コインランドリーの持ち物に洗剤は必要?知っておきたい持ち物&使い方

   

家にいるだけで、古びた服が新品同様に
~クリーニングは宅配する時代~

「めんどくさい。。」「時間がない。。」「値段が高い。。」

洗濯におけるすべての悩みを、一発で吹き飛ばせるのが宅配クリーニングです。

安く、そして早く、家にいるだけで、古びた服が新品同様に。

”質” ”値段” ”早さ”の三つを厳選し、選び抜いた5社の比較はこちら

こんにちは、あかねです。

洗濯物が乾きにくい季節や雨が多い季節などは洗濯物が溜まってしまうこともありますよね。

そんな時にコインランドリーを利用しようと思う人も多いと思います。

しかし実際に利用しようと思うと「コインランドリーに洗剤は持って行った方がいいのか」「コインランドリーには何が必要なのか」と意外と知らないことが多いですよね。

私もコインランドリーを利用した時に忘れ物をして何度か自宅を往復したなんて事もあります。

そうならない様に事前に準備をしておきたいですよね。

そこで今回はコインランドリーに必要な持ち物や使用する時のポイントなどを紹介します。

また、コインランドリーで洗えない物を洗濯した時や布団などの重い物は持ち運びが大変だったりしますよね。

そんな時におすすめなのが宅配クリーニングです。

申し込みから集荷、受け取りまで全て自宅で完結することができます。

そんな便利な宅配クリーニングも紹介しますのでぜひ、参考にしてみてくださいね。




コインランドリーの持ち物に洗剤は必要?

コインランドリーに洗剤は持っていくべきなのかという事が真っ先に思い浮かびますよね。

コインランドリーの洗剤に関する疑問をご紹介します。

洗剤、柔軟剤は自動投入

最近のコインランドリーはドラム型の洗濯機でほとんどの場合、基本的に洗剤は自動投入されます。柔軟剤も同じように自動投入です。

ですが店舗によっては洗剤が必要な場合もあるので注意しましょう。

自動投入の洗剤、柔軟剤にはどんな物が使われている?

自動投入と聞くと何となく「単価の安い物を使用しているんじゃない?」とか「必要最低限のレベルの洗剤なんじゃないの?」と思ったりしますよね。

コインランドリーによって導入している物は違いますが、実は市販されている洗剤ではなくコインランドリー専用の洗剤、柔軟剤という物を使用しています。

洗剤の効能は商品によって違いはありますが、除菌や抗菌効果のあるものがほとんどです。

  • 除菌効果
  • 抗菌効果
  • 洗濯浴槽内のカビやニオイをブロック
  • すすぎ性がいい
  • 洗剤と柔軟剤が一緒のオールインワンタイプ
  • 植物性由来の洗剤
あかね
あかね
コインランドリーによって使っている洗剤は様々ですが、『植物由来』と聞くと安心して利用できますよね。

洗剤を持って行く必要があるのはどんな時?

最近の多くのコインランランドリーは洗剤が自動投入なので洗剤を持っていく必要はありません。

ですが、縦型の洗濯機を置いていたり古いタイプのコインランドリーの場合は洗剤、柔軟剤を持っていく必要があります。

万が一、忘れた場合でも洗剤の販売機が置いてあるところが多いので安心してくださいね。

不安な場合は事前にインターネットなどで調べてから行くことをおすすめします。

自分のお気に入りの洗剤を使うにはどうする?

自動投入型のコインランドリーの場合、持参した洗剤を使う事はできません。

でも自分のお気に入りの洗剤や柔軟剤を使いたい人もいますよね。

その場合は縦型の洗濯機を置いてあるコインランドリーを利用しましょう。

「自動投入のタイプでも洗濯物と一緒に入れればいいじゃない」と思われるかもしれませんが
それは絶対にやめましょう。

自動投入タイプの場合、設置してある機種によって適切な洗剤の量が計算されていて汚れ落ちも十分です。

過度な洗剤の投入は泡切れが悪く、逆に汚れ落ちを悪くする原因となるので注意しましょう。

コインランドリーに持っていく物

実際にコインランドリーを利用する前に持っていく物を確認しておきましょう。

コインランドリー持物リスト
  1. 洗濯物
  2. 洗濯ネット(必要な場合)
  3. お金(50円,100円,500円の小銭)
  4. 洗濯物を入れるバッグ
  5. 待ち時間対策アイテム

洗濯物

コインランドリーに行くのだから当然、洗濯物は持っていきますよね。

ですが、持っていく際には必ずコインランドリーで洗える物なのか確認をして持っていきましょう。

水洗いができるものは洗濯可能ですが洗う物の素材などによってはコインランドリーで洗えない
物もあります。

洗濯表示を確認してから持っていくようにしましょう。

洗濯ネット(必要な場合)

衣類のダメージを防ぎたいという場合には洗濯ネットの使用がおすすめです。

洗濯ネットを使用することで他の衣類との絡まりを防ぐだけでなく、毛玉防止、他の衣類への
色移りなども防止することができますよ。

お金(100円、500円の小銭)

コインランドリーの洗濯機は小銭を入れて使用するタイプがほとんどです。

コインランドリーには両替機が設置されていますが、故障や小銭切れで使用できない場合も
あるので事前に準備することをおすすめします。

洗濯物を入れるバッグ

洗濯物を入れて持ち運べるバッグを準備しましょう。

乾燥器を使用しない時でも使用できるように濡れた衣類を持ち運べるものがおすすめです。

洗濯専用のランドリーバッグ、トートバッグなどがおすすめです。

あかね
あかね
乾燥器のみの使用の場合、実際の濡れた衣類の量が入るよりも少し大きめのバッグがいいですよ。

待ち時間対策アイテム

コインランドリーでの洗濯や乾燥が終了するまでに約30分~60分以上かかります。

お店で終了するのを待つ場合には待ち時間に暇をしないアイテムを持参しましょう。

待合できるスペース、椅子やベンチを設置してあるお店がほとんどなので読書本やゲームなど
快適に過ごすためには必需品です。

コインランドリーで洗える物/洗えない物

コインランドリーでは水洗いできない物を洗濯することができません。

洗濯の前に「洗える物」「洗えない物」を確認をしないと『服がダメになった』なんて事にも
なりかねません。

ではコインランドリーで『洗える物』『洗えない物』とはどんな物があるのでしょうか。

コインランドリーで洗える物

基本的に水洗いのできる物はコインランドリーで洗うことができます。

家庭用洗濯機で洗っている一般的な衣類は洗濯することができます。
また、洗濯表示にこのような「オケ」のマークがあればはコインランドリーでも洗濯をすることができます。
あかね
あかね
「オケ」の中の数字は洗濯の液温を表しています。
この表示であれば40℃を限度として洗濯できることを表しています。

コインランドリーで洗えない物

水洗いができない物はコインランドリーでも洗濯ができません。

このように「オケ」にバツが付いているマークは水洗いができないので洗濯ができません。
NGアイテム
  • 綿布団、羊毛布団
  • 座布団、クッション
  • まくら
  • ぬいぐるみ

綿布団や羊毛布団、座布団は中の綿が切れたり偏ったりしてしまいます。

まくら、クッション、ぬいぐるみも中綿が縮んだり変形してしまい取り返しのつかない状態
なってしまいます。

NG素材
  • ウール
  • カシミヤ、アンゴラ
  • シルク
  • レーヨン、キュプラ
  • 合成皮革、本皮革

デリケートな素材や特殊な素材は高温や摩擦で傷んだり縮んだりしてしまいます。

あかね
あかね
衣類だどスーツやネクタイ、セーターはNGな素材になります。

コンランドリーで効果的に洗濯するポイントを紹介

コインランドリーの洗濯機は家庭用の大型版です。

家庭用洗濯機でも使用方法を間違えると汚れが落ちなかったり、衣類がダメになったりしますよね。

それはコインランドリーでも同じです。

そこでコインランドリーで効果的に洗濯をするポイントを紹介します。

コインランドリーで効果的に洗濯するポイント3つ
  1. 使用量の確認
  2. 洗濯表示の確認
  3. 洗濯や乾燥が終わったらすぐに取り出す

洗濯機の使用容量の確認

洗濯機や乾燥機には洗濯をする適切な容量が決まっています。

容量以上の洗濯物を入れてしまうと、洗濯機の中ので衣類などが回らず汚れやニオイが
落ちません。

乾燥器の場合は生乾きになって雑菌繁殖の原因になります。

洗濯機、乾燥器の使用容量を確認して使用することがポイントです。

コインランドリーの洗濯機の容量はどのくらい?

コインランドリーの洗濯機の容量は10~22㎏、乾燥機は10~25㎏のサイズが主流です。

1人分の1日当たりの洗濯量は1.5㎏だと言われています。

10㎏容量の洗濯機を使用する場合は次の目安になります。

【10㎏の洗濯機を使用する場合の目安】

1人暮らしの場合 1日 1.5㎏ × 7日 = 10.5㎏
2人家族の場合 1日 3㎏(1.5㎏×2) × 3日 = 9㎏
4人家族の場合 1日 6㎏(1.5㎏×4) × 1.5日 = 9㎏
あかね
あかね
1人暮らしだと約1週間、家族が多いと1~3日目安での利用が適量ですね。

家族が多く洗濯容量が多い場合は大容量の洗濯機を選んで使用するようにしましょう。

洗濯物の重量目安

洗濯するものによっても重量は違うため、大きなものや重い物を洗う場合はその重量も目安に考えなければいけませんよね。

ではシャツやパンツなどそれぞれの洗濯物の重量はどれぐらいなのでしょうか。

【洗濯物の重量】

ワイシャツ/ブラウス 1枚
約200ℊ
長袖肌着 1枚
約130ℊ
パジャマ(上下)
約500ℊ
綿パンツ/スカート 1本
子ども用 約200ℊ
 大人用 約400ℊ 
フェイスタオル 1枚
約70ℊ
バスタオル 1枚
約300ℊ
靴下 1足
約50ℊ
シーツ(シングル) 1枚
約500ℊ
掛け布団(シングル) 1枚
羽毛 約1㎏
羊毛/ポリエステル 約2㎏
毛布(シングル) 1枚
約5Kg
掛け布団(シングル) 1枚
約4Kg 
画像出典:Panasonic
あかね
あかね
バスタオルなどの重量があるものを洗う場合はその分の余裕をもって洗濯機を選ぶことが大切ですね。

洗濯表示の確認

コインランドリーでは水洗いができない物は洗濯をすることができません。

必ず洗濯表示でコインランドリーで洗濯ができるかどうかを確認しましょう。

また、コインランドリーで『洗ってはいけない物』『乾燥させてはいけない物』もあります。

ほとんどのコインランドリーで注意書きがしてあるので洗濯表示とあわせて必ず確認をしましょう。

洗濯、乾燥が終わったらすぐに取り出す

洗濯、乾燥が終わったら洗濯物をすぐに取り出すようにしましょう。

洗濯後は濡れたままで放置すると色落ちして他の物に移ってします可能性があります。

乾燥機の後は繊維の間に入り込んでいる空気が抜けて押しつぶされてシワになりやすく
なります。

また、洗濯物をキレイに保つためだけではなく、多くの人が利用するコインランドリーの
マナーとしても自分の洗濯物が終了したらすぐに取り出すようにしましょう。

便利な宅配クリーニングの利用

コインランドリーは水洗いできる物しか洗濯することができません。

水洗いができない素材の物を洗濯したかったり、布団や毛布などの重い物は自宅からコインランドリーまで運ぶのが大変だったりしますよね。

私もコインランドリーを利用しますが、重い物をコインランドリーに運ぶのは特に女性には本当に大変です。

そんな時に便利なのが『宅配クリーニング』です。

スマホやパソコンから24時間いつでも申し込みができて、集荷も受け取りも自宅で完結して
しまいます。

【利用手順】

画像出典:リネット

私も利用してみましたが15~20分程で申し込みができました。

そんな便利な宅配クリーニングをご紹介します。

便利な宅配クリーニング
  • リネット
  • せんたく便
  • リナビス

リネット

画像出典:リネット

リネットは登録会員数45万人を超える宅配クリーニングサービスです。

衣類は1点から利用ができて、料金も店舗と変わらない料金設定です。
また、初回は衣類を何点出しても送料無料なので初めての人でも安心して利用ができます。

画像出典:リネット

布団の丸洗いクリーニングもでき最短10日後、衣類は最短2日後(※プレミアム会員の場合)に受け取ることができます。

料金例
スーツ ジャケット 950円
パンツ   660円
セーター 590円
布団 8,800円~
毛布 1,500円~
あかね
あかね
衣類1枚から利用できるのは嬉しいですね。

せんたく便

画像出典:せんたく便

せんたく便店舗創業63年、宅配クリーニング13年の老舗店です。

衣類クリーニングのお届けにはせんたく便オリジナルの大きな段ボールを使用していて、
衣類がそのまま入るので折シワができない様に設計されています。

布団クリーニングには6か月の保管が無料でついています。

料金は衣類クリーニング、布団クリーニングともに「各パック料金+オプション料金」
となっています。

【衣類クリーニング料金】

最速5パック 6,980円(税込7,678円)
その他パック、リピート割引有、最短5営業日でお届け
追加オプション
抗ウィルス加工
2,500円(税抜)~
プラチナ加工
3,000円(税抜)~
撥水加工
1,500円(税抜)~
花粉防止加工
2,500円(税抜)~
防虫/防カビ加工
2,000円(税抜)~

【布団クリーニング料金】

ふとんパック(上限2点) 11,980円(税込13,178円)
リピート割引有、注文後14日以降
追加オプション
防虫/防カビ加工 6,300円(税抜)~
あかね
あかね
布団の6か月の保管料がついているのは衣替えなどに便利ですね。

リナビス

画像出典:リナビス

リナビスは熟練の職人の手によってクリーニング方法の判断から仕上げ、気がついたら服の修理をするなど「おせっかい品質」にこだわったクリーニング店です。

また、衣類のクリーニングの他にも布団、皮革やブランド品も受け付けており、クリーニングから
仕上げ、修復までをコースで対応してくれます。

リナビスの料金体制はコース制となっていて最大12か月の無料保管が含まれます。

衣料3点コース 6,482円(税込7,527円)
他コース有
無料加工:抗菌、シワ予防、柔軟、毛玉防止、静電気防止
布団クリーニングコース 8,800円(税込9,680円)~
毛布クリーニングコース 5,290円(税込5,819円)

衣類や

あかね
あかね
衣類や布団だけでなくブランド物や皮革品のクリーニングなどができるのは心強いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最近のコインランドリーでは洗剤や柔軟剤を持っていく必要はありません。

しかし、好みによって洗剤を持ち込みたい場合は事前に確認してからコインランドリーを利用
するようにしましょう。

また、コインランドリーを快適に利用するために持ち物の確認や洗濯表示の確認、コインランドリーの利用ルールの確認も忘れないようにしないといけませんね。

コインランドリーで洗濯ができない物や重い物は宅配クリーニングを利用するものいいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。