コインランドリーでの盗難や忘れ物のときは?対処法や注意点を紹介!

こんにちは、あかねです。

コインランドリーを利用して盗難にあって困った経験ありませんか。

コインランドリーから帰ったら靴下が片方ないことに気づいて、コインランドリーに取りに戻ったら紛失していたという経験ありませんか。

コインランドリーで自分の衣類が盗難されたらショックですよね。

コインランドリーの洗濯機の中を物色されたと思うと気持ちが悪いです。

この記事では、コインランドリーで盗難にあったときや忘れ物をしたときにどうすればいいのか対処法とコインランドリー利用時の注意点を紹介します。

コインランドリーのことを知って、安全にコインランドリーを利用して洗濯できれば安心ですね。

 




コインランドリーで盗難にあったときは?

コインランドリーで洗濯していた衣類が盗難にあったときは、警察に届けましょう。

コインランドリーでは、「当店で発生した盗難・紛失等に関しましては、当店は一切の責任をおいません。」とお店に書いています。

コインランドリーでなにかあってもコインランドリー側は何もしてくれないと思った方がいいです。


衣類がなくなった、盗難にあった場合は、犯罪なので警察に任せるようにしましょう。

コインランドリーの盗難は、置き引きとよばれる犯罪になります。

盗難にあわないようにするには、コインランドリーから離れないことです。

離れない方がいいとわかっていても、洗濯にかかる時間っていったいどのくらいなんだろうと思いませんか。

洗濯にかかる時間はおおよそ30分です。

乾燥は普通の衣類で30分程度、分厚い衣類で40~50分程度、お布団の乾燥だと60分前後になります。

洗濯から乾燥までの目安時間は、60分~90分くらいということになります。

あかね
あかね
コインランドリーってけっこう時間かかるんですね。

この洗濯時間に買い物や用事を済ませておきたいと思い、コインランドリーを離れる人がいます。

あかね
あかね
まるっと無くなってたらビビりますよね。

コインランドリーの洗濯機はいつでも開けられます。

コインランドリーのシステムでは、洗濯が終わっているのに洗濯機に衣類が入ったままのときは、次に使う人は中の衣類を取り出して洗濯機を使用するようになっています。

取り出した洗濯物は洗濯カゴにいれましょう。

コインランドリーは、勝手に洗濯機の扉を開けていいシステムなのです。

ですからコインランドリーを利用する際は、洗濯が終わるまで待っていた方がいいでしょう。

 

コインランドリーの防犯対策

コインランドリーを安心して利用してもらうためにコインランドリー側も対策をいろいろとしています。

多くのコインランドリーは、防犯カメラを設置しています。

コインランドリーによっては警備会社と契約したり警察へ巡回をお願いしているところもあります。

洗濯や乾燥が終わったことを自動でスマホにお知らせしてくれるシステムを導入しているコインランドリーもあります。

あかね
あかね
終わったことを教えてくれるシステムは親切でいいですね。

またコインランドリー内にカフェを設置していたり、店内に店員を配置しているところもあります。

24時間営業にしていると犯罪率が高くなるので夕方で閉店するところも増えてきています。

 

コインランドリーで忘れ物をしたときは?

コインランドリーで多い忘れ物が靴下です。靴下の片方だけ忘れるパターンが多いです。

コインランドリーで忘れ物をした場合は、1週間程度は、コインランドリーの「忘れ物コーナー」で保管しています。

親切なコインランドリーでは約1か月も保管しているところもあります。

あかね
あかね
ときにはお布団が忘れられていることがあります。きっとコインランドリーで洗濯したことを忘れているんでしょうね。

保管期間が過ぎた忘れ物は処分されてしまうので、忘れ物に気づいたときはすぐに取りに行くようにしましょう。

 

コインランドリーで忘れ物を発見したときは?

コインランドリーで忘れ物を見つけたという経験ありませんか。

忘れ物を見つけた場合は、コインランドリーに設置してある忘れ物コーナーに置いておくか、警察へ届けるようにしましょう。

お財布やスマホといった貴重品だと忘れ物コーナーに入れるのではなく警察へ届ける方がよいです。

あかね
あかね
警察へ届ける際は、できるだけ早めにいくようにしましょう。

もしも用事などがあってすぐに警察へ持っていけない場合は、罪になるの?と思うかもしれませんがその心配はありません。

いったん家に持ち帰る形になっても、すぐに警察へ届けるようにすれば、窃盗罪には問われません。

またコインランドリーを利用して洗濯物を取り出したときに前の人のものが残っていて混ざることがあります。

あかね
あかね
自分のものではないときは忘れ物コーナーに置いておきましょう

 

コインランドリーを利用するときの注意点

コインランドリーで盗難や紛失しないためには、目を離さないことです。

コインランドリーには盗み目的で来店する人がいます。

盗みの手口は、衣類の持ち主がいない間に洗濯中の洗濯機を開けて、物色してほしい物を持ち帰るというやり方です。

盗まれるものも女性ものばかりではなく、男女関係なく盗まれているので注意しましょう。

盗まれないためには、洗濯と乾燥が終わるまで洗濯機のそばにいるのがベストです。

忘れ物をした場合もすぐに取りに行くしかありません。

コインランドリーで記載されている注意書きを紹介します。

①当店及び当店敷地内における事件・事故等に関しまして当店は一切の責任をおいません。
②当店ではお客様同士のトラブルなどにつきましても一切の責任をおいません。
③当店で発生した盗難・紛失等に関しましても、当店は一切の責任をおいません。お客様自身にて身の回りの品には十分にご注意ください。
④機器運転中・運転終了後に関わらず、盗難・紛失など一切保証できませんので、お店を離れずお待ちください。
⑤店内及び忘れ物コーナーに洗濯物を1週間以上放置された場合は処分させていただきます。
⑥当店では天災地変、自然災害、戦乱、暴動、その他不可抗力の事象に伴う利用者様の損害について、一切の責任を負いません。

引用サイト:大型コインランドリー ララ・ドリーム

あかね
あかね
どこのコインランドリーも同じような注意書きになっています。自己責任ってことですね。

 

洗濯するなら宅配クリーニングがおすすめ

コインランドリーを利用して洗濯するのが不安という方には宅配クリーニングがおすすめです。

コインランドリーと宅配クリーニングのメリットとデメリットを比較した表を作成しましたので、参考にしてください。

業者名 メリット
コインランドリー ・その場で洗濯ができる。
・洗濯料金は洗濯物で1000円ほど、布団で2000円ほど。
・容量が大きいので大物が洗える。
宅配クリーニング ・洗濯物を持っていく必要がない。
・保管サービスがある。
・家庭で洗えないものが洗える。
・24時間いつでも申し込める。

 

業者名 デメリット
コインランドリー ・盗難や紛失、忘れ物が起こる可能性がある。
・店に洗濯物を持っていく必要がある。
・洗濯量が多い場合や洗濯回数が多いとその分お金がかかる。
宅配クリーニング ・仕上がりまでに日数がかかる。
・送料がかかる。
(まとめ出しにする、会員になると送料無料になる店がある)

クリーニングは、その場で洗濯ができるコインランドリーと違い仕上がりまでに日数がかかります。

料金もコインランドリーを利用する方が安いでしょう。

ですが、宅配クリーニングは自分で洗濯物を持っていく手間がなく楽ですし、盗難や紛失の心配がありません。

プロが丁寧に洗濯をしてくれるので衣類が傷むことがありませんし、仕上がりがきれいです。

お布団も宅配クリーニングできれいでフカフカになります。

あかね
あかね
宅配してくれるので忘れることもありません。

宅配クリーニングは24時間いつでも受け付け可能ですから、自分の都合にあわせて利用できます。

保管サービスがあるのでオフシーズン中の保管にも使えます。

 

まとめ

コインランドリーを安全に利用するための方法を紹介しましたがいかがでしょうか。

大切な自分の衣類をなくしてしまわないためにも、コインランドリーは防犯対策をしっかりしているところを利用するようにしましょう。

コインランドリーを利用する際は、洗濯中は目を離さないように気を付けるようにしましょう。

コインランドリーでの洗濯に不安があるのなら宅配クリーニングを利用するのがおすすめです。

24時間いつでも申込みできますし、洗濯物を持っていく手間がかかりません。

プロが洗濯してくるので仕上がりがきれいです。

コインランドリーや宅配クリーニングを上手に利用して、洗濯物をきれいにしていきましょう。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です