ウェットクリーニングと自宅で行う手洗いとの違いをくわしく解説!

こんにちは、あかねです。

水で洗えない服についた汚れが水洗いでしか落ちないことがわかり困ってしまったという経験はありませんか。

また、洋服を購入した際に店員さんから「この服はお家で手洗いできますよ」と言われて、家で洗えるならと購入したものの、実際に手洗いをしてみると縮ませた、型崩れさせたという経験ありませんか。

自宅で行う手洗いですと、生地の繊維に合わせた洗い方ができないため、縮ませる、しわが伸びない、型崩れが起こるということになります。

水で洗えない素材の服でもウェットクリーニングならきれいに汚れを洗い落とすことができます。

プロの技術にかかれば縮みもなく型崩れもなくしわもなく、元通りのきれいな服によみがえります。

ウェットクリーニングを活用すれば、気に入った服を大切にしながら長く着続けられるようになれます。

この記事では、ウェットクリーニングと自宅で行う手洗いとの違いを解説します。

 




ウェットクリーニングと自宅で行う手洗いとの違い

ウェットクリーニングは、洗濯物を水で濡らし汚れを手洗いで落とす洗い方なので、自宅で行う水洗い(手洗い)の洗濯と同じように感じるかもしれません。

しかしウェットクリーニングは、ただの水洗いとは洗剤も洗浄液も洗い方も仕上げ方も違います。

あかね
あかね
似ているようで違うんですね

ウェットクリーニングの仕上がりは、自宅の水洗いよりも生地を傷めることがなく風合いを損なうことがありません。

仕上がりがきれいなので、さっぱりと気持ち良く服を着ることができます。

ウェットクリーニングと自宅の水洗いとはどう違うかについて解説します。

ウェットクリーニングとは

ウェットクリーニングは、水洗いできないと思われているものを水で洗うことができます。

水で洗ってはいけません、と表示されているものでも洗うことが可能となります。

水で洗えない服が汚れてしまったときにもう着れないと悲しくなることがなくなります。

ウェットクリーニングの効果
  • ドライクリーニングでは落ちない水溶性の汚れがきれいに落ちる。
  • ウェットクリーニングだと縮みや生地の風合いの変化を最小限に抑えられる。
  • プロ仕様のプレス機やアイロンで型崩れなく元通りの形に整えられる。
  • 黄ばみや悪臭を防ぐ

ウェットクリーニングの洗い方

ウェットクリーニングの洗い方の工程は、自宅の手洗いの工程とほとんど変わりません。

あかね
あかね
ただし似ているとはいえ、専用の洗剤、洗浄液、機械を使用して洗います。
ウェットクリーニングの工程
  1. 専用の洗剤を使用して水で丁寧に手洗い
  2. 生地が縮まないように、傷まないように乾燥
  3. 専用のプレス機とアイロンで型崩れしないようにしわを伸ばす

 

ウェットクリーニングの特徴

衣類の汚れは水溶性の汚れと油溶性の汚れの両方がついていることがあります。

あかね
あかね
汚れって複雑な場合の方が多いですよね

スーツだと汗と皮脂の両方がついていますから、両方の汚れをスッキリ落としてパリッとスーツを着たいですよね。

ドライクリーニングは油溶性の汚れ(皮脂、食用油、口紅、ファンデーション、ボールペン、マジック、ペンキなど)は落とせても水溶性の汚れは落とせません。

水洗いNGの衣類に水溶性(食べこぼし、汗、しょうゆ、コーヒー、お茶など)の汚れが付着したときに、ウェットクリーニングで汚れを落とせます。

ウェットクリーニングすれば、両方の汚れが落ちすっきりきれいになった服を着ることができるようになります。

ウェットクリーニングは、ドライクリーニングにはないサッパリ感のある仕上がりになりますから、スーツをウェットクリーニングすれば仕事へも気持ち良く着ていくことができます。

ウェットクリーニングを出す際の注意点

ウェットクリーニングは、水洗いのため仕上がりまでの日数がドライクリーニングよりかかります。

またウェットクリーニングはプロでも難易度の高い技術になりますから、クリーニング店によって技術に差がどうしてもでます。

ウェットクリーニングをお願いするのなら、技術力の高いクリーニング店を選ぶようにしましょう。

ウェットクリーニングを出す頻度

ウェットクリーニングを行う頻度の目安は、冬物だと「ワンシーズンに1回」になります。

ちょっと頻度が少ないように感じるかもしれませんが、ウェットクリーニングをする頻度が多すぎると、服の生地を縮める、色抜けの原因になります。

ただし夏物は汗をよくかきますから、「2週間に1回程度」でウェットクリーニングをしても問題ありません。

あかね
あかね
汚れの程度によってクリーニングするってことが大切ですね。

 

ウェットクリーニング(手洗い)を自宅で行わない方がいい理由

品質表示に水洗いができると書いてあるのをみて自宅で服を手洗いする人もいますが、自宅での手洗いはおすすめできません。

その理由は次のとおりです。

自宅で手洗いNGな理由
  • 汚れの種類に合った適切な洗剤選びが難しい。
  • 繊維の専門知識がないため衣類を縮ませてしまう。
  • アイロンがけが難しく型崩れやしわをつくってしまう。

 

自宅で手洗いをして縮ませたり型崩れをさせたら大切な服を傷つけることになります。

あかね
あかね
着ることだってできなくなります。

ウェットクリーニングへ出せば、大切な服を縮ませないので悲しい思いをすることもありません。

型崩れをすることもないですから、クリーニング後に着た際きれいなシルエットで着ることができます。

ウェットクリーニングの洗い方が、素人とプロとの違いで一番大きな差が生まれます。

ウェットクリーニングの料金は?

ウェットクリーニングは手間がかかるためドライクリーニングより料金は割高になります。

お店によっては、ウェットクリーニングではなく「汗ぬき加工」「汗取り加工」「汗すっきり加工」などとしてドライクリーニングの追加オプションとして提供しています。

店頭価格、宅配価格どちらも通常料金に追加料金として1着300円~2,200円くらいかかります。

ウェットクリーニングの場合は、ドライクリーニングの料金に+1000円ほどが目安となります。

今回は、スーツの場合を例にして、ウェットクリーニングもしくはオプションによる汗ぬき加工をやっている宅配クリーニングの料金を調べました。

リネット
クリーニング料金(税抜) スーツ上950円、スーツ下660円
送料 通常会員は10,000円以上無料、
プレミアム会員は3,000円以上無料
汗ぬき加工料金(税抜) ディープクレンジング仕上げ(ドライ+水洗い)+900円
仕上がりまでの日数 5日後~ (通常会員は7日後~)

 

リナビス

引用サイト:リナビス

キレイナ
クリーニング料金(税抜) スーツ上下6000円
送料 7,000円以上で片道送料無料
12,000円以上で往復送料無料
汗ぬき加工料金(税抜)
仕上がりまでの日数 納期目安:10日~

高級クリーニングのキレイナでは、高度な技術による上質な水洗いでどんな服でもクリーニングすることができます。

引用サイト:YouTube

大切な服を水洗い(ウェットクリーニング)できれいにして長持ちさせたいというときにおすすめです。

 

ウェットクリーニングの対象品

ウェットクリーニングは2016年から品質表示のマークができました。

マークの見方は次のとおりです。

ウェットクリーニングの品質表示マーク
ウェットクリーニングができる
弱い操作によるウェットクリーニングができる
非常に弱い操作によるウェットクリーニングができる
ウェットクリーニング禁止

ウェットクリーニングの対象のものは他にもあります。

ウェットクリーニング対象の品物
  • ドライクリーニングの対象ではあるが、水溶性の汚れを落とす必要があるもの
  • 水洗いが出来る製品ではあっても、洗濯機で洗えないもの。
  • 水洗いが不可のもの

 

水洗いが不可なものなら、ウェットクリーニングもダメになりそうなものですが、プロ専用の洗剤を使用し、衣類に合わせた洗い方をしますから洗えるものがあります。

あかね
あかね
意外とウェットクリーニングができます。

ウェットクリーニングができるのか、判断に迷ったときは、クリーニング店へ相談するとよいでしょう。

 

まとめ

今回はウェットクリーニングと自宅の手洗い(水洗い)との違いについて解説しました。

ウェットクリーニングは自宅で行う手洗いとは洗剤も洗浄液も洗い方も仕上げ方も違います。

ウェットクリーニングのメリット
  • ドライクリーニングでは落ちない水溶性の汚れがきれいに落ちる。
  • クリーニングだと縮みや生地の風合いの変化を最小限に抑えられる。
  • プロ仕様のプレス機やアイロンで型崩れなく元通りの形に整えられる。
  • 黄ばみや悪臭を防ぐ

 

自宅で手洗いをしていいのか悩んだときは、クリーニングへ出すことをおすすめします。

大切な服を傷めることなくすっきりきれいに洗いあげてくれるのがウェットクリーニングです。

ドライクリーニングとダブルで使えば、さらに服がパリッとさっぱりしますから、外出するときも気持ち良く服をきることができます。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です