ウェットクリーニングとは?どんな時に行えばいいの?徹底解説!

 

こんにちは、あかねです。

みなさん、クリーニング店で「汗抜き加工」「ウェット加工」「ウォッシュ加工」というメニューを見かけたり、お店の方におすすめされたことはありますか。またどういったものが分からなかったり、自分が出す衣類に必要なものなのかが分からなかったり、料金が高くなるのでやめたりといった経験もありますか。

実は先ほどのメニューは全て、ウェットクリーニングというものです。
でもどんなメリットがあるのか、本当に必要なのか、料金はどれくらいになるのか、よく分からないですよね。

しかし衣類によってはウェットクリーニングでないと、

  • 衣類が縮んでしまったり
  • ごわごわになってしまったり
  • 色が落ちてしまったり
  • ビーズやプリントなどの装飾が取れてしまったり

と、大切な衣類を台無しにしてしまうことになります。

ぜひウェットクリーニングについての知識を深めて衣類の正しいお手入れ方法を知り、大切な衣類を買ったときのような良い状態で長持ちさせましょう。

良い状態の衣類を着続けられるのは、経済的にも良いですし、前向きな気持ちで毎日を過ごすことができますよ。

 




クリーニング店では3種類の洗い方がある

クリーニング店で行われる洗い方は大きく3つに分かれています。

ランドリー

ランドリー洗いとは、水洗いができる衣類を、クリーニング店で使用する業務用の大型ドラム洗濯などを使って丸洗いをすることです。

それだと家庭で洗濯するのと変わらない?と疑問に思うかもしれませんが、実際は違うんです。クリーニング店で行う丸洗いは、水ではなく温水を使うのが特徴です。温水は特に衣類の繊維についている汗などのタンパク質の汚れを溶かす効果があるんです。

またクリーニング店専用の石鹸や洗剤を使うため、汚れが格段に落ちやすくなり、業務用のアイロンやプレス機を使うので、家庭での水洗いよりも仕上がりがきれいになります

ドライクリーニング

ドライクリーニングとは、水洗いができない衣類水洗いによるダメージが気になる衣類に対して、水を使わずに有機溶剤という石油系の液を使って行うクリーニングです。

例えば水洗いしたらセーターが縮んでしまったり、色が滲んでしまったり…という経験はありませんか?そのような水洗いによるダメージがあるセーターやコート、スーツなどを水を使わずに行うクリーニングが、ドライクリーニングなのです。

ウェットクリーニング

ウェットクリーニングとは、ドライクリーニングと同じく水によるダメージを防ぎたい衣類に対して行うものです。その名の通り水を使ったクリーニング方法になります。

水は使ったらだめなんじゃないの?と思いますよね。詳しくみていきましょう。

 

ウェットクリーニングとは?

 

ウェットクリーニングとは、ドライクリーニングと同じく、水洗いをすると縮んだり色が落ちてしまったりしやすい衣類が対象になります。

では、ドライクリーニングと何が違うのでしょうか。
それは、落としやすい汚れの種類が異なります。主に、ドライクリーニングは油溶性汚れ、ウェットクリーニングは水溶性汚れを落としやすいという特徴があります。

 

油溶性汚れと水溶性汚れとは?

油溶性汚れ 水溶性汚れ
  • ファンデーション、口紅、皮脂汚れ
  • チョコレート、バターなどの油分を含んだ食品
  • 油性ペン、油性マジック
  • 汗や血液
  • コーヒー、ワイン、ジュースなどの飲料
  • しょうゆ、ソース、ケチャップなどの調味料
  • 食べかす

油と水ははじいてしまいますよね。なので油溶性汚れに対してウェットクリーニングの水洗いをしたり、水溶性汚れに対してドライクリーニングの有機溶剤(石油系の液)を使ったりしても、あまり効果は見られないんです。

なので、コートにコーヒーをこぼしてしまった、セーターにケチャップがついてしまった、スーツの汗が気になる、という方におすすめなのがウェットクリーニングになります。

あかね
あかね
クリーニング店では汚れにあった洗い方をしているんですね。

なぜ家庭では難しいのか

ドライクリーニングの有機溶剤と違って、ウェットクリーニングなら水を使った洗い方だから家でもできるんじゃないかって思いませんか。しかしクリーニング店での仕上がりと同じようにすることは、実際は難しいんです。

なぜならウェットクリーニングで扱う衣類は、本来水洗いができない又は向いていない衣類のため、汚れの種類に合った水の温度や水につけておく時間の判断をするためのするために繊維や汚れの豊富な知識が必要となります。

それから洗った後のダメージを負った衣類を元に戻すための業務用のアイロンやプレス機、技術が必要になるので、やはり家庭では難しいといえます。

ウェットクリーニングの定義

工業製品の規格を定めたJIS(ジス)では、
ウェットクリーニングを「特殊な技術を用いた業者による繊維製品の水洗い処理」と定義しています。

 

ウェットクリーニングのメリットとデメリット

メリット

ウェットクリーニングのメリット
  • 水洗いが向いていない衣類に対応できる
  • ジュース、ソースなどの水溶性汚れを落とすことができる
  • 汗染みや黄ばみを防ぐことができる
  • 肌ざわりを柔らかくすることができる
  • 仕上がりがすっきり軽くなる

 

ウェットクリーニング最大のメリットは、水洗いのできない衣類についた汗やジュース、ソースなどの水溶性汚れを落とすことができることです。

また通常はドライクリーニングとセットで行われることが多いので、油溶性汚れと水溶性汚れの両方を落とすことができます。さらに専用のアイロンやプレス機で仕上げてもらえるため、見えない繊維から見た目までリセットされたようなきれいな衣類に仕上げることができます。

他にも、夏場の時期は汗が多かったり、冬場でもコートの中は汗をかいたり蒸したりと、実は見えない汗のダメージはとても大きいんです。汗は黄ばみや汗染みをつくったり、ごわごわした肌ざわりに変えたり、白っぽいカビが生えたり、虫食いの原因になったりします。そういったことを防ぎ、衣類を長持ちさせることも大きなメリットの1つです。

 

あかね
あかね
衣類がきれいになることで、こんなにも気持ちが晴れやかになるなんて素敵ですね。

デメリット

ウェットクリーニングのデメリット
  • オプションをつけることになるので別途料金がかかる
  • 通常よりクリーニング日数がかかる
  • 少なからず衣類へのダメージがある

 

ほとんど手洗いで行われるため、手間がかかる分ドライクリーニングより料金が高くなったり、日数がかかったりします。

またウェットクリーニングであっても、水を使っているので何回も行うと少なからず衣類にダメージを与えてしまうのもデメリットになります。

あかね
あかね
着心地はよくなる半面、生地へのダメージも感じてしまうようですね。

ウェットクリーニングをするべき衣類とは?

クリーニングに出すとき、ウェットクリーニングをおすすめされたけど必要なのか分からなくて頼まなかった…。そんな経験はありますか?

ウェットクリーニングはオプションメニューとなり、別途料金がかかるので慎重になりますよね。しかし衣類によっては意外なメリットもあるので、ぜひ参考にしてみてください。

衣類 ウェットクリーニングをするメリット
セーター 冬は厚着になるため、湿気がこもりやすく、知らない間に汗をかきやすい。水洗いは縮みの原因となる。汗や水溶性汚れを落とすことで、ごわごわ感を解消することができる。
ダウンジャケット 着ていくうちにダウンの繊維が汗や湿気を吸ってしまい、保温性が失われる。ウェットクリーニングにより、ダウンの保温性を持続させることができる。
コート 冬場でも汗のかきやすい襟元の汗汚れを落として黄ばみを防ぐことができる。肌ざわりをよくすることができる。
スーツ 汗染みや黄ばみを防ぐことができ、染み込んだ汗のニオイを取ることができる。衣替時期、クローゼットへしまう前には必ずおすすめ。
スポーツウェア 繊維まで染み込んだ汗のニオイを取ることができ、肌ざわりをよくすることができる。
プリントや装飾があるもの ドライクリーニングでは対応できないので、ウェットクリーニングがおすすめ。
あかね
あかね
ダウンジャケットの保温性が復活するなんてすごい。

 

ウェットクリーニングにかかる料金と日数の相場は?

気になるのがウェットクリーニングにかかる料金と日数ですよね。

料金の相場

ウェットクリーニングは、通常のクリーニング代にオプションとして追加するかたちがほとんどです。店舗や衣類にもよりますが、\1,000前後が料金相場となるようです。

ウェットクリーニングは、「汗抜き加工」「ウェット加工」「Wウォッシュ加工」など、店舗によって表記が様々あるので、メニューを確認してみてください。

あかね
あかね
知らないうちに「汗抜き加工」が追加されていたようです。

日数の相場

ウェットクリーニングを追加した場合、1週間前後が目安になります。
通常、ドライクリーニングのみの場合は大手チェーンで最短即日、宅配クリーニングでは最短2日ほどとなっています。

やはりドライクリーニングと同時に行ったり、手洗いをしたりというところで通常より時間がかかってしまうようですね。

あかね
あかね
ウェットクリーニングをするときは、”日数に余裕をもつこと”が大切ですね。

ウェットクリーニングの注意点2つ

店舗によって技術の差が大きいこと

それぞれの衣類の状態を見たあと、汚れの種類を見極めて洗浄方法を決めるため、豊富な知識と確かな技術が必要になります。
人によって見方が変わる為、技術のバラつきが起こりやすくなるのです。

宅配クリーニングでしたら、大手チェーンのような各店舗ではなく、一括同じ場所、同じ職人さんたちがまとめて作業をしているお店もあるので、各店舗ごとの技術の差を感じる…ということは少ないかと思います。

お店ごとの特徴をまとめたおすすめ宅配クリーニング店はこちらの記事でまとめていますので、参考にしてみてください。HPでそれぞれのお店の取り組みや作業内容などを見ることができますよ。

ウェットクリーニング禁止の衣類がある

ウエットクリーニングはできません。

衣類の洗濯表示タグにこのマークがある場合は、ウェットクリーニングができません。シルク混やレーヨン混などの素材についていることが多いです。

あかね
あかね
洗濯マークを確認してみてください。

まとめ

通常見落としてしまいがちなオプションメニューですが、実はこんなにもメリットがたくさん詰まっているんです。
特に衣替えの時期、シーズンオフの衣類をしまう前には一度行うことがおすすめです。

ウェットクリーニングがおすすめな理由
  • 本来水洗いに向いていない衣類でも、最大限ダメージを減らして汚れを取ることができる
  • 水溶性汚れを落とすことに向いているため、汗やジュース汚れ、食べこぼし汚れに強い
  • 肌触りをやわらかくし、軽くすっきりとした仕上がりにできる
  • 衣替え後クローゼットにしまう前に行うことで、汗汚れを完全に落としきることができて黄ばみやニオイを防げる
  • ダウンの保温性を持続させることができる

 

定期的にこういったオプションメニューを組み合わせることで、ただクリーニングに出すより何倍も衣類をきれいに長持ちさせることができて、クリーニング効果は何倍にもなります
自宅で申し込めて自宅で受け取れる、便利な宅配クリーニングなどを利用してぜひやってみてください。

きれいで清潔な衣類を着て、気持ちの良い毎日を送りましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です