一人暮らしは部屋干しにするべき!洗濯して変な臭いがした人も再挑戦!

こんにちは、あかねです。

一人暮らしの人には部屋干しするべきです。

なぜなら防犯対策になるから。

最初の項目でもう少し細かく説明しますが、外に干してある洗濯物から、その部屋の情報を読み取ることができます。

悪意のある人が情報を読み取り、犯罪につながるケースも可能性として考えられることです。

それをすでに知っていて、もしくは別の理由で部屋干しをしている人もいるのではないでしょうか。

『部屋干し』とは文字通り、室内に洗った洗濯物を干すことですが、知識もなしにただ干すだけではダメなのです。

部屋の適当な場所に干し、変な臭いがして服が駄目になった、洗濯物を洗いなおした、という経験がある人もいるのではないでしょうか。

部屋干しをするときは、気を付けなくてはいけないことがいくつもあります。

部屋干しの注意点や、やってはいけないことを知って、きれいな服を身にまといましょう。

清潔感があっていいね、と人に褒められ、好感度アップにつながりますよ。

 




部屋干しのメリットとデメリット

部屋干しにはメリットもデメリットもあります。

メリット
  • 天気や時間を気にせずに干すことができる。
  • 花粉やその他の対策になる。
  • 服に対する害を防げる。
  • 防犯対策になる。
デメリット
  • 乾くまで時間がかかる。
  • 生乾き臭がする。
  • 見栄えが悪い。

メリット

  • 天気や時間を気にせずに干すことができる。

室内なので、雨の日でも雪の日でも気にせずに干すことができます。

外出している間に雨に降られ、外に干した洗濯物が濡れて洗濯のし直し、ということもなくなりますよ。

  • 体に害がある花粉やその他の物質を防げる。

家の外には目に見えにくく体に害のある様々なものがあふれています。

花粉、ほこり、排気ガスなどがそうです。

部屋干しをすることによって、そういった害があるものが服につくのを防げます。

  • 服への影響を防げる。

外に干すことで、良くも悪くも服自体にいろいろな影響があります。

虫がつき虫の糞などで服にシミがつく、紫外線で服の色があせる、排気ガスや火山灰で服の色が黒くなる、海沿いだと塩を含んだ風があたり服が駄目になる、などです。

部屋干しにすることでそういったいろいろな害を防ぐことができます。

  • 防犯対策になる。

冒頭でもお伝えしましたが、洗濯物からその部屋に住む人の情報を読み取ることができます。

悪意のある人が情報を読み取り、犯罪につながるケースも可能性として考えられることです。

洗濯物の状態 読み取れる情報 考えられること
女性ものの服が少量だけ 女の一人暮らし 性犯罪、強引なセールス
年寄りの服が少量だけ
年寄りの一人暮らし
オレオレ詐欺や他の詐欺
深夜に洗濯物が干しっぱなし まだ帰宅していない 泥棒、強盗

服を部屋干しにすることによって、情報漏洩を防ぎ、防犯対策にもなります。

あかね
あかね
老若男女関係なく、一人暮らしなら防犯対策は自己責任です。

常に意識して被害者にならないようにしましょう。

デメリット

  • 乾くまで時間がかかる。

日光や風などが窓に遮られてしまうため、洗濯物が乾くまで時間がかかってしまいます。

季節にもよりますが、急ぎで着たい服には向かないでしょう。

  • 生乾き臭がする。

濡れた洗濯物はカビや菌が繁殖しやすい環境となっています。

部屋干しだと洗濯物が乾くのに時間がかかるため、きちんとした洗濯の仕方をせずにいると、菌が繁殖し、臭いが発生してしまいます。

  • 見栄えが悪い、干す場所によっては使用しづらくなる。

干す場所にもよりますが、何も考えずに洗濯物を干すと、整えた部屋に乱れが生じます。

場所によっては、洗濯物によって場所をとられ、使いづらさもでてきます。

 

臭いの原因

洗濯物の臭いが発生する主な原因は、汗という湿気で発生するカビ、皮脂汚れなどを餌とする菌(モラクセラ菌やダニなどです。

どんな風に臭いが発生するのか、3つのことを上げてみました。

  • 洗濯する前

着用してから時間がたちすぎて、汗(湿気)が原因でカビ、皮脂汚れを餌として菌やダニなどが発生した。

  • 洗 濯 中

洗濯槽自体に汚れやカビが発生し、それが洗濯物についたことで菌やダニが発生した。

  • 洗濯した後

皮脂汚れを落としきれず、皮脂汚れを餌として増殖する菌が発生したか、洗ってから干すまでに時間がたちすぎて、カビが発生した。

あかね
あかね
天気や干し方によっても、乾くまでに時間がかかり、臭いが発生する場合もあります。

 

臭いを発生させないために注意すること

前項で、臭いの原因は菌、カビ、ダニだとお話ししました。

では、どうすればいいのでしょうか。

洗濯物を洗う頻度は

洗濯物には汗や皮脂、その他の汚れなどが付着しており、菌やカビ、ダニが繁殖しやすい環境となっております。

一人暮らしでも洗濯物をためこまずに、週に2~3回ペースで洗濯しましょう。

どうしても洗濯物がたまらず、洗う頻度が少ない場合は、洗濯物を入れるかごを風通しの良いものにしてみてください。

洗濯物の風通しがよくなり、菌やカビの繁殖を少しでも遅らせることができます。

どんな洗剤を選んだらいいの?

部屋干し用洗剤を使用しましょう。

部屋干し用洗剤は、抗菌成分が普通の洗剤より多めに配合されています。

そのため、部屋干し用洗剤を使うと、普通の洗剤よりも菌の発生を抑えられます。

いろいろなメーカーから部屋干し用洗剤が出ているので、普段洗濯洗剤を買う店で、部屋干し用と書かれた洗剤がないか見てみてください。

部屋干し用でなくとも、抗菌、除菌と表記している洗剤はそういった面に特化していますのでおすすめです。

洗濯洗剤をきちんと溶かすことが大切です。

粉の洗濯洗剤を使うときは、ぬるま湯を使用してください。

洗剤が溶けきれずに服に残ってしまうと、汚れとなり菌が発生するため、臭くなります。

上がったばかりのおふろの残り湯を使うか、洗濯機の水が入っているときにやかんである程度沸かしたお湯を入れるのがおすすめです。

ただし、鍋で沸かしたお湯を使用するのは絶対にやめましょう。

鍋で沸かした熱湯の場合、フタが固定されていません。

ちょっとでもぶつかった、滑った、つまずいた、など、ほんの少しのことでフタがズレ、大やけどにつながります。

やかんを使用する場合でも、外れない、外れにくいフタをして、注ぎ口にもフタがある、もしくは注ぎ口が細くてお湯がこぼれにくいタイプのやかんを使用しましょう。

再度言いますが、鍋で沸かしたお湯を使用するのは絶対にやめましょう。

やかんがなく、鍋もダメ、ぬるま湯を使うこともできないけれど粉の洗剤を使いたい。

そんなときは、洗濯物を入れる前に洗剤だけで一度撹拌(かき混ぜる)、洗剤をきちんと溶かしてから洗濯物を入れて洗ってください。

撹拌の仕方は洗濯機によって違います。

洗うモードの違い 洗   い   方
水が排出されない 洗うモードで洗剤だけを5分以上回して溶かし、終わったらそこに洗濯物を入れ、再度洗うモードから洗濯開始し最後まで終わらせる。
水が排出される 洗うモードの時間を5分程度長く設定し、最初に洗剤だけを入れ5分程度回す。

回したら一時停止し、そこに洗濯物を入れ再始動、最後まで終わらせる。

複数回できる 洗うモードの工程を1度増やし、1度目で洗剤だけを入れて回して溶かし、2回目でそこに洗濯物を入れて洗う。
あかね
あかね
しつこいほどに注意しますが、お湯を使用する場合は十分、十二分に注意しましょう。
自分が気を付けていても、急な地震でよろける、なんてことも考えられます。

干し方にも気をつけて。

脱水した洗濯物はなるべく早めに干してください。

濡れた洗濯物はカビや菌が繁殖しやすい環境となっています。

そのため、脱水し終わった洗濯物を洗濯機の中やカゴにに入れっぱなしだと、カビや菌が発生し臭くなってしまいます。

干すときは風通しがいい場所で、洗濯物と洗濯物の間隔をあけて干してください。

洗濯物と洗濯物の間隔が指1本もない程度で干すと、風通しが悪く、乾きが遅くなります。

干し方としては、左右両端から内側に向けて長いものから短いものを干していく、アーチ干しがおすすめです。

洗濯槽の清掃

何年も同じ洗濯機を使用していると、溶けきれずに洗濯槽に付着したわずかな洗剤が蓄積され、汚れとなって菌が発生したり、洗濯槽自体にカビが発生したりします。

定期的に洗濯槽を清掃してください。

洗濯槽を清掃する方法は、洗濯槽クリーナーを使ったり、オキシクリーンという外国製洗剤を使用したオキシ漬けという洗い方もあります。

 

汚 い の で 閲 覧 注 意

↓     ↓     ↓

あかね
あかね
オキシクリーンは日本版と外国版がありますが、外国版の方が洗濯槽の掃除には向いているそうです。

 

部屋干しでやってはいけないこと

洗濯物の干しかたにも注意事項があります。

NG1:カーテンレールに干す。

一人暮らしの場合、部屋が狭く干す場所がないため、カーテンレールにそのまま洗濯物をかける人もいますが、それはNGです。

カーテンレールは窓からの距離もあまりなく、洗濯物をかけると汚れた窓に洗濯物が触れてしまったり、カーテンの汚れが付いたりします。

せっかく洗った洗濯物が洗い直しになるようなことはやめましょう。

NG2:壁際や部屋の角付近に干す。

壁際や、部屋の角付近は風の通りが悪いです。

風の通りが悪いということは、洗濯物が乾くスピードがその分遅くなるということ。

菌が発生し、臭いの原因になるのでやめましょう。

NG3:洗濯物と洗濯物の間隔が指1本程度。

干し方の項でもふれましたが、干すときは、洗濯物と洗濯物の間隔をあけて干してください。

洗濯物と洗濯物の間隔が指1本程度で干すと、洗濯物が洗濯物に触れてしまったり、風通しが悪く、乾きが遅くなります。

NG4:おふろの残り湯ですすぐ。

一人暮らしの場合、お風呂の残り湯があまり汚れていなかったり、水道代を自分で払っているため、ただ捨てるのはもったいないと思い、再利用する人も多いです。

ですが、おふろの残り湯には皮脂や流した汗などの汚れ、見えない雑菌が含まれています。

洗剤を入れて洗うモードでの使用は問題ありませんが、すすぎまでおふろの残り湯で行ってしまうと、洗った洗濯物にその汚れや菌が付着し、臭いの原因となります。

すすぎはきれいな水で行いましょう。

NG5:適さない容量で使用する。

洗濯機の容量を超えた洗濯物を入れると、洗濯物や洗剤が撹拌されないため、洗濯物の汚れが残ってしまいます。

洗濯物や水の容量に対して多すぎる洗剤は、洗剤が溶けきれずに残ってしまい、洗浄成分が新たな汚れに。

逆に少なすぎる洗剤は、汚れに対して力不足となり、洗濯物の汚れが残ってしまいます。

あかね
あかね
やってはいけないことをやってはいませんか?
直すところがないか考えてみましょう。

 

部屋干しグッズの選び方、使い方

部屋干しを助けてくれる道具もいろいろとあります。

道 具 名 使 い 方 ・ 選 び 方
洗 濯 か ご

洗濯物を入れるのに使用

左右の風通しがいいものをおすすめ。

洗 濯 洗 剤 洗濯物の汚れを落とすのに使用。

部屋干し用洗剤や、抗菌、除菌などの菌に特化した洗剤がおすすめ。

ハンガースタンド

室内で洗濯物を干すのに使用。

場所を取らない物や、たたんでしまえる物がおすすめ。

一人暮らしで部屋が狭い場合、カーテンレールに物干し竿をかけられるようになる道具もあります(特におすすめは下記参照)。

乾  燥  機

干した洗濯物の近くにおいて使用。

乾きが早くなる。

扇風機・エアコン

干した洗濯物に風を当てる。

水気を飛ばしたり、温風を当てることで乾きを早くする。

あかね
あかね

カーテンレールに物干し竿をかけられる道具で、特におすすめなのがこちら。

壁に穴をあけないので、賃貸で一人暮らしの人に、特におすすめです。

室内干しの干す蔵。NHKでも紹介されました。 (hosuzou.com)

 

すでに臭くなってしまったときは

問)すでに臭くなってしまった服はどうすればいいの?

答1)やってはいけないことに気を付けながら、洗いなおしましょう。

とはいっても、服によっては臭いが強烈なものもあります。

答2)自分ではどうしようもないときは、洗濯のプロ、クリーニング店に頼みましょう。

お金はかかってしまいますが、洗濯のプロであるだけに、店ごとの独自の洗濯方法があります。

駄目にしたくない、臭いがひどいお気に入りの服、思い出の服は、クリーニングに出しましょう。

 

最後に

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

やってはいけないこと、洗い方、干し方の注意点がいろいろあったと思います。

1度失敗した人も、これから部屋干しをしてみようという人も、記事の内容に気を付けてやってみてください。

綺麗で清潔感のある服を身にまとい、人に好意的にみられるといいですね。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です