来客用布団は収納の無駄遣い?便利な布団レンタルと保管サービスとは

こんにちは、あかねです。

実家の家族や親族、友人が家に泊まりに来たとき、
来客用の布団はどうしていますか。

頻繁に誰かが泊まりに来る場合は、
来客用の布団を購入して自宅で保管した方がいいと思いますが、
年に数回しか泊まりに来ない場合、布団を購入するべきか悩んでしまいますよね。

また来客用の布団を常に押入れに入れているけれど、全然使わないから捨てようかと
悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

頻繁に使わない布団を自宅で保管すると、収納スペースの無駄遣いになります。
それだけでなく長期間押入れに仕舞いっぱなしにすると、
ダニやカビが発生するおそれがあります。
せっかく購入した布団が、数回しか使わないうちに傷んでしまったらショックで眠れませんね。

年に数回しか使用しない来客用布団は、
レンタルするか、保管サービスに預けてしまいましょう。

来客用の布団をまだ購入していない、
または家にある布団が古くなっている方は布団レンタル
自宅にまだまだ使える来客用布団がある方や、

他人が使った布団をレンタルするのに抵抗がある方は布団の保管サービスがおすすめですよ。

布団をレンタルしたり、布団の保管サービスを利用したりすることで、
収納スペースにかなり余裕ができますし、
来客が来る前後の面倒な布団のお手入れからも解放されますよ。

今回は布団のレンタルサービス、保管サービスについて詳しく解説しますので、
来客用布団をどうしようか悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。




来客用の布団は収納スペースの無駄遣い?

置いておけば来客時に便利だろうと購入した来客用の布団。
購入したものの、なかなか出番が来ない。
そんな使用頻度の低い来客用の布団は、自宅で保管しなければならない物なのでしょうか。

普段使っている家族分の布団に加えて、来客用の布団を自宅で保管すると、
当然ながら収納スペースを圧迫します。使わない期間は正直言って邪魔ですよね。

来客用の布団を無くしてしまえば、他の衣類や物がかなり収納できるので、
来客用の布団を自宅で保管するのは収納スペースの無駄遣いといえます。

また布団圧縮袋で布団を保管されている方も多いと思いますが、
綿布団など布団の素材によっては変形したり、生地を傷めるリスクがあります。

長期間の布団の保管はダニやカビが発生する原因に

人は寝ている間に200~600mlもの汗をかきます。
ダニやカビは高湿で栄養がある場所を好むので、水分を含んだ布団が大好きです。

来客用の布団を使用後に、天日干しなどをせずに押入れに収納し、
長期間にわたり閉め切ってしまうと、ダニやカビの温床になることも。
ダニやカビが大量に発生すると、布団の生地を傷めて修復が不可能になり、
最悪の場合処分しなければなりません。

ダニやカビの発生を抑えるには、定期的に天日干しや布団乾燥機で布団を乾燥させる必要があり、
お手入れにも手間がかかります。

あかね
あかね
めったに使わない来客用の布団に、収納スペースとお手入れの時間を使うのはもったいないですね。

 

布団のレンタルサービスとは

来客用の布団は購入するよりレンタルした方がいいのかな。
布団が古くなってきたから次は買い替えずにレンタルにしようかな。
と布団を買うかレンタルするか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。


布団レンタルサービスとは、その名のとおり布団がレンタルできるサービスです。
布団は貸布団屋もしくは家具家電レンタルサービスでレンタルすることができます。

貸布団屋は、布団を専門に扱っているので、
リーズナブルな布団から高級布団まで布団のランクを選べます。
また、1泊2日~など短期間のレンタルができることも特徴です。

家具家電レンタルサービスは、布団だけでなく家具家電全般を扱っているので、
布団の種類は豊富ではありませんが、布団と一緒に他の家具や家電もレンタルができます。
期間は1ヶ月~という長期間で設定されているところがほとんどです。

会社によって多少の差はありますが、
掛け布団・敷き布団・毛布・枕・枕カバー・シーツの一式がセットになって届きます。
セット内容は夏用、冬用によっても変わります。

布団レンタル利用の流れ

  1. ネット注文
    (届けてほしい日程を指定。長期休暇シーズンは予約が埋まりやすいので早めに予約する。)
  2. 指定日合わせてに布団が発送される
  3. 自宅で受け取り
  4. 返却指定日以内に布団を返却する
    (返却後の布団はその後キレイにメンテナンスされます)
あかね
あかね
私の友人もレンタルサービスをたまに利用するらしく、旅館のような高級布団が届いてお客さんに喜んでもらえるそうですよ♪

 

布団レンタルの料金相場

布団レンタルはいくらで利用できるのでしょうか。
料金相場を調べてみました。

短期レンタル(貸布団屋のみ)

会社名 期間 布団1組 布団2組 送料
(東京の場合)
ハッチ 1~5泊まで
同料金
6,490円~ 12,980円~ 1組
2,241円
布団レンタル専門店 1~3泊まで
同料金
4,180円~ 8,360円~ 1組
3,300円
ダーリング 1泊 6,400円~ 12,800円~ 2組まで
2,550円
山下寝具 1泊 6,050円~
(送料込み)
12,100円~
(送料込み)
白光 1泊 3,300円~ 6,600円~ 1組
2,200円
フジヤT&Tサービス 1~7泊まで
同料金
5,300円~ 7,900円~ 無料
(東京・神奈川
一部地域のみ)

※全て税込み価格です。

短期レンタルの料金相場は以下のとおりです。

  • 布団1組が3,000~6,500円
  • 布団2組なら6,500~13,000円
  • 送料は0円~3,000円
あかね
あかね
短期レンタルの最安値は、東京の場合は送料無料のフジヤT&Tサービスでした。

長期レンタル

貸布団屋
会社名 期間 布団1組 布団2組 送料
(東京の場合)
ハッチ 3ヶ月 24,445円~
(1月あたり)
8,149円
48,890円~
(1月あたり)
16,298円
無料
布団レンタル専門店 1ヶ月 13,200円~ 26,400円~ 1組
3,300円
家具家電レンタル
クロネコおまかせレンタル 1ヶ月 8,030円~ 16,060円~ 無料
かして!どっとこむ 1ヶ月 16,300円~ 32,600円~ 無料

※全て税込み価格です。

長期レンタルの料金相場は以下のとおりです。

  • 布団1組なら1月あたり、8,000円~16,500円
  • 2組なら1月あたり、16,000円~33,000円
  • 送料は0~3,300円、長期だと無料のところが多い。
あかね
あかね
長期レンタルの最安値はクロネコおまかせレンタルでした。
来客の宿泊日数が予約時に分からないときは、長期レンタルという手もありますね。

 

布団レンタルのメリットとは

布団一式をレンタルできる便利な布団レンタルサービスですが、
布団レンタルを利用すると、どんなメリットがあるのでしょうか。
詳しくみていきましょう。

布団レンタルのメリットは、以下のものが挙げられます。

布団レンタルのメリット
  • 保管場所がいらない
  • 自宅にいながら受取、返却ができる
  • 来客前に干したりシーツを洗う手間が無い
  • 旅館やホテルなどで使われているような高級布団をリーズナブルに利用できる
  • 布団の購入・処分の費用や手間がかからない

 

保管場所がいらない

布団を購入すると、布団の保管場所を確保しなければなりません。
しかしレンタルなら使用後に返却するので、保管場所に悩まずに済みます。

自宅にいながら受取・返却ができる

布団レンタルは、スマホやインターネットで注文すると、
指定日に自宅まで届けてくれます。
使用後は集荷依頼をすると、配達業者が取りに来てくれます。
自宅に居ながら受取から返却まで済ませられるのはありがたいですね。

来客前に干したりシーツを洗う手間が無い

布団レンタルを注文すると、きちんとメンテナンスされた布団が届くので、
来客前に干す必要がありません。
またシーツも一緒にセットになっているので、シーツを洗う手間も省けます。

あかね
あかね
会社によっては、新品のシーツを送ってくれるところもありますよ。

旅館やホテルで使われている高級布団をリーズナブルな価格で利用できる

せっかく泊まりにきてくれたお客様には、一晩居心地よく過ごしてほしいものですよね。
布団レンタルなら、購入するとかなりお高い高級布団を
リーズナブルな価格でレンタルすることができますよ。

あかね
あかね
泊まりに行った先で高級布団が出てきたら、
私ならかなりテンションが上がります!

布団の購入・処分の手間や費用がかからない

布団を購入すると、購入時の費用や持ち帰りの手間がかかります。
またゴミとして捨てる際には「粗大ゴミ」の扱いになるので、
処分の費用やゴミに出す手間がかかることになります。

布団レンタルなら、必要なときに借りて使用後は返却すればいいだけなので、
購入時と処分時の費用と手間を気にする必要がありません。

あかね
あかね
布団は決して安い買い物ではありませんし、処分も面倒なので、まだ来客用布団を購入していない場合はよく検討してくださいね。

布団レンタルのデメリットとは

布団レンタルを利用するにあたってデメリットはあるのでしょうか。
布団レンタルのデメリットについてもみてみましょう。

布団レンタルのデメリット
  • 1泊だけのレンタルなら、ホテルに宿泊するのと費用が変わらない
  • 返却期限を気にしなければならない
  • 布団の形やシーツの柄を選べない
  • 誰が使用したのかわからない

 

1泊だけのレンタルならホテルに宿泊するのと費用が変わらない

布団のレンタル費用は1泊2日で2組1万円前後+送料なので、
1泊だけならホテルに宿泊するのと費用が変わりません。

ホテルならレンタル布団を手配する手間が省けるので、
準備する側としては1泊だけなら近所のホテルに宿泊してもらった方が、
正直ありがたいですよね。

返却期限を気にしなければならない

布団をレンタルすると、返却期限内に返却しなければなりません。
来客の急な予定変更で泊まる日数が伸びる可能性はあると思いますので、
その場合は追加料金がかかります。また繁忙期であれば期間の延長ができないおそれがあります。

枕の形、布団カバーやシーツの色柄を選べない

布団レンタルは布団のランクを選べるものの、
家族や友人の好みの枕の形を依頼することはできません。

また自宅のインテリアと、布団カバーやシーツ色・柄を合わせて
お部屋の見栄えをよくしたい方もいると思います。
レンタル布団はあらかじめ色柄が決まっているので、カバー・シーツの色柄は選べません。

あかね
あかね
布団のサイズは注文時に分かるので、カバーやシーツは好みのものを買っておいてもいいかもしれませんね。

誰が使用したのかわからない

レンタル布団は、使用後にきちんとメンテナンスされ衛生面では問題ないとはいえ、
やはり誰が使用したのかわからない布団を家に置いておくのに
抵抗がある方もいるのではないでしょうか。

その場合には布団を購入して、保管サービスを利用するのがおすすめですよ。
レンタル布団のような感覚で、必要なときだけ布団を受け取れますし、
当然ながら自分の知っている人しか使うことができないので、安心感があります。

あかね
あかね
旅館やホテルなら誰が使おうと気にならないのに、自宅で借りるとなると途端に誰が使ったのか気になるのは私だけでしょうか?

 

布団の保管サービスとは

来客用布団を買ったけど年に数回しか使わない。
まだまだ使えるけど、収納の邪魔だから捨てようかな。など、
購入した来客用布団の収納について悩んではいませんか。

まだまだ使える来客用布団を捨てるのは、もったいないですよね。
そんな時には、便利な布団の保管サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

布団の保管サービスとは、半年~1年程度布団を保管してくれるサービスです。
ほとんどの場合、布団のクリーニングを依頼した場合のオプションとして追加する形になります。
なかには、クリーニング無しで保管のみを行ってくれる会社もあります。

来客時に使用した布団を、お手入れせずにそのままクリーニング店に預けてしまえば、
きれいにクリーニングをしてくれて、布団にとって最適な環境で保管してくれます。
布団が必要になった時は、日時を設定して必要な時に受け取ることができます。

保管サービスは、店舗型クリーニングや宅配クリーニングどちらでも利用することができますが、
宅配クリーニングなら自宅で発送や受取ができるので、
布団の持ち運びの手間がなく、お手軽に利用できますよ。

宅配クリーニングを利用した場合の保管サービスの流れ

  1. ネット申込
  2. 布団の配送キットが届く
  3. 自宅から発送
  4. 布団のクリーニング後、保管
  5. 必要な時に日付を指定して受取
あかね
あかね
捨てるにはもったいない!という来客用布団があれば、保管サービスに預けて収納スペースをスッキリさせましょう。

布団の保管サービスの料金相場

布団の保管サービスはいくらで利用できるのでしょうか。
以下の表にまとめました。
保管サービスは基本的に布団クリーニングのオプションとしての扱いになるので、
宅配クリーニングの料金と保管料を記載しています。

※布団1組は掛け布団+敷き布団の料金です。
※全て税込み価格です。※きららウォッシュ、カジタクは保管のみの利用は不可。

保管サービスの料金相場は以下のとおりでした。

  • 布団1組の料金相場は8,800円~21,780円
  • 2組なら17,300円~32,500円
  • 送料は無料のところが多い
  • 保管のみなら1組1,210円~預けられるところもある
  • 長期レンタルと同じくらいの料金で利用できる
あかね
あかね
今回調べた中では、リナビスが12ヶ月保管、保管料と送料無料でコスパがいいのかなと思いました♪

 

布団の保管サービスのメリットとは

家の収納スペースを圧迫している来客用の布団を、
クリーニングして預かってくれる保管サービスは便利ですよね。
そんな保管サービスのメリットをみてみましょう。

保管サービスのメリット
  • 布団を最適な環境で保管してくれる
  • 自宅にいながら発送・受取ができる
  • 返却期限を気にしなくてよい
  • 使用者がわかって安心できる

 

布団を最適な環境で保管してくれる

自宅で布団を保管すると、ダニやカビの心配をしなければなりませんが、
保管サービスなら24時間、温度・湿度・遮光管理を徹底した布団専用の保管庫で保管してくれます。
布団にとって最適な環境で保管してくれるので、ダニやカビの心配がありません。

自宅にいながら発送・受取ができる

宅配クリーニングの保管サービスなら、
布団レンタル同様に自宅にいながら発送・受取ができます。
布団をクリーニング店に持ち込むのは車がないと大変ですので、
自宅で完結するサービスはありがたいですね。

あかね
あかね
来客前に布団を取りに行く時間がない!という忙しい方にも宅配クリーニングの保管サービスはおすすめですよ。

返却期限を気にしなくてよい

保管サービスは自分が預けた布団が戻ってくるという形なので、返却をする必要がありません。
来客の使用後に不要になればまた好きな時に保管サービスを利用すればいいのです。

来客の宿泊日数が伸びてもすぐ対応できますし、
普段使っている布団が古くなってきたら、
来客用布団を普段使い用として手元に残しておくこともできます。

あかね
あかね
数年後に手元に残すことを想定して、来客用布団を購入するのもいいかもしれませんね。

使用者がわかって安心できる

保管サービスはレンタルサービスとは違い、自分で購入した布団を預けるので、
当然ながら自分の知っている人しか使うことができません。
使用者がわかっていると安心できますね。

 

布団の保管サービスのデメリットとは?

布団の保管サービスのデメリットはどんなことが考えられるのでしょうか。
デメリットをみてみましょう。

保管サービスのデメリットとは
  • 布団の購入・処分の費用や手間がかかる
  • 保管期限がある

 

布団の購入・処分の費用や手間がかかる

保管サービス場合、自分で布団を購入して最終的には処分しなければならないので、
費用や手間がかかります。

布団レンタルのメリットとしてもご説明しましたが、
布団は「粗大ゴミ」扱いになるので、
処分するための費用や持ち運びやゴミ回収の手配などの手間がかかります。

保管期限がある

保管サービスには返却期限はありませんが、保管期限があります。
追加の保管料を支払えばいつまでも保管してくれる会社もありますが、
ほとんどの保管サービスでは6ヶ月~1年以内に受取をしなければなりません。

年に1回でも使う予定がない場合には、布団のレンタルサービスをおすすめします。

あかね
あかね
中にはいつまでも布団の引取をしない方もいるそうですが、ご迷惑になるので必ず保管期限内に引き取りましょう。

 

レンタルと保管サービスはどっちがおすすめ?

ここまで布団のレンタルと保管サービスについて解説しましたが、
いったいどちらを利用すればいいのでしょうか。

どちらもそれぞれメリット・デメリットがありますし、
来客用布団を持っているかいないかによっても判断は変わってきます。

布団レンタルはどんな方におすすめなのでしょうか。

こんな方には布団レンタルがおすすめ
  • 来客用布団をまだ購入していない
  • 来客用布団が古くなって買い替えるか悩んでいる
  • 毎年誰かが泊まりにくるわけではない
  • 布団カバーやシーツなど布団のお手入れは全くしたくない
あかね
あかね
使用頻度の低い来客用布団を購入することのデメリットを考えるとレンタルにした方が間違いなさそうですね。

続いて保管サービスはどんな方におすすめなのでしょうか。

こんな方には保管サービスがおすすめ
  • まだ使える来客用布団が家にある
  • 毎年決まった時期に泊まりにくる人がいる
  • 使用者がわからないレンタル布団を家に置くことに抵抗がある

 

あかね
あかね
私なら自分や家族がいつか使えそうな布団を来客用に購入して保管サービスに預けておきたいです。

布団レンタルなら「フジヤT&Tサービス」がおすすめ

引用元:フジヤT&Tサービス

布団レンタルならリーズナブルな価格で利用できるフジヤT&Tサービスがおすすめです。

1週間、布団1組のみのレンタルなら5,300円ですが、
2組の利用で1組3,950円で利用できます。
数百円の追加料金で羊毛から高級羽毛布団に変更ができ、
来客時に質の良い布団を提供することができますよ。

使用済みの布団は、指定工場でクリーニングをしており衛生面も安心です。
東京、神奈川の一部地域なら送料無料で利用できますよ。

布団の保管サービスなら「リナビス」がおすすめ

引用元:リナビス

布団の保管サービスなら12ヶ月無料で保管してくれるリナビスがおすすめです。

リナビスの布団クリーニングでは、布団を丸ごとすっきりと水洗いしてくれます。
布団のダニ・汚れ・ほこりを取り除き、ふわふわに仕上がりに。
クリーニング後は、徹底管理された専用の保管庫で大切に保管されます。

リナビスは布団のクリーニング枚数が増えるほどお得になります。
送料も無料なので、布団を2組以上クリーニングに出す場合には
ぜひリナビスを利用してみてくださいね。

 

空いた押入れ収納スペースの活用方法をご紹介

来客用布団をレンタルにしたり、保管サービスに預けると収納スペースに余裕ができますね。
そこで空いた収納スペースの活用方法をいくつかご紹介します。

押入れをクローゼットに

あかね
あかね
ここまで大きなスペースは空かないかもしれませんが、ラックを付けてクローゼット風にならできそうですね。

 おしゃれな作業スペースに

あかね
あかね
リメイクシートを変えれば子どもの勉強机も作れそうですね。

押入れがかわいい犬小屋に

あかね
あかね
この発想はなかったです!犬専用の隠れ家みたいでとても可愛いですね。

まとめ

今回は来客用布団の収納と布団のレンタル・保管サービスについて解説しましたが、
いかがでしたか。

来客用の布団は頻繁に使用しない場合は、収納スペースの無駄遣いになってしまいます。
それだけでなく長期間押入れに保管することで、ダニやカビなどが発生するおそれもあります。

今回解説した布団レンタルと保管サービスをぜひ活用して、
収納スペースを有効に活用しましょう。

来客用の布団まだ購入していない、来客用布団が古くなり買い替えを検討している方は、
布団レンタルがおすすめです。
まだ使える来客用の布団が家にある方やレンタル布団を借りることに抵抗がある方は、
宅配クリーニングの保管サービがおすすめです。

それぞれの費用やメリット・デメリットをよく考慮して、
自分の家の収納状況に合った方法で収納スペースをすっきりさせましょう。

布団レンタルや保管サービスを利用することで、
収納スペースが片付くだけでなく、面倒な布団お手入れからも解放され、
ふかふかの布団で来客にも喜んでもらえて、いいことづくしですね。

すっきり片付いた収納スペースは、
あなたのアイデア次第で素敵に生まれ変わりますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です