コインランドリーは汚いイメージがある?家で洗濯できない時の解決法!

こんにちは、あかねです。

コインランドリーはいろんな人が使う場所でなんとなくあまりきれいじゃない印象を持っている人もいるのではないでしょうか。

実際にコインランドリーは定期的に清掃などのメンテナンスが行われています

それでも直前に使用した人のマナーが悪かった場合など、汚れなどが気になってしまう場合があるかもしれません
前に使った人がどんな汚れを洗ったのかわからなかったり、汚れが残っていたりして自分の洗濯物に汚れが移ってしまったら嫌ですよね。

自分がコインランドリーがを使う際も正しく使わないと人に迷惑をかけてしまうこともあるかもしれません。
コインランドリーで洗えるもの・洗えないものを紹介しますので確認してみてください。

コインランドリーが衛生的に気になるという場合でも、自宅の洗濯機を使わないできれいにする方法がありますよ
どのようにお手入れすればよいのかもご紹介します。

衛生面の不安が減ったり、少しでも楽に洗濯できる方法があれば、家事の負担も減って安心してゆっくりすごせる時間も少し増えるかもしれませんね。




コインランドリーは汚い?

自宅に洗濯機がある方はコインランドリーの洗濯機を使用する頻度は少ないかもしれませんが
長雨で洗濯物が乾かない時などに乾燥機を使うといった経験はあるのではないでしょうか。

コインランドリーは様々な人が使用しているため、前の人の使用方法によって清潔さは異なりますよね。

コインランドリーの衛生面は?

私もコインランドリーは長雨などの洗濯物が乾かない時に乾燥機を利用することが多いのですが、改めて考えてみると衛生面が気になりますよね。

特に洗濯から行う場合は汚れ具合も気になりますね。

実際にコインランドリーを利用していて、不衛生だったと感じた経験のある人も少なくないようです。

コインランドリーの清掃の頻度は店舗によって異なりますが、1日に1度行われるのが一般的なようです。

他のコインランドリーでは「1日に1回」掃除をするところが多いようです。
中には「数日に1回」お掃除、なんてところもあります。

スマイルランドリーは「1日に4回」です。

引用サイト:スマイルランドリー 青葉台店

このお店のように頻繁に清掃管理されていれば、衛生面での心配はほとんど無く、安心して利用することができますね。

コインランドリーのお手入れは、洗濯機の庫内だけでなくフィルターや店内の清掃も含まれます。

そのため、よく手入れされているコインランドリーは店内全体が綺麗にされています
衛生面が気になる場合は、日頃店内の清掃等の手入れが行き届いているかチェックしてから利用するのもよいかもしれません。

コインランドリーで洗って良いもの・いけないもの

コインランドリーではどんなものを洗えるのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

コインランドリーでは一般的な衣類以外のものも洗うことができます

コインランドリーで洗うことができるもの
  • 毛布(アクリル)
  • 羽毛布団(キルティングがあるもの)
  • こたつ布団(キルティングがあるもの)
  • ダウンジャケット
  • 衣類
  • カーペット(裏地が麻やゴムでないもの)
  • カーテン(乾燥NG)

※熱に弱いものは低温乾燥すること

 

コインランドリーでは通常、衣類等の家庭で洗濯できるものはもちろん、布団や毛布、カーテン等も洗うことができます

店舗によっては靴用の洗濯乾燥機がある場合があります
手洗いするのが大変な汚れやすいスニーカー等を丸洗いできるのは嬉しいですよね。

これらのものでも素材によってウールやレザーなど洗濯や乾燥に適さないものもありますので、洗濯表示などをあらかじめ確認しておきましょう
また洗濯できるものでもデリケートなものは、洗濯ネットを使って痛みを予防すると良いですよ。

店舗によって洗えるものは異なりますので、お近くのコインランドリーを確認してみてください。

便利なコインランドリーですが、洗ってはいけないものもあります。他の人に迷惑をかける使い方をするのは絶対NGです。

コインランドリーで利用できないもの
  • 伝染する病気の方が使用したもの
  • 血液が付着したもの
  • 汚物が付着したもの
  • ペットの毛などが付着したもの(ペットが使用したもの)
  • 屋外で使用してひどく汚れたもの
  • 強度の汚れやゴミが付着したもの
  • 香り付けビーズ等の使用

 

自宅の洗濯機を汚したくないからといって、次に使う人が困るようなものをコインランドリーで洗うのはやめましょう。

このようなものをコインランドリーで洗濯した場合、損害賠償を請求される場合があります。

せっかく洗いに来たのに嫌な気持ちになって帰るということがあると悲しいですよね。

キレイに管理されたコインランドリーを使いたいですね。

キレイなコインランドリーはあるの?

コインランドリーというと、なんとなく暗く入りづらい印象を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

最近はおしゃれなコインランドリーも増えていて、これまでのイメージとは違うきれいに管理されたコインランドリーもあるんですよ。

カフェが併設されたコインランドリーなどおしゃれな店舗も増えていますね。

このようなタイプのコインランドリーだったら今まで躊躇されていた方でも入りやすいですね。

また、明るくてカフェなど常に人の目があると、マナーや防犯の面でも安心感がありますよね。

コインランドリーを使わず、自宅で洗濯できないものを洗う方法

どうしても家で洗えないけどコインランドリー利用することに抵抗があるという場合は、自宅で洗ったりプロにお任せする方法を試してみましょう。

自宅に洗濯機がない場合、洗濯機が壊れてしまった時の応急処置

自宅に洗濯機がない場合や洗濯機が壊れてしまったという場合には、洗濯機を使わないで洗濯しなければなりませんよね。

そんな時には電気も使わず少量の洗濯をすることのできる簡易的な洗濯機を利用するのもおすすめです

 バケツウォッシャー

手回しポータブル洗濯機

一人暮らしで部屋に洗濯機をおけない場合や、一時的に洗濯機が使えない場合などに、少量ではありますが洗濯~脱水まで行うことができます。

また洗濯機で他の衣類と一緒に洗うのがためらわれるような、お子さんの泥汚れなんかも予洗いすることができて便利ですよ。

お家に洗濯機がある場合も、電気を使わないで利用できるので停電時や災害時に備えて用意しておくのもよいかもしれません

布団やデリケートな衣類等、自宅で洗うのが難しいものの場合

布団など洗いたいけど自宅で洗うのは大変…というものがありますよね。

自宅で洗うのは難しいというものであれば、クリーニング店のプロにお任せしてしまうのが一番楽ちんです。

布団の洗い方についてはこちらの記事でも紹介していますので参考にしてみてくださいね。

布団だけでなく乾きづらいデリートな衣類等もできれば自宅で洗いたくないですよね。

近所のクリーニング店に持ち込むのが大変な時は宅配クリーニングがおすすめですよ。

クリーニングって高いんじゃ…と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

宅配クリーニングでは衣類の種類に関わらず、5点でまとめて8,550円などの料金設定になっていることもあります。
大物が多い時などはセットでまとめて出せるとお得ですよね。

まとめて出す場合は近所のクリーニング店よりもお安くなる場合もあり、お家で発送・受け取りができる便利さですのでぜひ利用したいですね。

また、宅配クリーニングでは衣類も布団も預かりのサービスがあるところがあります。
お家の収納もすっきりしますし、きれいに管理してもらえますよ。

まとめ

コインランドリーの衛生面とコインランドリーを使用しないで洗濯する方法をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

自宅で洗えないしコインランドリーを使いたいけど、衛生面が気になったり、近所にコインランドリーがないということもありますよね。

コインランドリーの衛生面
  • コインランドリーは1日に1回清掃が行われている
  • 衛生管理が気になる場合は、店舗内の清掃が行われているかチェックしてみる
  • カフェが併設された新しいコインランドリー等、人目の多いお店を使うことで安心して利用することができる

 

自宅で洗濯できないけど、コインランドリーも利用したくない場合の対処法
  1. 簡易洗濯機を準備する。
    電気を使わずコンパクトで場所を取らないため、泥汚れなどの予洗いにも◎
  2. クリーニングに出す。
    布団などの家で洗いづらいものはプロにお任せで楽ちん
    宅配クリーニングはコスパも良く利用しやすい

 

自宅の洗濯機で洗濯できないといった場合も、プロにお任せすることで衛生面の不安もなくすっきりきれいにすることができますね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です