間がたってしまった頑固な汚れやシミは浸け置き洗い

「枕カバーのここの汚れは、もうずっと取れないんだよなぁ・・・。」

と思っている方、一度浸け置き洗いをしてみましょう。

  • 桶などにぬるま湯をはり、洗濯表示に合う洗剤と酸素系漂白剤を適量溶かしてください。
  • 30分ほど浸け置きします。
  • 洗濯表示にそって洗濯をしてください。
  • 補足:シルクなどの繊細な布にはおしゃれ着用の中性洗剤を使用しましょう。

どうでしょう、意外と簡単ではないでしょうか。
これぐらいなら家でもできそうですよね。

また、あまり時間がたっていないシミや汚れには、その部分に直接液体洗剤を付けて
少し置き、そのままいつも通りの洗濯をしましょう。

乾燥方法にも注意

洗濯表示に脱水が不可の場合などがありますので、その場合は洗濯機で洗っても
脱水はかけないように注意が必要です。

乾燥方法についても、少し注意が必要です。

  • ピンチハンガーにかけて軽くしわをのばしましょう。
  • 天日干しは紫外線などで生地を傷めますので、風通しのいい場所での陰干しがおすすめ。
  • 乾燥機はふわふわに仕上がりますが、熱に弱い素材だと生地を傷めるので注意が必要。

ただ、どうしても家の洗濯だけでキレイにできないこともありますので、そんなときは
クリーニング屋さんに出してキレイにしてもらうのも手です。

 

こんなときは宅配クリーニングを利用しましょう

「浸け置き洗いは意外と簡単だとわかったけど、ちょっとめんどくさいというか、
時間がないというか
・・・。」

「店舗型のクリーニング店に持っていくと、汚れとか見られてちょっと恥ずかしいかも・・・。」
と思う方もいらっしゃるでしょう。

キャラクターがデザインされている抱き枕カバーなどは、対面クリーニング店には
持って行き辛いようですね。

そんな悩みは宅配クリーニングを利用することで全て解決です
今回は私が体験した中で特におすすめの宅配クリーニング1社をご紹介しておきます。

1枚から出せる手軽さと高品質【リネット】

引用サイト:リネット

「リネット」は、宅配クリーニングの満足度調査で5つの部門で1位を獲得しており、
確かな実績のある宅配クリーニング会社です。

24時間ネット注文が可能で、全国どこでも集荷配送してくれます。

「店舗型のクリーニング店に持っていくのがめんどうだな」という方や、
持ち込みだと見られるのがちょっと恥ずかしいな・・・」という悩みも
宅配クリーニングを利用することで解決できますよ。

リネットの料金や送料は?

リネットに枕カバーを出すと、1枚870円です。

送料は1800円かかりますが、通常会員だと1万円以上
プレミアム会員だと2400円以上の注文で無料になります。

ですので、プレミアム会員になりますと枕カバーを3枚出すと送料が無料
なりますので、お得ですし、お手軽ですね。

ちなみに抱き枕カバーはサイズにもよりますが「マルチカバー小」という扱いになる
そうなので、1枚1630円~となるようです。

枕カバーはプレミアム会員でも納期は「5日後以降からお届け」の扱いになるので、
余裕をもって頼むほうが良いですね。

送料やさまざまなサービスを考えると、プレミアム会員になるほうがかなりお得です。

実際にリネットに出してみたらこんな仕上がりに

ワイシャツの首周りの黄ばみがここまで真っ白になりました。

リネットは通常会員でもプレミアム会員でもしみ抜きが無料なので、
しみ抜きにプラス料金を払う必要がないのがとってもお得ポイントですね。

他にも私がリネットを実際に利用してみた衣類のBefore Afterは、
こちらの記事で是非ご確認ください。

 

枕本体は洗うことができる?

枕の素材によって洗えるもの洗えないものがある

枕本体は

  1. 洗濯機で洗えるもの
  2. 水洗いができるもの
  3. 洗えないもの

の3つに分けられます。これらは枕の素材によって決められます。

主な枕の素材⇩ 洗濯機で洗える 水洗いができる 洗えない
フォスフレイクス
エルク
ポリエステルパイプ
高反発ファイバー
プラスチックボール
低反発ウレタン
そば殻

あまり聞いたことのない素材もありますが、枕本体のタグに素材の表示がありますので、
確認してみてください。

枕は洗ったほうがいい?

枕を洗ったほうがいいかどうかでいうと「洗える素材なら洗ったほうがいい」でしょう。
洗う目安は、1年に1~2回ぐらいで大丈夫です。

ただ、実際水洗いなどをするとかなり手間がかかりますし、
脱水機にはかけられない素材が多いので、乾燥に数日時間がかかることもあります。

乾燥の間、お気に入りの枕を使えないとよく眠れないこともあるかもしれません。

洗えない枕のように天日干しや陰干しで湿気をとばして、風を通すだけでも
ハウスダストやダニの駆除に効果があります。

枕本体は、普段は天気のいい日に天日干しか陰干しをして、洗える素材のものは
1年に1~2回洗うのが理想かもしれませんね。

 

まとめ

枕カバーを洗濯する適切な頻度は、季節やライフスタイルなどで変わってくるので
これが正解というものはありませんが、おすすめの頻度はこちらになります。

枕カバーを洗濯するおすすめ頻度
  • 毎日夜に入浴し清潔な状態で就寝(秋~春)⇒週2回以上の洗濯がおすすめ
  • 毎日夜に入浴し清潔な状態で就寝(夏)⇒週2回以上か毎日の洗濯がおすすめ
  • メイクをしたままシャワーをせず寝てしまった⇒翌日には洗濯しましょう
  • 夜は軽く洗顔だけ、洗髪シャワーは朝派⇒毎日洗濯がおすすめ

 

ただ、枕カバーは顔や首が直接触れるものなので、肌着のように常に清潔を保つことが
お肌にも良く、快眠にもつながります

枕本体も洗える素材のものは年に1~2回洗い、普段は適度に天日干しや陰干しをして
ハウスダストやダニから自分自身を守りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です