洗濯機のドラム式と縦型の違いは?どっちがおすすめ?選び方もご紹介

こんにちは、あかねです。

洗濯機を選ぶ時に、ドラム式と縦型どっちがいいんだろうと悩んだことはありませんか?

最近はドラム式も縦型も見た目がおしゃれな洗濯機がたくさんあります。

肝心な性能や特徴の違いはなかなか比べるのが難しく、選ぶ時に悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。

見た目や値段の安さだけで選んでしまうと、使いづらかったり、使いたい機能がついていなくて後悔してしまう可能性もあるので選ぶ時にはそれぞれの特徴を理解していることが重要です。

一度購入すると簡単に他の物に買い替えるということはなかなかできません。

自分のライフスタイルに合う洗濯機を選んで、毎日の家事を快適にこなせたら嬉しいですね。

 




ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の特徴

私は縦型洗濯機に使い慣れてしまっているのですが、ドラム式洗濯機は漠然と見た目がおしゃれでいいなあと憧れています。

見た目はドラム式の方がスタイリッシュでおしゃれな気もしますが、大切なのはその違いを理解し自分にあった洗濯機を選ぶことですよね。

実際購入するときに悩んでしまう人も多いと思うので、ふたつの洗濯機の特徴についてご紹介していきます。

ドラム式洗濯機とは

ドラム式洗濯機の洗濯方法

ドラム式洗濯機の洗濯方法はドラムを回転させ衣類を持ち上げて落とす「たたき洗い」という方法で衣類を洗浄します。

さらに、ドラムを急速に反転させ小刻みに衣類を動かし「もみ洗い」をしたり、ドラムを高速回転させて「押し洗い」しながら洗浄し汚れを落としていきます。

「たたき洗い」「もみ洗い」「押し洗い」で洗濯するため洗濯物同士が絡まりずらく、衣類が傷みにくいのが特徴です。

画像引用サイト:Panasonic

ドラム式洗濯機の乾燥機能について

ドラム型洗濯機の大きな特徴は乾燥機能がついているところです。

ドラム型乾燥機の乾燥機能は2種類に分けられます。

  • ヒートポンプ式乾燥
  • ヒーター式乾燥

 

画像引用サイト:Joshin webストア

ヒートポンプ式乾燥は乾いた温風で衣類を乾かすのに対して、ヒーター式乾燥は電気の力で熱を発生させ衣類を乾かします。

ヒートポンプ式の方が短時間で電気代も安いというメリットがありますが、値段が高いというデメリットもあります。

洗濯から乾燥まで仕上げてくれる為、洗濯物を干すという作業が必要ないのは忙しい現代人にとって嬉しいポイントです。

ドラム式洗濯機の特徴や便利な機能

さらにドラム式洗濯機には下記のような特徴があります。

ドラム式洗濯機の特徴
  • 使う水が少ないので節水
  • 少ない水で洗う為、洗剤濃度が濃く皮脂汚れが良く落ちる
  • 乾燥機能がついている

 

さらにこんな便利な機能がついているものもあります。

  • 液体洗剤や柔軟剤を自動で投入してくれる
  • シワを伸ばしながら乾燥させ、アイロンの手間をはぶく
  • スマホアプリと連携して洗濯機の操作が可能
  • AIが汚れに応じて洗い方や洗濯時間を判断
  • プラズマクラスターで衣類や洗濯槽を除菌

 

このように洗濯から乾燥まで仕上げることで、家事の時短や効率化することができるのがドラム式洗濯機の特徴です。

あかね
あかね
最先端技術がたっぷりで驚き!入れるだけであとは洗濯機が全てやってくれるなんて嬉しい!

縦型洗濯機とは

縦型洗濯機の洗濯方法

縦型洗濯機は、洗濯機の底についている羽を回転させその水流で「もみ洗い」することにより衣類を洗濯します。

乾燥機能のついていない縦型洗濯機は「全自動洗濯機」とも呼ばれています。

画像引用サイト:Panasonic

縦型洗濯機はたっぷりの水で洗濯物同士を擦り合わせて洗うので洗浄力が高く汚れがしっかり落ちます。

縦型洗濯機の特徴や便利な機能

縦型洗濯機には以下のような特徴があります。

縦型洗濯機の特徴
  • 洗濯物同士を擦り合わせて洗うので泥などの汚れ落ちが良い
  • 洗濯槽を高速回転させその遠心力で洗うので洗剤液が繊維を通過ししっかり洗える

普通に洗濯するだけで、あまり便利な機能は無さそうだなと思っている人もいるかもしれません。

ですが、縦型洗濯機にも便利な機能がありますよ。

  • 専用ヒーター付きで温水洗浄が出来る
  • 洗濯洗剤・柔軟剤を自動で投入してくれる
  • AI機能付き
  • 洗濯槽に穴無しで黒カビ防止

 

あかね
あかね
私も縦型洗濯機をずっと使っています。使い慣れているとこれが普通だからデメリットは特に感じないです

 

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の違い

では、洗濯機のドラム式と縦型の違いを比べてみようと思います。

ふたつの洗濯機の大きな違いとして乾燥機能があるか、ないかが挙げられます。

そのほかにも様々な違いがあるので詳しく解説していきます。

ドラム式洗濯機 縦型洗濯機
値段 高い 安い
光熱費
洗浄力
節水性
容量
乾燥機能

 

あかね
あかね
これだけ見るとドラム式のほうがいいような…

値段

値段で比べてみると、縦型洗濯機の方が安いといえます。

縦型洗濯機は安いものだと、容量5.5キロで約20,000円ほどで購入できるものもあります。

価格ドットコムなどで見てみると、同じ容量10キロだと、縦型洗濯機は平均的に約100,000円~150,000円ほどで購入できるようです。

それに対してドラム式洗濯機は約200,000円~300,000円くらいのものが多かったです。

一人暮らしで毎日洗濯はしない。最低限洗えて、容量は小さくてもいい。
という人であれば縦型洗濯機はかなり安い値段で購入することが出来そうです。

あかね
あかね
家電ばかりにお金をかけられないので、出来るだけ安く購入できる方が嬉しいです。

光熱費

今は省エネに優れた洗濯機が多いので、洗濯のみで比べてみるとドラム式洗濯機でも縦型洗濯機でもあまり変わりはありません。

乾燥機能も使うと考えた場合は、断然ドラム式の方が安くなります。

ドラム式洗濯機

画像引用サイト:電気の比較インズウェブ

 

縦型洗濯機

画像引用サイト:電気の比較インズウェブ

乾燥機能を使う場合だとドラム式は基本的にヒートポンプタイプ乾燥なので1ヵ月540円、

縦型の場合ヒーター乾燥を1ヵ月使うと1500円、とドラム式の方が光熱費は安くなります。

あかね
あかね
光熱費もできれば節約したい。乾燥機能を使うならドラム式が良さそうです

洗浄力

縦型洗濯機は擦り洗い、ドラム式洗濯機はたたき洗いです。

その為、洗浄力は縦型洗濯機の方が高いといえます。

あかね
あかね
縦型洗濯機の方が泥汚れや頑固な強いようです!子供がいる家庭や外仕事で泥や土で汚れる人には洗浄力の高さも重要です

節水性

ドラム式洗濯機は少ない水を回転させて洗い、縦型洗濯機はたっぷりの水で洗います。

その為、節水性に関してはドラム式の方が節水効果は高いといえます。

あかね
あかね
洗う水量にも違いがあるとは知りませんでした。

容量

ドラム式洗濯機は最小で6kg、最大で12kgの洗濯容量の洗濯機があります。

縦型洗濯機は最小で4.5kg、最大で12kgの洗濯容量の洗濯機があります。

どちらも容量的には大容量で洗える洗濯機があるのは嬉しいですよね。

ただ実際設置する場合のサイズはドラム式の方が大きいので、広いスペースが必要です。

容量だけでなく、実際のサイズや設置するスペースも考えながら選ぶことが大切です。

あかね
あかね
容量で見るとどちらを選んでも変わりはなさそう!あとはスペースがどれくらいあるかが問題。

乾燥機能

乾燥機能は断然ドラム式洗濯機が使いやすいです。

縦型洗濯機にも乾燥機能がついたものがありますが、基本的には洗濯がメインと考えて作られているので光熱費が高くなってしまったり、完全に乾ききらないこともあるので注意が必要です。

あかね
あかね
乾燥といえばドラム式洗濯機!

乾燥機能を使うと衣類が縮むことも

乾燥機能は便利ですが、衣類が縮んでしまうこともあります。

「安い衣類は縮みやすい」「それなりの値段をだして買ったもののほうが縮みにくい」

という声もあり、縮むと分かっているから少し大きめのサイズを購入する人もいるようです。

大切な衣類や失敗したくないもの、乾燥機の使用不可の洗濯表示がついているものは利用を控えたほうが良いでしょう。

また、大切な衣類などはクリーニングのプロにお願いすると安心して綺麗を保つことが出来ますよ。

宅配クリーニングであれば品質の高いクリーニング店を全国どこからでも利用することができるので安心です。

こちらの記事も参考にしてみてください。

 

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機のメリット・デメリット

それぞれの洗濯機を選ぶにあたり、メリット・デメリットをまとめたのでご紹介します。

ドラム式洗濯機のメリット・デメリット

ドラム式洗濯機は洗濯から乾燥まで一気に出来て、光熱費も安くデザインもおしゃれなので一見デメリットはなさそうに見えますよね。

逆に乾燥が出来る以外にもメリットはたくさんあるのでチェックしてみてください。

ドラム式洗濯機のメリット
  • 洗濯から乾燥までしてくれるので時間に余裕ができる
  • 花粉やほこりなどで外に干せない場合や雨などの天候に左右されない
  • すぐ乾いてほしい時に助かる
  • 布団や毛布も乾燥できる

 

ドラム式洗濯機のデメリット
  • たたき洗いで繊維がつぶれるので乾燥機能を使わず干すとゴワゴワになる場合がある
  • フィルター類を使用したら毎回お手入れする必要がある。
  • 衣類が縮んだり、シワができてしまったりする
  • 壊れやすい

ドラム式洗濯機は乾燥機能を利用するとフィルターにほこりなどがたまってしまいます。

そのままにしてしまうと乾燥機能が正常に使えなかったりするので、こまめなお手入れが必要です。

ですが、数分で終わるので慣れてしまえば特に苦ではなさそうです。

また、ドラム式は部品が多い為壊れやすいともいえるようです。

ドラム式洗濯機が壊れやすいかについて詳しく書いた記事もありますので参考にしてみてください。

あかね
あかね
私は洗濯機をまわしてそのまま寝落ちして翌日シワシワ…なんか臭う…ということがあって洗濯しなおしたりしたので乾燥機能があったら嬉しい。

縦型洗濯機のメリット・デメリット

昔からある縦型洗濯機ならではのメリットはたくさんあります。

また、ドラム式が出てきたから、縦型洗濯機なんて古いということはありません。

縦型洗濯機にも最新技術で便利な機能がたくさんついているのでぜひ参考にしてみてください。

縦型洗濯機のメリット
  • 洗浄力が高い。温水洗浄機能があるものだとさらに汚れが落ちる
  • 置き場所をとらないのでアパートや賃貸にも設置しやすい
  • 値段が安い
  • メンテナンスが簡単

 

縦型洗濯機のデメリット
  • 洗濯物を干す手間がある
  • 洗濯物が取り出しづらい
  • 衣類が絡んで伸びてしまったり型崩れしてしまうことがある

 

あかね
あかね
洗濯機は洗濯するものなので、洗浄力の高さはとても大切なポイントです!

 

洗濯機を選ぶ時に大切な2つのチェックポイント

ドラム式か、縦型かを選ぶ前にも確認しておくべきことがあります。

洗濯機の容量をチェック

ドラム式洗濯機か縦型洗濯機か選ぶ際に、まず確認してほしいポイントは容量です。

画像引用サイト:Joshin webショップ

洗濯機の容量は「1.5kg(一人分)×人数」が良いといわれています。

大きければその分一度にたくさんの洗濯物を洗うことが出来ます。

家族の人数が多い場合や、汚れた洗濯物がたくさん出る家庭などは、容量が大きめの洗濯機を選ぶのがおすすめです。

あかね
あかね
自分の家庭では一日どのくらいの洗濯物がでるのか、どんなものを洗いたいのか知っておくことが必要!

設置場所や搬入経路広さをチェック

次に設置場所の広さです。

洗濯機を買っても搬入できず、使用したい場所に入らなければ使うことすら出来ません。

搬入経路は、直線の場合通路幅が洗濯機+6cm必要と言われています。
カーブなどがある場合はそれよりも広いスペースが必要です。

余裕をもって搬入できるように洗濯機の大きさに対して、搬入できるかどうかも考えておくようにしましょう。

また、設置する際にドラム式洗濯機の場合は扉が前に開くので、その分のスペースも確保しておくことが必要になります。

あかね
あかね
洗濯機のことばかりに目が行きがちですが、置く場所のことも忘れずに…

ドラム式洗濯機がおすすめなのはこんな人!

ドラム式洗濯機がおすすめな人は、「乾燥機能を使いたい人」です。

何度も説明したように、ドラム式洗濯機は乾燥機能がついているので洗濯を干すという手間が省けます。

また、このような人もドラム式洗濯機がおすすめです。

  • おしゃれなデザインの洗濯機を使いたい
  • 天候に左右されずに洗濯をしたい
  • 家事の効率化、時短をはかりたい

 

ドラム式洗濯機を使うことで余裕が出来、自分の時間を作ることが出来たという人が多いようです。

家族が多い方だけでなく一人暮らしの人にも、自分の時間を大切にできる時短家電としてドラム式洗濯機は人気です。

あかね
あかね
洗濯以外にもやるべきことはたくさんあるので、少しでも自由な時間が増えるのはありがたいです。

縦型洗濯機がおすすめなのはこんなひと!

縦型洗濯機がおすすめなひとは「乾燥機能は使わない洗浄力重視な人」です。

別に乾燥機能使わないよという人であれば、値段も安い縦型洗濯機がおすすめです。

縦型洗濯機にも高性能なものがたくさん出ています。
また洗濯機に一番大切な洗浄力は、縦型洗濯機が一番です。

このような人にも縦型洗濯機はおすすめです。

  • 外干ししたい
  • 毎日洗濯するわけではないので容量が小さくてもいい
  • 場所をとらずに設置したい

また、汚れ落ちがいいから縦型洗濯機がいいけど、乾燥もしたいなという人に人気なのは「縦型洗濯機×幹太くん」の組み合わせだそうです。

幹太くんはガス衣類乾燥機でスピード乾燥、除菌効果もあり、ふわふわに仕上がると人気なようです。

洗濯機とは別に設置場所が必要なのでそれを考えたうえで、検討してみるのもいいかもしれません。

あかね
あかね
今の縦型洗濯機っておしゃれで高性能なものがたくさんありますよ!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では、ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の特徴や違い、選び方をご説明させて頂きました。

ドラム式洗濯機と縦型洗濯機の5つの違い
  • 乾燥機能の有無
  • 洗濯方法(ドラム式はたたき洗い、縦型は擦り洗い)
  • 金額はドラム式の方が高く、縦型の方が安い
  • 節水・節電はドラム式が優れている
  • 洗浄力は縦型が優れている

洗濯はしない、というわけにはいかない家事ですよね。

自分に合った洗濯機を選ぶことで、家事の質や生活の質あがりますし綺麗な洗濯物のおかげで快適に生活できますよ。

ぜひ参考にして選んでみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です