一人暮らしの洗濯どうしてる?忙しい社会人のための時短ワザをご紹介!

こんにちは、あかねです。

一人暮らしの洗濯は、普段人と比べることがないので、
他の人がどんな方法で洗濯をしているのか気になりますよね。

  • 一人暮らしの人はどれくらいの頻度で洗濯しているの?
  • どんな洗剤を使っているの?
  • どうやって服を乾かしているの?

などなど色々な疑問があると思います。

今あなたが行っている方法で洗濯を続けていると、
時間の無駄遣いになってしまうかもしれませんよ。
さらに、洗濯に時間を多く費やすことで、
洗濯が嫌いになり、ストレスが溜まることも。

一人暮らしの洗濯方法は十人十色です。
他の人に合わせる必要はありませんが、
色々な洗濯方法を知ることであなた自身が楽になる方法が見つかるかもしれません。

今回は、一人暮らしの洗濯方法と
洗濯時間を短縮する時短ワザもご紹介します。

時短ワザで洗濯時間を短くして、忙しい中でも自分のフリータイムを長くしましょう。
長くなったフリータイムに自分の好きなことをすることで、
仕事やプライベートのモチベーションがグッと上がること間違いなしですよ。

 




どれくらいの頻度で洗濯してる?

まず気になるのは、洗濯頻度ですよね。
毎日、週に数回、月に数回など色々あると思いますが、
一人暮らしの人はどんな頻度で洗濯をしているのでしょうか。


一人暮らし女性の情報サイト「ROOMY」が独自調査を行った、
一人暮らしの女性100人の調査データの結果がこちらです。

一人暮らしの女性100人の調査データ

画像引用元:ROOMY

男性の一人暮らしのデータは見つけられませんでしたが、
一人暮らし女性の1位は週2~3回
続いて2位が毎日、3位が週1回という結果が出ています。

ちなみに私が一人暮らしをしている時は、
週に1回、週末にまとめて洗濯をしていました。
理由は、当時仕事が忙しく、家に帰る時間が遅かったので、
平日は洗濯するより寝る時間が欲しかったからです。

皆さんはどんな理由で頻度を決めているのでしょうか。
それでは、それぞれの頻度の理由についてみていきましょう。

精神的にも衣類量にも丁度良い週に2~3回ペース


毎日洗濯するのは大変だし、
1日分の洗濯量で洗濯機を回すのは水道代がもったいない。

かといって週末にまとめて洗濯すると、大量の洗濯物を干すスペースがない。
そもそもタオルや下着の量が少なく、週末まで持たない。

それが、週2~3回のペースだと、
毎日やらなければいけないという精神面の負担も少なく、
衣類の量が足りない・干すスペースが無いということもありません。
週2~3回が1位ということはそのペースが丁度良いと思っている人が多いということですね。

あかね
あかね
洗濯物が多すぎると取り掛かるのも面倒になりますが、2~3日分の洗濯量だと負担が少ないですね。

衛生面重視派は毎日洗濯

家族分の洗濯は、量の多さから毎日洗濯する人が大半だと思います。
一人暮らしで毎日洗濯をする人は、

  • 毎日洗濯しないのは不衛生
  • キレイ好きで洗濯かごに洗濯物が溜まっているのがイヤ
  • 下着やタオルだけ毎日洗濯をしている

などの衛生面の理由を挙げる人がほとんどです。

その他に、毎日洗濯をすると1回に干す洗濯量が少なく済む。
毎日の洗濯が自分のリラックスタイムになっているなどの理由が挙げられます。

また毎日派の中でも、
出勤前や通学前に洗濯をする「朝派」と
夜自宅に帰ってから洗濯する「夜派」に分かれるようです。

あかね
あかね
毎日洗濯をする人は、生活リズムがきちんと整っている人というイメージがあります。

忙しい人の洗濯はまとめて週1回

こまめに洗濯をしている人から見れば、驚くかもしれませんが、
洗濯は週1回、休日にまとめて行う人は全体の2割ほどです。

週1回にまとめて洗濯をする理由としては、

  • 仕事が忙しく休日でないと洗濯時間が取れない
  • 平日はやる気が起きない
  • もともと洗濯量が少ないので、週1回で十分
  • 週1回コインランドリーで洗濯、乾燥まで済ませると楽

などが挙げられます。

私自身も一人暮らししていた時は、週1回の洗濯でしたが、
服を多く持っていなければ、週1回の洗濯では足りませんし、
洗濯量が多く、干したりアイロンがけに結構な時間がかかっていました。

平日は楽をできますが、
休日は洗濯に時間を取られるため、予定を入れにくい
というデメリットはありました。

あかね
あかね
もし休日に旅行などをしてしまうと、洗濯が次週に持ち越され平日が大変なことになります。

洗濯は月に数回業者に依頼する派


洗濯頻度が週1回よりもさらに少ない人は、
洗濯代行やクリーニングなどの業者にお願いしている人が多いようです。
そもそも洗濯機自体を家に置いていないという人も。

洗濯を月に数回の頻度で行う理由は

  • 洗濯代行やクリーニングに出す場合は、まとめて出した方が得だから
  • 仕事をするときは制服があり、会社のクリーニング業者に依頼しているから
  • できる時、気が向いた時に洗濯したいから

などが挙げられます。

業者にお願いする時の料金は、
洗濯代行の場合、6~8キロ(45Lゴミ袋の8割程度)が3,000円前後。

クリーニングに出す場合は、服の種類にもよりますが、
スーツ1着とワイシャツ5枚を出した場合、3,000円前後かかります。

また、業者にお願いすると、服が戻ってくるのに1週間前後かかってしまうので、
それでも困らない程度の衣類の量がないといけません。

月に数回業者にお願いする方法をとる場合は、
衣類の量と、金銭面に余裕がないとなかなか難しいものではあります。

あかね
あかね
業者にお願いすると、自分で洗濯するよりも確実にキレイになって戻ってくるのが魅力的ですよね。

どんな洗濯洗剤を使ってる?

一人暮らしの人はどんな洗濯洗剤を使っているのでしょうか。
洗剤ごとのメリット、デメリットとともにご紹介します。

どんな洗濯洗剤を使っているのか
  • 液体洗剤
  • 粉末洗剤
  • ジェルボール

種類が豊富な液体洗剤

液体洗剤を選ぶ人の理由としては、

  • 洗剤の溶け残りの心配が無いから
  • 粉末洗剤で粉をこぼしたりなどの失敗した経験があるから
  • 種類が豊富だから

などが挙げられます。

粉末洗剤とジェルボールに比べて種類がとても豊富で、
自分好みの機能や香りを選びやすいです。
ドラッグストアなどで色々な洗剤比べをするのも楽しいですよね。

液体洗剤のメリット
  • 種類が豊富
  • 水に溶けやすく、洗剤の溶け残りが無い
  • 少量の水でも溶けるので、節水になる
  • すすぎが1回でOKなものが多い
  • 衣類に優しい中性のものが多い

 

液体洗剤のデメリット
  • 粉末洗剤よりも洗浄力が低い
  • 本体の容量が少なく、すぐに詰め替えなくてはならない

 

一人暮らしには、アタック3Xがおすすめですよ。

アタック3X

引用元:花王
これ一本で抗菌・洗浄・消臭が可能。部屋干し臭にも効果抜群なので、一人暮らしに最適です。

あかね
あかね
種類の豊富さや衣類への負担の少なさを重視する人は液体洗剤がおすすめですよ。

洗浄力とコスパ重視なら粉末洗剤

粉洗剤を選ぶ人の理由としては、

  • 液体洗剤よりも安いから
  • 洗浄力が高いから

などが挙げられます。

私は粉洗剤を自宅で使うことが無いので、
意外と一人暮らしで粉洗剤を使っている人が多いことに驚きました。

以前働いていた職場で粉洗剤を使って洗濯していたことがありますが、
粉洗剤って使っても使っても全然減らないイメージでした。
でも値段は300円前後なので、コスパはかなり良いですよね。

粉洗剤のメリット
  • 容量が多く安いのでコスパが良い
  • 粉洗剤はアルカリ性のものが多いので洗浄力が高い

 

粉洗剤のデメリット
  • 冬など冷たい水で洗濯すると、洗剤が溶け残ることがある
  • 粉なので、洗濯機の周囲に散らばりやすい
  • 洗浄力が強いので、デリケートな衣類には不向き
  • 粉洗剤は、すすぎをしっかりと行わなければならないので、水と時間を多く使う

 

一人暮らしには、部屋干しトップがおすすめですよ。

部屋干しトップ 除菌EX

引用元:花王
汚れ・菌・ウイルスまでしっかり洗浄して、生乾き臭を防ぎます。コインランドリーに便利な小分けタイプもあります。

あかね
あかね
ひと昔前より、粉洗剤もどんどん改善されており、洗濯後の溶け残りはさほど心配しなくても良くなっているようです。

軽量の手間が省けるジェルボール

ジェルボールを選ぶ人の理由は、

  • 軽量の必要がないから時短になる
  • 洗剤の入れすぎ、少なすぎといったミスが起きない

などが挙げられます。

私の一番のおすすめは、このジェルボールです。

洗剤の軽量って毎日何気なくやっていると思いますが、
洗剤のふたを開ける→洗剤を軽量する→洗濯機の投入口に入れる
という3工程ですよね。

それがジェルボールだと、
ふたを開ける→洗濯機にポイッ
の2工程で済みますから、洗濯が楽になりますよ。

また、よく高いと言われるジェルボールですが、
柔軟剤入りのものが発売されているので、
洗剤+柔軟剤を合わせて買うことを考えると、
柔軟剤入りジェルボールを買った方が安くなることもあります。

ジェルボールのメリット
  • 軽量の手間がない
  • 洗剤の軽量ミスをしなくて済む
  • 手が汚れない
  • 洗濯機の周囲を汚すことが無い
  • 柔軟剤入りのジェルボールもある

 

ジェルボールのデメリット
  • 液体洗剤・粉末洗剤よりも高い
  • 少ない洗濯量で洗濯すると、匂いが強くついてしまうことがあるため、
    毎日洗濯する人には不向き

 

一人暮らしにおすすめのジェルボールはこちら

ボールド ジェルボール3D

引用元:P&G
汚れ分解ブースターで汚れを根元から分解!柔軟剤入りで、アイロンがけが楽になります。

あかね
あかね
洗濯物を数日分まとめてから洗濯する人におすすめです。

こちらの記事で一人暮らしの洗剤の詳しい情報を紹介しています。

 

洗濯物をどうやって乾かしてる?

一人暮らしの人がどんな方法で洗濯物を乾かしているのかも気になりますよね。
家で洗濯する方法は、以下のものが挙げられます。

一人暮らしの洗濯の乾燥方法
  • 外干し
  • 部屋干し
  • 洗濯乾燥機で乾かす

外干しは少数派

外干しの魅力は、日光に当てられてすぐに乾くことですね。
それに、部屋干し臭などの匂いに悩まされることもありません。

しかし、一人暮らしの外干しは少数派です。
社会人は朝から晩まで家を空けるので、
外干しだと急な雨などに対応できず、洗濯のやり直しになってしまいます。

それに、一人暮らし女性の外干しはとっても危険です。
洗濯物を外干しすることで、
女性が一人暮らししていることを周囲に知られてしまい、
犯罪に巻き込まれることがあるからです。

私の友人も、洗濯物を外干ししていたところ、
下着だけ無くなっていたという経験をしたそうです。

でも、やっぱり洗濯物をお日様に当てるとすぐ乾くし、気持ちがいいものですよね。
どうしても外干ししたい場合には、対策をするようにしましょう。

雨や防犯のための外干し対策
  • 在宅中だけ洗濯物を外干しする
  • 下着だけ部屋干しにする
  • 洗濯物保護カバーをかけておく

 

洗濯物保護カバーは、外干しの際に雨や紫外線から洗濯物を守ってくれますし、
外から洗濯物が見えないので、一人暮らしの外干しにはおすすめです。
通気性を邪魔しない設計なので洗濯物もちゃんと乾きますよ。

雨よけカバー

引用元:楽天市場

あかね
あかね
一人暮らしの女性の洗濯物の外干しは、くれぐれも慎重に!

天候や時間に左右されない部屋干し

SNSなどを見ていると、一人暮らしの場合は部屋干し派が多いようです。
部屋干しの魅力は、天候や時間に左右されないことですね。

急な雨や風もへっちゃらですし、
朝でも夜でも好きな時間に洗濯物を干すことができます。
(深夜は迷惑になりますが)

部屋干しといっても方法は色々あります。

  • カーテンレールやイスにひっかけて干す
  • 部屋にランドリースタンドやポールなどを設置して干す
  • 浴室乾燥機を使用して浴室に干す

皆さん色々な方法で部屋干しをしているようです。

しかし、部屋干しには、
洗濯物が渇きにくい、生乾き臭が気になるなどのデメリットがあります。

洗濯物が渇きにくい時の生乾き臭対策はこちらの記事で詳しく解説しています。

あかね
あかね
ちなみに私は部屋干しの時はカーテンレールにかけたり、ランドリースタンドで干しています。

洗濯乾燥機で乾燥させる

ちょっとリッチな方法ですが、自宅に洗濯乾燥機がある人は、
洗濯乾燥機を使用して、洗濯物を乾燥しているようです。

洗濯物が2~3時間で乾いてしまいますし、
なにしろ洗濯物を干す手間が省略できるのが魅力ですよね。

洗濯乾燥機のデメリットは、電気代がかかることです。
1回の洗濯で、電気代70円前後+水道代30円前後=約100円ほどかかります。

毎日洗濯した場合、
乾燥機なしの洗濯機だと、月に900円前後の出費ですが、
洗濯乾燥機だと、月に3,000円前後の出費なので、約3倍ほどの差があります。

ただ、衣類量が少なく、すぐに乾かしたい人や、
洗濯物を干す時間もないくらい忙しい人は洗濯乾燥機が家にあると本当に便利です。
これから洗濯機を購入予定なら、洗濯乾燥機の購入を検討してみてもいいかもしれませんね。

あかね
あかね
もし洗濯物をすぐ乾かしたい時に、家に乾燥機がない場合は、コインランドリーで乾燥機だけ使うという手もありますよ!

忙しい社会人のための時短ワザ

「めんどうな洗濯物を早く終わらせたい!」
「洗濯物に大事な時間を割きたくない!」
そう思うことはありませんか?
私はいつもそう思っています。

そんな時に役立つ時短ワザをご紹介します。

洗濯時の時短ワザ

まずは、洗濯物を洗う時にできる時短ワザをみていきましょう。

洗濯時の時短ワザ
  • 服を脱ぐときに種類ごとに仕分ける
  • 洗濯機のスピードコースを使う
  • 洗濯機の予約機能を使う
  • 汚れのひどいものは入浴時に洗う

 

・服を脱ぐときに種類ごとに仕分ける
洗濯時に時間がかかる工程に「仕分け」があります。
この仕分けを服を脱ぐついでにやってしまえばいいのです。

この方法を使うには、仕切り付きの洗濯ネットが便利ですよ。

そのまま洗える洗濯ネット

引用元:楽天市場
ランドリーバスケットとして置いておけば、脱いだ服をそのまま仕分けできちゃいます。ジッパーを締めれば洗濯ネットに早変わりです。

 

・洗濯機のスピードコースを使う
洗濯機によって名称が違うかもしれませんが、
洗濯機のスピードコースを使うことで時短ができます。
普段洗濯しているものは、スピードコースでも十分汚れが落ちますよ。

ただ、汚れがひどい洗濯物を洗う時や、粉末洗剤を使う場合の使用はやめておきましょう。

・洗濯機の予約機能を使う
洗濯物を干したい時間に合わせて、洗濯時間を予約設定しておけば、
洗濯待ちの時間が省略できますよ。

・汚れのひどいものは入浴時に洗う
汚れのひどいものなど手洗いが必要なものは、お風呂に入るついでに、
浴室に持ち込んで、お湯で手洗いしてしまいましょう。

汚れものの手洗いは、後回しにしがちなので、
日に日に汚れが落としにくくなります。
お風呂ついでに当日中にパパッと手洗いすることで、
汚れが落としやすく時短になります。

あかね
あかね
上記でもご紹介しましたが、ジェルボール洗剤を使うのも時短になりますよ。

乾燥・収納時の時短ワザ

乾燥や収納時にもできる時短ワザはたくさんあります。

乾燥・収納時の時短ワザ
  • 服を干すときは間隔をあけて干す
  • 扇風機・エアコン・除湿器を活用する
  • 洗濯物の下に新聞紙を敷く
  • 洗濯を取り込みやすいピンチハンガーを使う
  • ハンガーにかけたまま収納する

 

・服を干すときは間隔をあけて干す
服を早く乾かすには、風通しがよくないといけないので、
服を干すときは拳1個分の間隔をあけて干しましょう。

・扇風機・エアコン・除湿器を活用する
部屋干しをする場合は、洗濯物が渇きにくいので、
扇風機・エアコン・除湿器のうちのどれか、もしくは全部を使うと、
洗濯物が速く乾きます。

エアコンを使用する場合はエアコンハンガーが便利ですよ。

エアコンハンガー

引用元:楽天市場

 

・洗濯物の下に新聞紙を敷く
吊下げた洗濯物の下に新聞紙を敷くと、新聞紙が吸湿してくれるので、
洗濯物を早く乾かすことができます。

・洗濯物を取り込みやすいピンチハンガーを使う
洗濯物を取り込みやすいピンチハンガーとは、
洗濯物を挟むところがローラーになっていて、
引っ張るだけですぐにはずれるというものです。

これがあれば、一つずつピンチを外す必要がなく、
洗濯物を一気に取り込むことができるので、時短になります。

ピンチハンガー 引っ張るだけ

引用元:楽天市場

 

ハンガーにかけたまま収納する
服をたたむのは、手間と時間がかかりますよね。
洗濯後にハンガーにかけて、そのハンガーのままクローゼットに入れてしまえば、
たたむのはタオルや下着、靴下だけなのでかなり時短になります。

洗濯とクローゼットの兼用が可能なハンガーもありますよ。

すべらないハンガー

引用元:楽天市場

あかね
あかね
洗濯物の乾燥・取り込み・服をたたむ時間が短縮できればかなり時短になりますね!

衣類の選び方に関する時短ワザ

衣類を購入するときに選び方を工夫すると、洗濯を時短することができます。

衣類の選び方に関する時短ワザ
  • シワになりにくい素材の服を選ぶ
  • 靴下を全て同じ種類・色のもので揃えてしまう

 

・シワになりにくい素材の服を選ぶ
シワになりにくい素材の服を選ぶことで、アイロンがけを時短することができます。
シワになりにくい素材とは、ポリエステルやレーヨンなどです。

・靴下を全て同じ種類・色のもので揃えてしまう
洗濯物をたたむ時に、同じ靴下同士を探すのは地味に手間がかかりますよね。
片一方が行方不明になることもよくあります。

靴下を全て同じ種類・色にすることで、靴下を探す手間が省けて時短になります。
また、片一方が行方不明になってしまっても代用できるので、
捨てる必要が無くなりますよ。

あかね
あかね
靴下はうちでもよく無くなるので、試してみたい時短ワザです。

 

宅配クリーニングで時短

忙しい社会人は、洗濯に割く時間が限られているので、
全ての洗濯物を自分で洗濯するのは、辛くなるときがあると思います。

デリケートな衣類や、アイロンがけが必要な衣類など手間と時間のかかるものは、
宅配クリーニングに依頼してみてはいかがでしょうか。

一人暮らしの宅配クリーニングならリネットがおすすめですよ。

引用元:リネット

リネットなら24時間受付、自宅にいながら注文・配送・受取が可能なので、
忙しい社会人にピッタリです。

衣類1点から注文が可能ですが、
まとめて注文した方が送料が無料になってお得ですよ。
リネットのプレミアム会員(月額390円)なら2,400円以上の利用で送料が無料になります。

引用元:リネット

宅配クリーニングだと、
自分で洗濯をするよりもプロの手で確実にキレイになりますし、
アイロンがけの手間も無くなりますよ。

宅配クリーニングに依頼すると、
衣類がキレイになるだけでなく、洗濯を時短できるので、
自分のフリータイムが増えるのが嬉しいですよね。

あかね
あかね
リネットは最短2日で仕上げてくれるので、急いでキレイにしたい衣類にも対応できますよ。

こちらの記事で宅配クリーニング各社の比較をしていますので、参考にしてください。

まとめ

今回は、一人暮らしの人の洗濯内容と洗濯の時短ワザについてご紹介しましたが、
いかがでしたか。

今回の記事のおさらい
  • 一人暮らしの洗濯頻度は週2~3回が多数派
  • 洗濯洗剤は液体・粉末・ジェルボールの3タイプがあり、
    人それぞれの好みに合わせて選んでいる
  • 一人暮らしの洗濯の乾かし方は部屋干しが多数派
  • 自宅で洗濯する時は工夫して洗濯を時短する
  • 自宅で洗濯しづらいものは、宅配クリーニングに依頼すると時短になる

 

一人暮らしの洗濯方法は十人十色で、
皆さんそれぞれこだわりや自分が楽になる方法を見つけて洗濯をしています。

もし今回の記事であなたがに合った洗濯方法や、
自分が楽に洗濯できそうな時短方法があれば、
是非試してみてください。

そして自宅での洗濯が難しい衣類があれば、
迷わず宅配クリーニングを利用してみてください。

忙しい毎日の中で、もし洗濯時間を短縮することができれば、
自分のフリータイムを増やすことができますね。

フリータイムを増やせば、リラックスしたり、趣味を楽しむ時間が増えるので、
日々のストレスが軽減されて、
仕事やプライベートのモチベーションが上がること間違いなしですよ。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です