低反発枕の洗い方は?正しいお手入れ方法や宅配クリーニングも紹介!

   

家にいるだけで、古びた服が新品同様に
~クリーニングは宅配する時代~

「めんどくさい。。」「時間がない。。」「値段が高い。。」

洗濯におけるすべての悩みを、一発で吹き飛ばせるのが宅配クリーニングです。

安く、そして早く、家にいるだけで、古びた服が新品同様に。

”質” ”値段” ”早さ”の三つを厳選し、選び抜いた5社の比較はこちら

こんにちは、あかねです。

使っている低反発枕が汚れてしまったため、洗濯してキレイにしたいけど洗い方が分からない…とお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

シーズンごとに替えるといっても、枕や布団といった寝具類は毎日使うのでニオイや汚れが気になりますよね。

しかし、残念ながらほとんどの低反発枕は洗濯することもクリーニングで洗ってもらうこともできません

とはいえ、汚いまま使い続けるわけにもいかないので、どうにかしてキレイにしたいですよね。

今回は、低反発枕の正しい洗い方・お手入れ方法と布団も洗える宅配クリーニングをご紹介します。

低反発枕はクリーニングに出しても断られることが多く、だからといって自分で無理に洗ってしまうと、素材が固くなってしまったりボロボロに崩れてしまったりと、せっかくの肌触りが台無しになり使えなくなってしまいます。

「洗濯できないなら買い替えよう」と諦めてしまいそうになりますが、正しい洗い方やお手入れをすることでキレイに、肌触りを保ちながら清潔に使い続けることができますよ。

また、枕と同時に布団にも汗やニオイ、ダニなどの目には見えない汚れがたくさん付いています。

自宅で洗うのが大変な布団は、枕と一緒にクリーニングに出してプロの力でしっかりキレイにしてもらいましょう。

更に宅配クリーニングを利用すれば、持ち運びに大変な思いをすることなく、自宅ではできない消臭加工や防ダニ加工もしてもらえますよ。

キレイな状態にすることで枕や布団の寿命が長持ちすることはもちろん、ダニや雑菌などのアレルゲンを除去することでアレルギーやアトピーに悩まされている方も快適な快適な睡眠を取ることができます。また、枕や布団といった寝具類は、直接肌に密着するものなので清潔にすることで肌荒れを防ぐこともできますよ。

宅配クリーニングって何?
↓知りたい方はこちら↓

手っ取り早く宅配クリーニングを利用したい!
↓知りたい方はこちら↓

低反発枕が洗濯できない理由

冒頭で、ほとんどの低反発枕は洗濯できないとお話ししましたが、その理由は低反発枕に用いられている素材にあります。

それは「ウレタン」という素材です。

ウレタンは、クッション性、耐圧性分散性能が高いため、身近なところでいうと枕や靴底などに使用されています。

このように便利なウレタンですが、実は「水に弱い」「乾かない」といった弱点があります。

この弱点こそが、低反発枕を洗濯できない最大の理由です。

ウレタンが洗濯できない理由

ウレタンが洗濯できない理由は、素材の性質に3つの弱点があるからです。

ウレタンの3つの弱点
  • 水に弱い
  • 乾かない
  • 熱や紫外線に弱い

1,水に弱い

ウレタンは水に濡れると加水分解という化学反応を起こし、その結果裂けてしまったり、ボロボロと形が崩れてしまいます。

これは長年使っているスニーカーの靴底がボロボロになったり剥がれてしまうのと同じ現象です。

このことから、丸洗いしようと洗濯機に入れてしまったが最後、前と同じ形ではまず出てきません。洗濯が終わり、仮に枕の形を保っていたとしても、手で持った瞬間に裂けてしまったりボロボロと崩れてしまいます。

また、低反発枕が洗濯できないと知らずに洗ってしまった方の中には「洗濯機が壊れてしまった」という方も…。

低反発枕も洗濯機も壊れてしまうなんて悲しいですよね。

2,乾かない

ウレタンは、吸水性と保湿性が高い反面、通気性が悪いという性質があります。

洗濯をしてなんとか形を保ったまま干すことができたとしても、一度洗濯機で大量の水を含んだウレタンは通気性が悪いのでなかなか乾きません。

干してから数日経っても乾かないことのほうが多いです。

丁寧に乾かし続けても、枕の中心には洗ったときの水分が残ってしまいます。

また、低反発枕がその状態にあると、保湿性が高く通気性が悪いというウレタンの性質で、一定の湿気が高いまま維持されてしまいます。

つまり、枕の中は雑菌やカビの増殖にもってこいの環境になってしまっているわけです。

キレイにしようと洗ったはずが不衛生な枕になってしまうので、低反発枕の洗濯はやめましょう。

3,熱や紫外線に弱い

いくら干しても乾かないときや早く洗濯物を乾かしたいとき、太陽の光でしっかり乾燥させようと天日干しにしますよね。

しかし、低反発枕を天日干しすることはNGです。

ウレタンは熱や紫外線に弱い素材なので、天日干しして直射日光に当ててしまうと、カチカチに硬化してしまい劣化してしまいます。

また、乾燥機などの熱風でも変形や硬化を起こしてしまい、洗った後の加水分解をしているウレタンを乾燥機の中に入れてしまうと力に耐えきれず破れてしまうことが多いです。

ウレタンは急激な乾燥をさせた場合も手触りがガサガサになってしまうなど、低反発枕特有のもっちりとした肌触りや心地よさを失ってしまいます。

あかね
あかね
このようにデリケートな低反発枕ですが、それではどのようにキレイにすれば良いのでしょうか。

洗濯できない低反発枕は正しいお手入れでキレイに

低反発枕が洗濯できない理由である、「ウレタン」素材の3つの弱点についてここまでお話してきました。

「洗濯してキレイにしたいのに無理なら買い替えよう」と思った方は安心してください。

デリケートな低反発枕ですが、洗濯はできなくてもお手入れすることによって汚れやニオイをしっかり取り除きキレイにすることができるので諦めて買い替える必要はありません。

また、正しい手順ややり方を覚えてしまえば難しいこともありません。

そのお手入れ方法をご紹介していきます。

低反発枕の汚れやニオイを落とすお手入れ方法

低反発枕のウレタン素材が洗濯やクリーニングができないといっても、枕に付いた汗や皮脂などの汚れやニオイは落としてキレイにしたいですよね。

汚れやニオイを落としたいときは表面だけの部分洗いをすることでキレイになります。

用意するもの5つ

  • 中性洗剤(エマールなどのおしゃれ着用洗剤)
  • 除菌・消臭スプレー
  • タオル
  • 洗面器などの容器
  • ハンガー

手順

1,枕カバーを外す

枕カバーを使用している場合は外します。

2,洗剤液を作る

中性洗剤(エマールなどのおしゃれ着用洗剤)を、ぬるま湯もしくは水で10倍くらい薄めたものを洗面器などの容器に作ります。

3,タオルで汚れを拭き取る

2で作った洗剤液をタオルに含ませてしっかり絞ります。よく絞ったタオルで低反発枕の汚れをトントンと叩きながら拭き取ります。ゴシゴシと拭いて摩擦を起こしてしまうと低反発枕が破れてしまう可能性があるので気を付けましょう。

4,除菌・消臭スプレーを吹き付ける

汚れを拭き取ったら除菌消臭スプレーを吹き付けて除菌・消臭します。

市販の除菌・消臭スプレーの中には、揮発性のない成分が含まれているものもあり、使用を重ねることで枕の表面に成分が蓄積し生地が固くなってしまうことがあるので気になる方は揮発性が高い消毒用エタノールの使用がおすすめです。

5,陰干しする

汚れを拭き取り除菌・消臭をしたら、ハンガーに掛けて直射日光の当たらない風通しの良い場所で陰干しし、しっかり乾燥させます。

ここでしっかり乾燥していないまま取り込んで使用してしまうと、雑菌やカビが増殖してしまうので時間をかけて乾燥させることが大切です。

天候や気温にもよりますが、表面だけの部分洗いであれば半日ほど陰干しするとしっかり乾きます。

あかね
あかね
洗濯できなくてもキレイにできる方法があるなら、わざわざ買い替える必要もなくて安心ですね。

日頃からできる低反発枕のお手入れ方法

低反発枕に汚れやニオイが染みついてしまい、いざ洗濯しようとしたらできない…と困ることのないよう、日頃から汚れやニオイを染みつかせないようにお手入れをすることも大切です。

枕カバーは毎日取り替える

枕カバーは毎日取り替えるのが理想的です。

カバーには汗や皮脂、皮膚や髪の毛が付いています。このようなタンパク質の汚れはダニの餌になるだけではなく、雑菌が増殖しやすくニオイの原因にもなり、これを防ぐにはこまめにカバーを清潔にすることが大切です。

枕本体は、カバーに比べるとそこまで汚れやニオイが付きませんが、カバー直接肌に密着しているので1日使うだけで沢山汚れが付いてしまいます。

毎日取り替えて洗うのが難しいようであれば、最低でも1週間に1回は枕カバーを取り替えて洗いましょう。

定期的に陰干しする

寝汗を吸った低反発枕はウレタンの性質上、湿気を保っています。

そのまま放置していると寝汗や皮脂などが酸化してニオイを発生させてしまうので、定期的に陰干しをして水分を飛ばすことでニオイも一緒に取れます。

干すときは、このような枕専用のハンガーを使って干すと型崩れしないのでおすすめです。

引用サイト:ニトリ

また、雑菌やダニも繁殖しているため陰干しする際に、除菌・消臭スプレーを枕に吹き付けておくと効果的です。

掃除用具で汚れを取り除く

低反発枕に髪の毛や埃などの目に見える汚れが付いた場合は放置せず、ころころローラーや布団クリーナーを使って取り除きましょう。

また、ダニやノミも布団クリーナーである程度取り除くことができます。

あかね
あかね
枕カバーが不衛生だと肌荒れの原因にもなるのでこまめにお手入れしましょう。枕カバーの詳しい洗い方や清潔に保つ方法はこちら!

洗濯できる低反発枕もある

引用サイト:楽天

低反発枕は洗濯できないとお話ししましたが、実は洗濯できる低反発枕も存在します。

この画像のように洗濯できる低反発枕として販売されているものは洗濯機で洗うことができます。

また、洗濯できる低反発枕として販売されていないものでも洗濯表示が洗濯OKになっている低反発枕もあります。お手持ちの低反発枕の洗濯表示を確認してみましょう。

あかね
あかね
この表示があれば、液温30度までなら洗濯機で洗濯OKです!

しかし、洗濯表示が洗濯OKになっている低反発枕とはいえ、同じくウレタン素材が用いられているので洗濯機で洗うと破損してしまうことがあります。

破損する可能性があることを考えると手洗いがおすすめです。

また、何度も何度も洗ってしまうと裂けたり、ボロボロに崩れてしまうので洗う回数に気を付けながら、しっかり日頃からお手入れをすることが必要です。

あかね
あかね
破損の可能性があり安心して洗濯できないなら洗濯表示に洗濯OKって書かないでよ…と思わずツッコミを入れてしまいたくなりますよね…

洗濯表示が洗濯OKになっている低反発枕の正しい洗い方

洗濯OKの低反発枕といっても、一体どのように洗えばいいのか不安ですよね。

洗濯OKになっていると洗濯機で洗おうと思ってしまいますが先ほどお話ししたとおり、裂けてしまったり破れてしまう可能性があるので手洗いがおすすめです。

しかし、手洗いでも乱雑に扱うと指先がめり込んで穴が開いてしまうこともあるので、洗うときは細心の注意を払いましょう。

あかね
あかね
また、洗濯表示が洗濯OKになっていなくても、こちらの表示があれば手洗いすることができますよ!

用意するもの4つ

  • 中性洗剤(エマールなどのおしゃれ着用洗剤)
  • バスタオル
  • 洗面器などの容器
  • ハンガー

手順

1,洗剤液を作る

中性洗剤(エマールなどのおしゃれ着用洗剤)を、ぬるま湯もしくは水で10倍くらい薄めたものを洗面器などの容器に作ります。

2,洗剤液に浸けて揉み洗い

1で作った洗剤液の中に、低反発枕を浸けます。

ウレタンが破損しないよう、優しく揉みこむようにして洗うことを心掛けてください。

「ウレタンは水に弱いんじゃなかったの」と心配された方、後のステップで時間をかけてしっかり水分を取り除くのでご安心ください。

3,洗剤液を流し落とす

洗剤液の中で揉み洗いができたら、ぬるま湯を足していき低反発枕が吸った洗剤液を流し落としていきます。

ウレタンが水を吸って裂けやすい状態になっていることには変わりないので、ぬるま湯を足しながら優しく揉み洗いを繰り返します。

4,しっかりと水気を取る

洗剤液を流し落とせたら、洗面所やお風呂の平らなところに枕を取り出します。

水気を取ろうと枕を絞ってしまうとウレタンが裂けてしまうので、少し時間はかかりますが、枕を押しつぶすようにして水気を取ることが大切です。

枕の様子を見ながら、少しづつ水気を取りましょう。

5,バスタオルに包んで水気を取る

水気を取ったら枕をバスタオルに包み、優しく枕を押しつぶすようにして更に水気を取ります

手で押しただけでは取れなかった水分をバスタオルが吸収してくれるので、ここでしっかりと水気を取っていきます。

5,陰干しする

しっかり水気を取ったら、ハンガーに掛けて直射日光の当たらない風通しの良い場所で陰干しし、しっかり乾燥させます。

ここでしっかり乾燥していないまま取り込んで使用してしまうと、雑菌やカビが増殖してしまうので時間をかけて乾燥させることが大切です。

様子を見ながら時間をおいて、枕の干す向きを変えたりすると枕の形が偏らず、しっかり乾かすことができます。

あかね
あかね
手洗いするときは慎重に優しく取り扱うことが大切です。

低反発枕に対応!布団も洗える宅配クリーニング

低反発枕の正しい洗い方やお手入れ方法をご紹介してきましたが、「自分で洗うのは手間がかかる」「どうせなら布団と一緒にクリーニングでキレイにしたい」「低反発枕を洗ってくれるクリーニング店を探そう」と、どうしても思ってしまいますよね。

実際に私は、「手間をかけずに布団と一緒に低反発枕もキレイにしたい」と思い、対応しているクリーニング店がないのかネットで探しまくりました。しかし、どんなに大手のクリーニング店でも低反発枕は取扱除外品となっていて対応していないところがほとんどだったのです。

私と同じ思いで低反発枕対応のクリーニング店をお探しの方、もしくはこれから探そうと思っている方は安心してください。

低反発枕も布団も洗ってくれる宅配クリーニングをご紹介します。

自宅で洗うのが大変な低反発枕や布団は、クリーニングに出してプロの力でしっかりキレイにしてもらいましょう。

また、電話もしくは公式サイトから注文するだけでクリーニングを自宅完結できるので重たい荷物の持ち運びもなく、忙しい方にもおすすめです。

更に自宅ではできない防ダニ加工や消臭加工もしてもらうことができますよ。

あかね
あかね
低反発枕対応のクリーニング店は数少ないので嬉しいですよね♪それも宅配クリーニングサービスなので自宅完結できてとても便利です!

クリーニングのデア

引用サイト:クリーニングのデア

クリーニングのデアは寝具類に限らず、様々なアイテムを幅広く取り扱っている全国対応の宅配クリーニングサービスです。

布団の取り扱いはあっても低反発枕の取り扱いはないクリーニング店が多い中、クリーニングのデアは布団も低反発枕も取り扱っているので、まとめてキレイにすることができます。

また、対応しているクリーニング店が少ないということから、「低反発枕のクリーニング料金って高いのかな」と心配してしまいますが、クリーニングのデアは低反発枕もリーズナブルな料金なので安心してクリーニングをお願いすることができます。

それでは早速、料金について見ていきましょう。

料金について

クリーニングのデアの料金設定はこのようになっています。

枕クリーニング料金

シングル(税抜)ダブル(税抜)
一般枕・低反発枕・テンピュール枕900円1,500円
羽毛枕1,500円2,400円
抱き枕1,500円1,500円
そばがら枕・もみがら枕1,700円1,700円
シルク・真綿素材(追加料金)+500円+1,000円

※枕のシングルサイズは長辺70センチまでです。

布団クリーニング料金

シングル(税抜)ダブル(税抜)
掛け布団(羊毛・羽毛・綿など)3,700円5,300円
敷き布団(羊毛・羽毛・綿など)3,700円5,300円
夏掛け・肌掛け2,600円3,700円
電気布団見積もり(目安としてシングル8,000円前後/ダブル12,000円前後)
シルク・真綿素材(追加料金)+1,000円+1,500円

毛布クリーニング料金

シングル(税抜)ダブル(税抜)
毛布1,100円1,600円
2重毛布1,600円2,100円
電気毛布1,600円2,600円
電気ベッドパット1,600円2,600円
タオルケット600円900円
シルク・真綿素材(追加料金)+500円+1,000円

防ダニ加工/抗菌加工料金

シングル(税抜)ダブル(税抜)
600円800円
布団1,600円2,100円
毛布1,100円1,600円

消臭加工料金

シングル(税抜)ダブル(税抜)
600円800円
布団1,600円2,700円
毛布1,100円1,600円

布団保管料金

シングル(税抜)ダブル(税抜)
枕・毛布500円900円
布団900円1,300円

※最長7か月の保管です。

あかね
あかね
低反発枕を含めた寝具類はもちろん、オプション加工もリーズナブルな料金設定になっていますね。また、13,000円以上の注文で送料無料(沖縄・離島を除く)になります。

納期について

クリーニングのデアに寝具類を出した際に、どのくらいの時間がかかるのか、いつ手元に戻ってくるのか気になりますよね。

気になる寝具類の納期について見てみましょう。

通常、工場に到着してから約2週間となります。
繁忙期(5月~10月前後)は+2~4週間程度の納期をいただきます。
シルク布団、特殊マットレスは約1ヶ月です。
厚めのマットレスなど熱に弱い素材のものは、自然乾燥いたします。これらは約1ヶ月かかる場合がございます。

引用サイト:クリーニングのデア

低反発枕に用いられているウレタン素材は「熱に弱い」ので、納期は1か月ほどで見ておくと良いでしょう。

あかね
あかね
急ぎの場合は注文時に急いでいる旨を伝えれば、親切に優先的に洗ってくれますよ!

クリーニングのデアのこだわり

引用サイト:クリーニングのデア

クリーニングのデアは、様々なアイテムを幅広く取り扱っているだけでなく、高品質な仕上がりにもこだわっています。

そのため枕や布団といった寝具類の洗い方を見てみると、クリーニングのデアならではのこだわりや特徴があります。

1,大量のマイナスイオン水で汚れを除去

人は一晩でペットボトル1本分、500㏄の汗をかくといわれていますが、干してお手入れするだけでは汗や皮脂、ダニなどの汚れは完全に落ちません。更に布団1枚にダニは4万匹もいて、皮脂などのタンパク質の汚れを餌として増え続けていきます。

これらを除去するには大量の水で洗い流すしかありません。

クリーニングのデアは、洗い流すために必要な水の質にもこだわっており、地下水から精製した軟水のマイナスイオン水を大量に使って汚れを除去してくれます。

なぜマイナスイオン水にこだわっているのかというと、枕や布団などの寝具類の汚れがプラスイオンであることが理由です。これに、マイナスイオン水を使うことでプラスイオン(汚れ)を吸着して除去する仕組みになっています。

2,洗剤は100%天然せっけんを使用

引用サイト:クリーニングのデア

一般の布団クリーニングは合成洗剤を使って洗浄していることが多いのですが、合成洗剤はどんなにゆすいでも残留し残ってしまいます。そしてこれが、アレルギーや肌荒れのもとになります。

しかし、クリーニングのデアは100%天然せっけんを使用しており、合成洗剤を一切使わず洗浄してくれるのでアレルギーや肌荒れの心配をすることなく、また寝具類にもダメージを与えずキレイにしてくれます。

3,丁寧な手洗いで汚れを除去

引用サイト:クリーニングのデア

クリーニングのデアは、1つ1つの汚れを手洗いでしっかり除去してくれます。

100%天然せっけんを使いながらブラッシングで手洗いしてくれるのでシミ汚れもキレイに落としてくれます。

4,ひのきの乾燥室で100%ダニを除去

こうして丁寧に洗われた寝具類は、ひのきで作られた乾燥室で乾燥されます。

50~90度の温度でしっかり乾燥し、洗浄してもわずかに残ってしまったダニを100%死滅し除去します。

また、ひのきには抗菌作用があるため、乾燥しながら抗菌をしてくれます。

あかね
あかね
リーズナブルな料金設定なのに、こんなにこだわってくれるのは嬉しいですよね。

こんな方におすすめ

  • 低反発枕をクリーニングしたい方
  • 枕と布団をまとめてキレイにしたい方
  • 他のクリーニング店では断られてしまったキレイにしたい寝具類がある方
  • リーズナブルな料金でキレイにして欲しい方
  • アレルギーやアトピー、肌荒れでお悩みの方

こんな方にはクリーニングのデアがおすすめです。

まとめ

ここまで、低反発枕の正しい洗い方・お手入れ方と布団も洗える宅配クリーニングを紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

低反発枕は日頃から定期的にお手入れをして、汚れやニオイが染みつかないよう心掛けましょう。

日頃からできる低反発枕のお手入れ方法
  • 枕カバーはこまめに取り替えて洗う(最低でも週に1回)
  • 陰干しして枕の水分を飛ばす
  • 髪の毛や埃などはころころローラーや布団クリーナーを使って取り除く

低反発枕を洗ってキレイにしたい場合は、低反発枕のタイプに合わせた適切な洗い方でキレイにしましょう。

・洗濯できない低反発枕は表面だけの部分洗い

・洗濯できる低反発枕は洗濯機で洗濯OK

・洗濯表示が洗濯OKの低反発枕は手洗い

あかね
あかね
手洗いする場合は、ウレタンの弱点、「水に弱い」「乾かない」「熱や紫外線に弱い」の3つを忘れずに細心の注意を払って優しく揉み洗いを!

どうしても手間をかけず布団と一緒に低反発枕もキレイにしたい方にはクリーニングのデアがおすすめです。

こんな方におすすめ
  • 低反発枕をクリーニングしたい方
  • 枕と布団をまとめてキレイにしたい方
  • 他のクリーニング店では断られてしまったキレイにしたい寝具類がある方
  • リーズナブルな料金でキレイにして欲しい方
  • アレルギーやアトピー、肌荒れでお悩みの方
  • 寝具類の持ち運びが面倒な方
  • クリーニングを自宅完結したい方
あかね
あかね
一般のクリーニング店では断られてしまうデリケートな低反発枕もリーズナブルな価格でクリーニングを自宅完結できるのでとても便利です♪

寝具類を清潔にして、アレルギーやアトピー、肌荒れに悩むことなく快適な睡眠を取りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。