一人暮らしで入院中の洗濯はどうしよう?そんな問題を解決します!

こんにちはあかねです。

一人暮らしで急な入院は不安がつきものです。

急な入院で誰も頼ることができない状態で、洗濯に困った経験があった人もいるのではないでしょうか。

そして、今後そのような状況に合う人もいるかもしれません。

わたしは実際、学生の時に入院をしたことがありまが、

その時は一人暮らしで、両親も遠方にいたのでどうしようかと、悩んだのを思い出します。

友人が助けてくれたりもしたのですが、洗濯はなかなか頼れるものではありません。

そんな時に、病院のさまざまなサービスを利用することで洗濯問題が解決でき
窮屈な入院生活でも、快適に生活できるようになります。

わたしが利用したもの以外にも病院によっては、さまざまなサービスがあるのでそちらも紹介していきますね。

【解決方法】

  • 家族に洗濯物を頼む
  • 友人など親しい人に洗ってもらうよう頼む
  • 病院にあるサービスを利用する
  • 高齢者は国で社会福祉協会サービスといったものを実施しているので利用する

 

家族や友人に頼めるようならいいのですが、
全員が頼める状況にいるわけではありません。

今回はそのような方に、どういったサービスがあるのか見ていきましょう。

 

 




一人暮らしでも安心して利用できるサービスとは?

一人暮らしの入院で困ることさまざまあるかもしれませんが、
その中でも洗濯は不安要素の一つです。

誰も頼ることができなければ、自分でどうにかしなければなりません。

さて、どのような解決方法があるのでしょうか。

病院でのレンタルを利用する

病院によってはレンタルセットと言って、パジャマ(浴衣)、ハーフパンツ、肌着、タオルを貸してくれるところがあります。

ポイント
  • 部屋着は病院側で洗濯をしてくれるので、私物の洗濯は少なく手間が省ける
  • 洗濯する料金は掛からないので安心して利用できる

 

一泊二日の入院なら衣類は下着のみでも大丈夫です。
一週間の入院となってもレンタルした部屋着やタオルなどは、
回収して洗濯してくれるので、その他は自分が必要なものを持っていけば
快適に入院生活が送れると思います。

 

しかし、便利な反面注意も必要です

注意点
  • 病院によってはレンタル料金が発生するところがある
  • サイズが決まっているので自分にあったサイズがない場合もある
  • 好みのデザインは選べない
  • 病院では大量の着衣を扱っているので、すぐ乾くポリエステル素材を多く使っている病院が多いです。そのため吸湿性が低く、着心地が悪く感じる場合がある

病院の部屋着は便利ですが、苦手な人もいますね。

あかね
あかね
短い入院ならレンタルできるものは利用した方が手間が省けるので楽ちんかもしれないですね。

院内コインランドリー

院内にコインランドリーが各病棟に備えてある病院もあります。

https://twitter.com/bwpi0iosrbgiuis/status/1292368192350781440?s=21

 

院内にコインランドリーがあると、とても便利ですね。
外に出る必要もないし、長い距離を歩かなくていいのでとても助かります。

注意点
  • 院内コインランドリーは小さい病院だと、ない可能性のが高いので入院前に有無を確認する
  • 外のコインランドリーと同様に有料での使用
  • 数が少ないのですぐに洗濯ができるとは限らない
あかね
あかね
入院する前にコインランドリーが備え付けてあるか確認するといいですね。私はこの院内コインランドリーがあるのを後から知って利用していました。とても便利で快適に生活ができました。

身の回りをサポートしてくれるプロのサービス

介護のプロにより、入院中お世話をしてくれるサービス業者もあります。

急な入院、頼れる人が近くにいない、
家族も忙しく全てを頼めることができない方などさまざま理由で利用することができます。

このようなサービスがあると入院生活に困ることなく
快適に送ることができます。

しかし洗濯のみの利用はないので、
買い物や留守宅の掃除などもプランに含まれてきます。

基本料金(1回1時間あたり。以降は延長料金となります)

定期プラン(週1回以上) スポットプラン
Sエリア 3,960円(うち消費税等360円) 6,490円(うち消費税等590円)
Aエリア 3,300円(うち消費税等300円) 5,830円(うち消費税等530円)
Bエリア 2,860円(うち消費税等260円) 5,500円(うち消費税等500円)

延長料金(30分毎)※全プラン統一

Sエリア 1,870円(うち消費税等170円)
Aエリア 1,650円(うち消費税等150円)
Bエリア 1,320円(うち消費税等120円)

引用:ニチイ Nichii Life

こちらが料金表になります。
注意点
  • プランでの利用になることが多いので、必要のないことも含まれている場合がある
  • まだ活発的にあるサービスではないので、地域によってはない場合もある
  • 料金が少し高い
あかね
あかね
さまざまなプランが含まれているので、きちんと調べることをおすすめします。

個別クリーニング

個人の衣類を洗濯からクリーニングまでおこなってくれるサービスです。

業者が洗濯物を回収して、個別クリーニングをし個別包装で届けてくれるサービスです。

他の人と混ざることがないので、
一緒にすることが苦手な方は安心して活用することができます。

注意点
  • 個別といっても施設単位での契約になるので、病院で対応していなければ活用することができない
  • 病院によっては毎日回収しているとは限らないので、返却が遅い場合がある。
  • 病院契約ですが、利用する場合は入院費用に含まれます
あかね
あかね
他の人と混ざる心配がないので、入院する病院にある場合は利用してみるのもいいかもしれないですね。

社会福祉協会サービス

社会福祉協会のサービスは、厚生労働省がおこなっている制度で、
65歳以上を対象に家事の援助をしてくれます。

デイサービスのようなもので、身寄りのない高齢者の方のお世話をしてくれます。

地域によってサービス内容も変わってくるので、
ご自身の地域や、両親が遠方にいる方などは調べておくといいです。

あかね
あかね
独り身の高齢者が増えてきているので、ありがたいサービスですね。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一人暮らしでの急な入院は、大変なことも多くなります。

その中でも洗濯は頭を悩ませます。

少しでも負担が減らせるように、
利用できるものは活用して快適な入院生活を送れるようにしましょう。

周りに頼れる人がいなかったり、すぐに対応できる状況にいない人は
事前に調べておいたり、用意できるものはしておくと
いざ入院するとなった時に慌てずに行動できると思います。

両親が遠方にいる方は両親と話し合っておくのもいいですね。

正直、看護婦さんは洗濯といったところまでお世話をしてくれるわけではありません。

病院によってサポート内容は違ってくると思いますが、
あくまでも看護婦さんは医師の診察や手術などの手助けをする人なので、
サポート内容が違ってきます。

一人でも対応できるように、
今回紹介したことが参考になれば幸いです。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です