コインランドリーは乾燥機だけ使えるの?乾く時間と料金の目安は?

こんにちはあかねです。

コインランドリーはどんな理由で利用していますか。

  • 洗濯機がない
  • 雨が続いて洗濯物が乾かない
  • 洗濯物が大きすぎて、自宅の洗濯機に入らない
  • 時間がなくて洗濯物をはやく乾かしたい

など利用する理由は様々です。

コインランドリーは洗濯する所なのですが、乾燥機能だけを求めてコインランドリーを利用する方も多いのではないでしょうか。

私も梅雨の時期には毎年、近くのコインランドリーにお世話になっています。

雨の中、コインランドリーに持って行くのは大変なのですが、生乾きが続くと雑菌も増え匂いも臭くなっていきます。

そんな日が毎日続くと、部屋の中まで臭くなり部屋のカビの原因にもなります。

毎日洗濯物の半乾きが続くと、気分も落ち込みます。

コインランドリーは乾燥機だけを利用することは出来るのですが、乾燥出来る物・出来ない物があります。

そもそもコインランドリーで洗濯が出来ない物もあるので、適当に洗濯したり乾燥すると生地が破れたり縮みの原因にもなるので、利用する前に確認が必要です。

コインランドリーで洗える物や乾燥出来る物は多くありますので、うまく利用してみて下さい。

洗濯物をスッキリ乾かして、衣類を清潔に保ちストレスのない毎日に出来るといいですね。




コインランドリーは乾燥機だけ使えるの?

コインランドリーは洗濯するところというイメージが多いかもしれませんが、乾燥機だけを利用しに来られている方も多いです。

ではどう言う理由で乾燥機を利用しているのでしょうか。

コインランドリーの乾燥機を使う理由
  • 雨が続いて乾かすことが出来ない
  • サイズが大きくて天日干しでは、中々乾かない
  • 高温で布団などのダニを死滅させたい
  • ホコリや花粉も落としたい
  • 洗濯漕が大きいので布団や大きい物でも型崩れしにくい
  • 時間がないので、はやく乾かしたい
  • コインランドリーで洗濯すると料金が高くつくので乾燥機だけ使いたい
あかね
あかね
コインランドリーはこの全てを解決してくれますね。有難いです。

コインランドリーは24時間営業の所も多いので忙しい人が利用しやすいのも大きなメリットです。

しかし、何でも乾燥出来る訳ではないので、乾燥出来る物・出来ない物を確認することがとても大切です。

 

コインランドリーで乾燥できる物・出来ない物

コインランドリーでは大きな物やたくさんの衣類などを一気に乾燥できる乾燥機がありますが、乾燥出来る物と出来ない物があります。

まずは、乾燥機が使える物なのか洗濯表示の確認が必要です。

タンブル乾燥

タンブル乾燥の新・洗濯表示

タンブル乾燥ができる(排気温度上限80℃)

タンブル乾燥の新・洗濯表示

低い温度でのタンブル乾燥ができる(排気温度上限60℃)

タンブル乾燥の新・洗濯表示

タンブル乾燥禁止

引用サイト:ディファッション

 

コインランドリーで乾燥出来る物

こたつ布団・羽毛布団

キルティング加工がしてあれば乾燥できます。
乾燥時間およそ30分~50分

毛布

アクリル毛布は乾燥できます。
乾燥時間およそ30分~50分

ダウンジャケット

ナイロンやポリエステルの生地なら乾燥出来ますが、レザーやウールの生地は出来ません。
乾燥時間およそ30分(乾燥機のかけすぎに注意

衣類・肌着

薄手の素材で熱に弱いのは避けた方いいです。
乾燥時間は量や衣類の厚さにもよるのですが、およそ20分~30分

カーペット

電気機能のついている物は乾燥出来ません。
乾燥時間およそ40分

マット(玄関・台所)

乾燥時間およそ20~30分

スニーカー

コインランドリーにはスニーカー専用の洗濯機で洗い脱水までしてくれます。
スニーカーは乾きにくいので、追加脱水をして乾燥機にいれると、乾燥が早くなります。
乾燥時間およそ20分

あかね
あかね
私は家でスニーカーを洗ってビショビショのまま乾燥だけコインランドリーでしたことあるのですが、すごく乾燥時間がかかりました。スニーカーも脱水が大事なんですね。

コインランドリーで乾燥出来ない物

カーテン

コインランドリーの乾燥機は熱が高いので生地を痛めてしまったり、縮みやシワが出来る場合もありますのでカーテンは軽く脱水をした後は、シワを伸ばし吊して乾かすのがベストです。

あかね
あかね
カーテンはあまり洗う機会がないので覚えておきたいですね。

乾燥出来るものと出来ない物の見分け方は理解出来たかと思うのですが、ここで大きな問題があります。

それはタンブル乾燥が出来ると表示されてる衣類などがあまりないのです。

あかね
あかね
これは困りましたね。しかし、タンブル乾燥不可の物を乾燥機にかけた人もいるようです。

あかね
あかね
タンブル乾燥禁止の物でも大丈夫な場合もあるんですね。でも買い直せないものなどはやめといた方が良さそうですね。

コインランドリーを利用するときの料金の相場

コインランドリーで洗濯して乾燥機を使うと料金が結構かかってきます。

家で洗濯をすると水道代と電気代で多くても30円ほどに比べて、コインランドリーでは洗濯1回につき300円から500円(5キロ~8キロの洗濯物)かかります。

1回や2回くらいなら料金が高くても気にならないのですが、マメにコインランドリーを利用する人は自宅で洗濯した方が経済的です。

洗濯機が家にあるなら、洗濯は家でして乾燥機だけ利用することをオススメします。

しかしコインランドリーで洗濯すると一度にたくさん洗えるのと、大きい洗濯機で洗うので綺麗に汚れを落としてくれるので、自宅での洗濯に比べて割高にはなりますが、メリットも大きいです。

洗濯にかかる料金

一人が1日に出す洗濯物の量はおよそ1.5キロと言われていて、一人暮らしの場合は4日で6キロほどの洗濯物がたまります。

コインランドリーの全国的な料金相場

5~10kg前後
300~500円前後

11~16kg前後
500~800円前後

17~24kg前後
1,000~1,200円前後

25~32kg前後
1,100~1,500円前後

引用サイト:オリーブ

毛布や羽毛布団1枚がおよそ10キロほどです。

乾燥にかかる料金

コインランドリーには小型乾燥機と大型乾燥機があります。

その違いはガスバーナーの大きさが違うので、早く乾かすことが出来ます。

乾燥するときの料金は、1回10分およそ100円ほどです。

乾燥のみを行う場合にかかる料金
14kg前後(およそ10分)100円

25kg前後(およそ7分)100円

乾きにくい素材のものや、洗濯物が多くある場合は大型乾燥機を使ったほうが料金が節約できる場合もあります。

早く乾かすポイント

大きな布団やラグを大型乾燥機で乾かす場合は、短い時間で乾燥させて途中で裏返すと更に乾きやすくなります。

乾燥してるタオルを一緒に入れて乾かすと、湿気を吸い取ってくれるので早く乾かすことが出来ます。

あかね
あかね
乾燥機をかけすぎると、生地を痛めてしまう場合もあるので目安にそって利用した方が良さそうですね。

 

コインランドリーの注意点

コインランドリーを利用する時に注意点がいくつかあります。

まずはコインランドリーで洗えない物・乾燥出来ない物を確認しておきましょう。

コインランドリーで洗えない物・乾燥出来ない物
  • 綿布団・羊毛布団
  • 座布団
  • クッション
  • ぬいぐるみ
  • ウール・シルク(デリケート素材のもの)

 

引用サイト:YouTube

コインランドリーの人が教える洗える物・洗えない物

洗ってはいけない理由

綿布団・羊毛布団・・固まって団子になり、乾燥しても離れなくなる。
ぬいぐるみ・・つなぎ目の縫製が弱いため破れたりして型崩れするリスクがある

洗剤の量

多く入れれば綺麗に洗えると思っている人が多いが、入れすぎると洗剤が落ちずらく、更にそのまま乾燥機に入れてしまうと、洗剤焼けをおこし黄ばみができてしまう。

洗濯機に入れてはいけない物

ビーズの柔軟剤
犬や猫の汚物がついた物
油汚れや血液が付着したいる物

間違った使い方をすると洗濯機の掃除が大変だったり、故障の原因になることもあります。

あかね
あかね
コインランドリーは自己責任と言われると、利用する前に確認することの大切さが伝わりますね。

大きい物は宅配クリーニングがオススメ

コインランドリーをどのような理由で利用しているのかアンケート調査があります。

コインランドリー利用場面
〔(直近1年間にコインランドリーを利用した方)あなたが、コインランドリーをどのようなときに利用しますか。(複数回答可)〕
コインランドリー

引用サイト:マイボイスコム

毛布やシーツ、カーテンなどの大きい物を洗う時に利用されていることが、断トツ多いですね。

布団もコインランドリーを利用できるのですが、『キルティング加工』してない物は洗濯も乾燥も出来ないので注意して下さい。

キルティング加工とは・・

キルティング加工は、生地と生地の間に中綿を挟み、ミシン縫いで刺し縫いをして膨らみを持たせ、直線や曲線など一定の周期で繰り返し模様を出します。

保温効果もあり、コートなどによく使われますね!

引用サイト:アパレルニュース

大きい物をコインランドリーで洗う時に大変なのがコインランドリーまで運ばなければいけないということです。

  • 車がない
  • 歩いてもって行ける距離にコインランドリーがない
  • 足腰が弱い

しかも、家族分だと更にかさばるり持ち運びにくくなります。
近くにコインランドリーがあっても、歩いて持っていくのは重くてとても大変です。

車がない人はタクシーやレンタカーをかりて、コインランドリーまで運んでいる人もいます。

クリーニングにだすよりはコインランドリーで洗えると料金もお得なのですが、結局運ぶ時に料金がかかる場合があります。

それに加えて、コインランドリーで布団を洗った時の失敗もよく聞きます。

あかね
あかね
綺麗にするはずが、使えなくなるなんて・・・悲しい。

そんな時にオススメなのが宅配クリーニング!

リネット

引用サイト:リネット

自宅までとりに来てくれて、自宅まで届けてくれるのでとても楽ちん。全国どこからでも利用出来ます。

他にもメリットはたくさんあります。

クリーニングに布団をだすメリット
  • 酵素の力でシミを分解して頑固な汚れを落としてくれます。
  • 抗菌・防臭効果をプラス
  • アトピーやアレルギーの原因にもなるダニやカビを洗い流す。
  • 中綿を柔らかくほぐし、フワフワに仕上げてくれます。

 

料金

対象:掛け布団・敷き布団・こたつ布団・肌掛け布団・寝袋

1枚 8,800円
2枚 11,800円
3枚 12,800円
4枚 14,800円

送料は無料(一部地域省く)です。

あかね
あかね
1枚だと高い気がするのですが、4枚注文すると、1枚3700円で洗って貰えるんですね。かなり安くなります。

まとめ

コインランドリーは乾燥機だけ利用することは出来ます。

コインランドリーの乾燥機を使うメリット
  • 多くの洗濯物を一度に早く乾かすことができる。
  • ダニや花粉、ホコリを除去できる。
  • 布団など大きい物でも型崩れすることなく乾かせる。
  • 24時間営業のところも多く、忙しい人でも利用しやすい。

 

コインランドリーを利用する前に確認すること

  • 水洗い可やタンブル乾燥が可能か洗濯表示の確認
  • コインランドリーで乾燥が出来る物・出来ない物の確認

コインランドリーを利用するときにかかる料金

洗濯
5キロ~10キロ・・・300円~500円

11キロ~16キロ・・・500円~800円

17キロ~24キロ・・・1,000円~1,200円

乾燥
14キロ(10分)・・・100円

25キロ(7キロ)・・・100円

 

コインランドリーの注意点

コインランドリーで洗えない物・乾燥出来ない物の確認しましょう。

コインランドリーの洗濯機を正しい使い方しないと、掃除が大変だったり故障の原因になるのでお店に張ってある表記を見ながら利用したほうが失敗も防げます。

大きい物や重い物は宅配クリーニングにお願いすると楽ちんです。

コインランドリーでは、落とせない汚れを綺麗さっぱり落としてくれて自宅にとりにきてくれるので、重いかさばる物を運ばなくてすみます。

大切な物をしっかり乾燥させ、生乾きのストレスをなくしていけたらいいですね。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です