洗濯表示を確認!ウェットクリーニングで洗濯できない服もスッキリ

こんにちは、あかねです。

皆さんスーツやドレスなど、少し高価な衣類を着た後にお手入れの方法に迷うことってありませんか。

冬場によく着るニットも洗濯機で洗濯できなくて悩んでしまったり…

ただいつも通りのクリーニングに出せばいいだけと思っていると、ニオイや汚れが落ち切らない可能性があります。

大丈夫だろう!と思って洗濯してしまって、生地を傷めてしまう可能性もあります。

洗濯表示を確認して、その衣類に適した方法でお手入れすればスッキリきれいな状態にできますよ。

気になる汚れを落としやすいクリーニング方法を紹介しますので、
大切なお洋服を傷つけずに快適に長く着続けられるよう参考にしてみてくださいね。

 




ウェットクリーニングとは?

クリーニングを出す時、特にオプションなどつけずに出すことが多いのではないでしょうか。
何も指定しない場合はドライクリーニングの方法が取られています。

実はクリーニング方法にも種類があり、汚れの種類によって落としやすい方法を選ぶことができるんです。

今回はドライクリーニングと併せて使うとより効果的なウェットクリーニングについてご紹介します。

ドライクリーニングとどう違う?

通常クリーニングに出す際には、「ドライクリーニング」という
水を使わず有機溶剤を用いて洗浄する方法を選択されることが多いです。

このドライクリーニングと異なり、水を使って洗浄する方法が「ウェットクリーニング」です。

ドライクリーニングとウェットクリーニングのどちらも落とすのが得意な汚れの特性があるんです。

ドライクリーニング向き ウェットクリーニング向き
【油溶性の汚れ】

  • 皮脂汚れ
  • ファンデーション、口紅などの化粧品
  • カレー、チョコレート等の油分の多い食品
【水溶性の汚れ】

  • や血液
  • コーヒー、お茶、ワイン等の飲料
  • しょうゆ、ソース等の調味料

シミになってしまうような汚れがついてしまった時は、「早く何とかしなきゃ」と対処することも多いですよね。

汗の汚れはわかりづらいので、ついつい見逃しがちです。

そんな汗などの水溶性の汚れもウェットクリーニングなら落とすことができます

ウェットクリーニングの洗濯表示って?

洗濯表示ってふとした時に「あれ?これ洗濯していいんだっけ?」と思って見ると、
その表示がどういう意味なのか忘れてしまっていることがありますよね。

実は2016年に洗濯表示が新しくなっているんです。
そこでウェットクリーニングの洗濯マークが新しく追加されたのはご存じですか?

ウェットクリーニングとしてこのようなマークが追加されました。

洗濯表示 意味


ウェットクリーニングができる
(下線の多いほど弱い処理での操作が必要)
ウェットクリーニングができない

この洗濯表示があればウェットクリーニングをすることが可能です。

こちらはドライクリーニングに対応しているマークになります。

PとFの違いはクリーニングで使うことのできる溶剤の違いになりますので、
通常のドライクリーニングに出していただければ問題ありません

あかね
あかね
ウェットクリーニングのマークがあるなら、
水を使って洗えるから家の洗濯機でも洗える?

自宅で洗える?

水を使って洗うことができるなら、自宅でも洗濯できるように思いますよね。

家庭での洗濯についてはこのような表示がクリーニングの表記と併せて記載されていますので、
確認してみてください。

洗濯表示 意味


洗濯機で洗濯ができる

(内部の数字が洗濯液の上限温度、
下線の多いほど弱い処理での操作が必要)

40℃を限度として手洗いができる
家庭での洗濯禁止

このように洗濯機で洗えるもの、手洗いができるものは自宅で洗濯することができます

また洗濯機で洗えるものも下線の表記があるものは、弱い水流で洗えるコースを選択しましょう。

洗濯機に「ドライコース」「おしゃれ着コース」「手洗いコース」等があれば、水流の弱い設定で洗うことができますよ。

型崩れが気になるものやデリケートな衣類、厚手のものなどは、
自宅の洗濯で型崩れや痛みが発生する可能性がありますのでクリーニングへ出すことをおすすめします。

 

ウェットクリーニングのメリット

通常クリーニングというとドライクリーニングが定番で、
わざわざウェットクリーニングにする必要があるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

クリーニングに出しているのに、いつの間にか、ごわごわした着心地が気になったり
汗の汚れや臭いが気になったりした経験はありませんか。

いつものドライクリーニングに加えて、ウェットクリーニングに出してみると
今までクリーニングに出しても落ちなかったと諦めていた汚れやニオイを落とすことができるかもしれませんよ。

着心地悪い!ごわごわを解消!

スーツやセーターなどが着ているうちにごわごわしてくるということってありますよね。

このごわごわの原因は汗の汚れが落ち切っていないことによるものなんです。

あかね
あかね
クリーニングに出しても取れないと諦めてしまいますよね。

汗がしみついてしまった衣類は、ドライクリーニングだけではごわごわを取ることができませんが、
ウェットクリーニングならそんな汗の汚れを落とすことができるんです

ウェットクリーニングを行うことで、ごわごわが取れてスッキリとした着心地になりますよ

汗などの水溶性汚れにはウェットクリーニングが最適!

ニットやジャケットなどの厚手の衣類を着ていて、秋口や春先、暖かい店内などで汗をかいてしまう場面ってありますよね。

かといって洗濯できないと臭いや汚れが気になったりしませんか。

あかね
あかね
厚手の服ってしみついたニオイも落ちにくいんですよね…

ニットのような衣類もウェットクリーニングが可能な場合が多くあります。

ウェットクリーニングであれば、ドライクリーニングでは落としづらい
汗のような水溶性の汚れをすっきり落とすことができます

皮脂や化粧品などの油溶性の汚れに適したドライクリーニングとうまく使い分けたいですね。

「クリーニングのにおい」も軽減

厚手の衣類をクリーニングに出したときに、石油のような「クリーニングのにおい」が強く気になることってありますよね。

このニオイもドライクリーニングの有機溶剤によるもので、厚手の乾きにくい素材には残りやすいんです。

ウェットクリーニングならこのニオイも気になりません

デメリットはある?

こんなにいいことが多いなら、「全部ウェットクリーニングで!」と言いたいところです。

ですが、毎回すべてをウェットクリーニングに出すにはデメリットと感じる部分もあるんです。

ウェットクリーニングのデメリット
  • 油溶性の汚れは不得意
  • オプションになるので追加料金がかかる
  • 時間がかかる場合がある(1週間程度)

 

最初にも記載した通り、ウェットクリーニングは水溶性の汚れを落とすのが得意です。
油溶性の汚れが気になる場合は、ドライクリーニングの方が適しているでしょう。

一番デメリットに感じるのは料金時間ではないでしょうか。
ウェットクリーニングは高度な技術が必要で手間がかかってしまんです。

プロの技術者が業務用の機械と洗剤を使い、プレス機で丁寧に仕上げを行なうかどうかが家庭での洗濯との違いです。
本来水では洗わない洋服を水で洗ってしまうと、生地を傷め、洋服の形を崩してしまいます。
洋服の生地や素材を理解したクリーニング師が、最適な方法で洗濯を行います。

(中略)

ウェットクリーニングの洗濯方法は、洋服に負荷があまりかからないように、特別なプログラムで洗います。
また仕上げを行なう際も、水の影響で変形してしまった洋服をアイロンやプレス機で復元しますので、とっても手間と時間がかかってしまいます。
ですから料金は少し高めの、400円~700円プラスとなります。

引用サイト:名鉄クリーニング

あかね
あかね
そんなに手間がかかることをやってもらえるなら、
追加料金でもやってもらいたいですね!

普段はドライクリーニング、汗やニオイやごわつきが気になる時はウェットクリーニングなど
併せて使うことでよりきれいな状態を保つことができますよ。

宅配クリーニングなら安心!楽ちん!

冬場はニットなどの厚手の服を着る機会も多く、そんな時期に手洗いはツライし億劫ですよね。
また乾きづらいことも多く、時間がかかります

自宅で洗濯できない衣類はもちろん、手洗いできるものでもクリーニングに出してしまえば
楽で時短ですし、生地を傷める心配もなく安心です。

宅配クリーニングなら自宅で引き取り、受け取りができるので便利ですよ。

また宅配クリーニングなら保管サービスがついていることも多いんです。

あかね
あかね
かさばる服を次のシーズンまで保管できるのは助かりますよね。

どこのクリーニングを選んだらよいか迷うこともあるかと思います。
こちらで価格や口コミを比較していますので、是非参考にしてみてくださいね。

まとめ

ウェットクリーニングについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

クリーニングに出してもダメだったと諦めていたものも、
ウェットクリーニングにするだけできれいさっぱりするかもしれませんよ。

ウェットクリーニングの効果
  • 汗などの水溶性の汚れを落とすことができる
  • ごわごわな着心地になった服もスッキリ解消することができる
  • 「クリーニングの臭い」が気にならない

 

普段あまりなじみがないかもしれませんがウェットクリーニングをすることによって
汗などの汚れが落ちさっぱりすることができますよ。

今回紹介している洗濯表示を参考に、是非ウェットクリーニングができるかチェックしてみてくださいね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です