ムートンブーツは洗濯できる?お手入れ方法とクリーニング店を大公開!

こんにちは、あかねです。

寒い季節に大活躍のムートンブーツ。
ふわふわした履き心地が気持ちよく、暖かくて脱ぎ履きしやすいだけでなく、
シルエットも可愛くて、カジュアルなファッションとの相性も良いですよね。

実は、ムートンブーツはブーツの中でも汚れやすく、
型崩れも目立ちやすいため、お手入れしていないのが丸わかりなんです

おしゃれだと思って履いていたのに「この人のムートンブーツ汚れやシミが目立つな…」
なんて思われてしまったらショックですよね。

ムートンブーツを綺麗に履き続けるためには、お手入れが大変重要になります

お手入れの方法は大きく分けて3つです。

  • 自宅で丸洗いする
  • こまめに日頃からお手入れをする
  • 専門のクリーニング店に出す

今回は、それぞれの方法について順番に詳しく紹介していきます。

お持ちのムートンブーツの素材や状態に応じて
適切なお手入れ方法を選びましょう。

ムートンブーツはご家庭で丸洗いすることもできますが、
素材によっては水洗いすることで縮んだり、型崩れしてしまう場合もあります
どうしても失敗したくない場合には、クリーニング店に頼むのが安心です

大切にお手入れをしてあげることで、
とっておきのムートンブーツを長く履いてあげることができますよ。

お気に入りのムートンブーツを綺麗にして、冬のおしゃれをより一層楽しみましょう。

 




ムートンブーツを洗う前に素材を確認しましょう

そもそもムートンブーツとは

ムートンブーツとは、ムートン(Mouton)=羊毛で作られたブーツのことです。
英国圏では、シープスキン(Sheepskin)ブーツとも呼ばれています。

内側は羊毛でもこもこに、外側は羊革をスウェード仕上げにしてあります。
中は毛皮で外は革、というイメージです。

「ムートンブーツ」と呼ばれるもの全てが羊毛で作られているわけではなく、
合成繊維でできた「フェイクムートン」もお手頃な価格で多数販売されています。

お手持ちのムートンブーツが「リアルムートン」なのか「フェイクムートン」なのかで
お手入れ方法が大きく変わってきます

「フェイクムートン」なら、問題なく自宅で丸洗いができますが
「リアルムートン」の場合、その取り扱いには十分な注意が必要となります

あかね
あかね
ムートンブーツを洗濯する際には、必ず素材を確認しましょう!

洗える素材と洗えない素材

ムートンブーツの洗濯表示や取扱説明書で素材を確認しましょう。

「フェイクファー」「フェイクレザー」と書かれていれば
アクリルやポリエステルなど合成繊維で作られているため、自宅で洗濯することができます。

「シープスキン」と書かれているものは、本物の羊毛・羊の革が使われているため、
取り扱いには十分な注意が必要になります。

フェイクムートン(洗える素材) リアルムートン(洗えない素材)
フェイクファー・フェイクレザー
(アクリル・ポリエステル)
ムートンファー・ムートンレザー
シープスキン

羊毛は水に濡れると縮みやすいため、洗濯によって型崩れが起きやすいです。
そのため基本的には水洗い不可ですので、大切なものや高価なものは
専門のクリーニング店にお願いするようにしましょう。

あかね
あかね
ウール100%のニットを普通に洗って縮ませてしまったことがあります。
同じことがムートンブーツでも起きてしまうかもしれないんですね・・・

実際にUGGのムートンブーツ(リアルムートン)を洗濯した方はどうなったのでしょうか。

あかね
あかね
やはり多少は縮んでしまうようです。
それでも大丈夫という方なら洗うこともできますが、
どうしても失敗したくないものは自宅での洗濯は避けた方が良いですね。

素材の表記がない場合

購入から時間の経ったムートンブーツでは、
取扱説明書などが残っていない場合もあると思います。

一般的に、数千円の価格帯のノーブランドのムートンブーツは
フェイクムートンであることが多いす。
UGGやEMUなど有名ブランドのムートンブーツは、リアルムートンです。

ブランド名が分かれば、ブランドの公式サイトから素材を調べることもできますよ。

あかね
あかね
安くてもリアルムートンの場合もあるようです!
それにしても4000円以下でリアルムートンは破格です…すごい!

 

ムートンブーツを自宅で丸洗いしてみましょう

早速ムートンブーツを洗っていきましょう。

フェイクムートンなら、季節の変わり目などに丸洗いがおすすめですよ。
リアルムートンも洗えなくはないですが、おすすめはできません。

完全に乾かすのに2~3日かかりますので、
着用の予定がない時に洗うようにしましょう

できるだけ早く乾かすために、洗濯のタイミングは
梅雨の時期など湿度の高い季節は避けたほうが良いです

用意するもの
  • 中性洗剤(おしゃれ着用洗剤)
  • ブーツ全体が入るサイズのバケツなど洗い桶
  • 食器洗い用のスポンジ
  • ブーツの中に入るサイズのタオル2枚 or バスタオル1枚(汚れても大丈夫なもの)
  • 新聞紙
あかね
あかね
今回は、専用のケア用品を使わずに
ご自宅にあるものでできる洗濯方法をご紹介いたします!

ムートンブーツの洗い方

手順

  1. 洗浄液を作る
  2. ブーツを洗う
  3. 柔軟剤につける
  4. すすぐ
  5. 脱水する
  6. 2~3日陰干しする

洗浄液を作る

バケツなど、ムートンブーツ全体が入る大きさの容器を用意します。
(ちょうどいい大きさのものがなければ、シンクや浴槽を使いましょう)

30℃以下のぬるま湯をムートンブーツがちょうど浸かる程度貯め、
中性洗剤を入れてよく溶かします

熱いお湯を使うと、生地を傷める原因になってしまいますのでご注意ください。

あかね
あかね
水温の高い夏に作業する場合は、常温の水で充分です!

洗剤の濃度が濃すぎると、色ムラの原因になってしまいますので
洗剤の量はボトルに記載されている既定の量を守りましょう。
また、洗浄液の濃度にもムラができないようにしましょう。

あかね
あかね
洗浄液はしっかり混ぜるのがポイントです!!

ムートンは天然素材ですので、ウールなどと同じようにおしゃれ着用洗剤を使用しましょう
弱アルカリ性・アルカリ性の洗浄力の強い洗剤を使用すると生地を傷めますので、
絶対に使用しないでください。

引用サイト:Amazon

ブーツを洗う

ムートンブーツを洗浄液に沈めます。
ゆっくり押し込み、丁寧に洗浄液を浸透させていきます。

汚れの気になる部分は、スポンジの柔らかい面を使って優しくなでるようにこすり洗いします。
力をこめてゴシゴシ洗うのは絶対にやめましょう

中のもこもこの部分は、手でシャンプーしてあげるように洗います。
ブーツの底の部分は、スポンジの硬い面を使って洗いましょう。

洗っているとブーツの染料が出てきて水に色が付きます。
手や洋服に付くと落ちにくいこともありますので、ご注意ください。

あかね
あかね
手を汚したくない場合は、手袋をつけて洗うと良いですね。

すすぐ

水を入れ替え、洗剤をすすぎます。
すすぎでもぬるま湯を使いましょう。

泡が完全になくなるまで、しっかりすすぎます
2~3回が目安です。

あかね
あかね
洗剤が残っていると、カビ・臭い・色ムラの原因になりますので
すすぎはしっかり行うのがポイントです!!

柔軟剤につける

この工程は省いても大丈夫ですが、
柔軟剤につけることで洗い上りがふんわりとしますよ。

洗剤をしっかりすすいだら、
新しい水に柔軟剤を適量入れてよく溶かします。

そこにムートンブーツを浸し、全体に柔軟剤が馴染んだら
取り出し、ある程度の水気を切ります。

脱水する

中にタオルを詰めて形を整え、洗濯機の脱水に3分かけます
どうしても洗濯機での脱水は型崩れのリスクがありますので、
心配な方は洗濯機は使わずにタオルで拭くだけにしましょう。

タオル脱水の場合、バスタオルで水気を拭き取っていきます。
濡れた状態では型崩れを起こしやすいので、
力を入れすぎないように優しく水分を拭き取ります

脱水が終わったら、乾かす前にタオルで拭いて毛並みを揃えてあげましょう
このひと手間で色ムラも防ぐことができますよ

あかね
あかね
この時、タオルに染料が色移りしてしまいますので、
汚れても良い使い古しのタオルを使うようにしましょう。

2~3日陰干しする

風通しの良い場所で陰干しにします。

この時、ブーツの内側に新聞紙を詰めておくと
型崩れを防ぐだけでなく、早く乾かすことができますよ
新聞紙はこまめに取り換えるようにしましょう。

下にも新聞紙を敷くことで、湿気を吸収してくれます。

直射日光に当てたり、ドライヤーや乾燥機で乾かしてしまうと
熱によって生地を傷めてしまうため絶対にやめましょう

扇風機やサーキュレーターなどの送風機は積極的に活用しましょう。
乾燥時間が短いほど、生地を良好な状態に保つことができますよ。

生乾きのまま収納したり、履いたりしてしまうと
悪臭やカビの原因になってしまいますので、
つま先までしっかり乾かしましょう

あかね
あかね
ムートンブーツを洗濯する時は、完全に乾燥させるために
必ず3日以上の時間の余裕を持ちましょう!

注意点

ムートンブーツの洗濯での失敗を避けるために、
注意点はしっかり守りましょう。

ムートンブーツを洗濯する際の注意点
  • 熱湯で洗わない
  • 濃度の高い洗剤をつけない(洗浄液はしっかり混ぜる)
  • ドライヤーや乾燥機などの高熱にさらさない
  • 乾燥させるときは風通しの良い日陰で(直射日光には当てない)

 

意外と簡単に洗えるムートンブーツ。実際に自宅で洗濯をしている方はとても多いです。

あかね
あかね
冬物を片付けるタイミングで洗濯をしておけば
次のシーズンを迎えた時に、気持ちよく履くことができますね!

あかね
あかね
少しのカビなら、水洗いすることでキレイにすることができるようです!

あかね
あかね
どうしても粗悪品や劣化したムートンでは洗濯の負荷に耐えられずに
ボロボロになってしまうこともあります。
失敗したくない時はクリーニングが原則です!!

 

長く愛用するためには日頃のお手入れが重要

リアルムートンでできたブーツを長く愛用するためには日頃のお手入れが必要不可欠です。
正しい方法で行わないと、逆に劣化させてしまうこともありますので、
正しいお手入れ方法を確認していきましょう。

防水スプレー

新しくムートンブーツを購入したら、まず最初に防水スプレーをかけましょう

雨などの水だけでなく、汚れからも守ってくれますよ

スプレーする際には、20㎝ほど離して満遍なく振りかけるようにしましょう。
一か所に集中してしまうとシミになる恐れがあります

コロニル ファッションブーツ(¥1682)

引用サイト:Amazon

あかね
あかね
こちらの商品は、ムートンブーツ専用の防水スプレーなのでおすすめです!

ブラッシング

ムートンブーツのお手入れの基本となるのがブラッシングです。
毛の流れに沿ってブラシをかけましょう。

履いたら毎回軽くブラッシングを行うのが理想です。

ブラシをかけるだけで、軽い汚れなら落とすことができます
毛並みを整えることで清潔感も増しますよ。

天然の馬毛ブラシがおすすめです。

コロニル 馬毛ブラシ(¥1470)

引用サイト:Amazon

馬毛ブラシは靴屋さんでも¥1000前後で簡単に購入することができますよ。
革靴のお手入れにも使えるものですので、一つ持っておくと便利ですね。

あかね
あかね
玄関のすぐ手に取りやすいことろに置いておいて、
帰宅後にササっと手入れする習慣をつけるのがおすすめです!

陰干し

ムートンブーツを履いた翌日には、日陰で休ませてあげるようにしましょう

冬でもブーツの中では汗をかいています。
湿気があるとカビや嫌な臭いの原因になるため、
できるだけ連続で着用することは避けましょう

長時間着用するなどして特に内側の汗が気になる場合には、
陰干しと併せてブーツの中に乾燥剤や新聞紙を入れる
湿気を吸い取ってくれますよ。

あかね
あかね
ムートンブーツって暖かいのは嬉しいけど、汗をかきやすいですよね。
その量は1日でなんとコップ1杯分とも言われています!

消臭スプレー

こまめに陰干しをしていても、どうしてもブーツの中の臭いが気になってしまう時もあります。

そんな時には、内側に消臭スプレーをかけましょう。
革にも使える除菌作用のある消臭スプレーを使用するとより効果的です。

スプレーをした後は、しっかりと乾かすようにしましょう
スプレーの水分が残っていると、カビや臭いの原因になってしまい、逆効果です。

天然除菌消臭スプレー森から・・・(¥1980)

引用サイト:楽天市場

こちらの商品は、天然成分100%でできていて
赤ちゃんやペットのいるご家庭でも安心してお使いいただけます。

靴だけでなく、カバンや新しい革の臭い消しにも使えますよ。
革についてしまったカビの臭いも消すことができる優れものです。

あかね
あかね
口コミの良さはピカイチですよ!

保管方法

ムートンブーツは主に寒い季節に活躍するアイテムですので
春から秋にかけて長期間の保管が必要になります。

保管方法によってはカビや劣化が起こってしまうこともありますので、
オフシーズンも油断は禁物です。

カビは「栄養」「温度」「湿度」の条件が揃うと簡単に発生してしまいます。
3つのポイントをおさえるようにしましょう。

あかね
あかね
3つのポイントを押さえればムートンブーツに限らず、
下駄箱全体のカビを防げますよ!

清潔を保つ

ブーツに付いたほこりや内側の汗はカビの栄養源となってしまいます。
長期保管する前には必ず清潔な状態にお手入れしてから収納しましょう

温度管理に気を付ける

カビは20~30℃発生しやすいため、梅雨から夏の季節にかけて特に注意が必要になります。
下駄箱の扉をたまに開けて、空気を入れ替えてあげるようにしましょう

湿気対策をする

湿度の高い環境がカビの大好物です。
ムートンブーツは必ずしっかり乾燥させてから収納しましょう
下駄箱に除湿剤を置くことで湿気を取り除くのも効果的です。

ムートンブーツを箱に入れて収納する場合には、中に乾燥剤を一緒に入れるようにしましょう。
ビニール製の袋は通気性が悪いため、袋に入れたままの保管は避けましょう。

あかね
あかね
長期保管する際には「清潔」「換気」「除湿」を徹底しましょう!!

 

ムートンブーツを取り扱っている宅配クリーニング店のご紹介

自宅でのクリーニングだけでは、どうしても限界があるのも事実です。
より長くムートンブーツを履き続けるためには、
定期的にプロにクリーニングをお願いするのがコツですよ。

あかね
あかね
丁寧にケアしていれば、お気に入りのムートンブーツを
10年以上履き続けることもできるんですね・・・!

では、ムートンブーツのクリーニングはどこにお願いするのが良いのでしょうか。

クリーニング店の他に、靴の修理店でもクリーニングを請け負っている場合があります。

もちろん近隣の店舗でムートンブーツの取り扱いがあるところに頼んでも良いのですが、
私がおすすめしたいのは、宅配クリーニングです

その理由は大きく3つあります。

  1. 申し込みから受け取りまで自宅で完結できてラク
  2. 24時間インターネットから申し込みができる
  3. 保管サービスがある
あかね
あかね
忙しい方におすすめなのはもちろん、宅配クリーニングの保管サービスは
保管方法に注意が必要なムートンブーツに特におすすめなんです!!

今回はムートンブーツのクリーニングに強い宅配クリーニング店を2つご紹介いたします。

くつリネット

まずは宅配クリーニング大手の「リネット」です。
洋服や布団の宅配クリーニングで有名ですが、靴のクリーニングにも力を入れています。

年間の実績はなんと35,000足以上。
熟練の職人と科学的に信頼できる洗剤でクリーニングしてもらうことができますよ。

引用サイト:靴クリーニングなら「くつリネット」【宅配無料】

主な料金やサービス内容は以下の通りです。

クリーニング内容 丸洗い・補色・起毛シミ取り・ブラッシング
(スタンダードコース)
基本料金(税抜) 1足:¥6,980
2足:¥12,960(1足あたり¥6480)
3足:¥17,940(1足あたり¥5980)
4足:¥19,920(1足あたり¥4980)
送料 4000円以上で無料
配送業者 ヤマト運輸(無料でダンボールを手配してもらうこともできます)
撥水加工 一足あたり+¥1000
保管サービス 一足あたり+¥1000(最大9カ月間)
納期 最短14日

丸洗いのみのライトコースも用意されています。
汚れがそこまで気にならない時にはコースを使い分けることで節約にもなりますね。

ライトコース(丸洗いのみ) 1足:¥3980
2足:¥6960(1足あたり¥3480)
3足:¥8940(1足あたり¥2980)
4足:¥9920(1足あたり¥2480)

また、くつリネットでは丸洗いできない靴に対しても、
1200円で拭き上げ保証のサービスを行っています。

独自の洗剤で汚れを拭き落とし、靴の中も拭き上げてもらうことができます。
仕上げに靴クリームを使った磨き上げもしてもらえますので、
できる限りのキレイな状態に戻してもらうことができますよ

現在、修理は行っていないようです。

あかね
あかね
大手の宅配クリーニング店ですので、安心感がありますね!

美靴パック

続いて、靴専門の宅配クリーニング「美靴パック」です。
宅配クリーニング10年の豊富な経験と充実した対応内容が売りです。

コスパを重視する方におすすめです。

引用サイト:美靴パック

主な料金やサービス内容は以下の通りです。

クリーニング内容 丸洗い
基本料金 2足:¥5500(一足あたり¥2750)
送料 無料(離島、沖縄、北海道を除く)
梱包材はダンボールやショッピングバッグなどを
自分で用意する必要がある
配送業者 佐川急便
最適仕上げ
(補色・シミ除去)
一足あたり+¥860
撥水加工 一足あたり+¥480
保管 一足あたり+¥600(最大7カ月間)
納期 最速で到着から5営業日での発送

基本のクリーニング内容は丸洗いのみですが、
汚れが気になる場合は最適仕上げを併用するのがおすすめです。

美靴パックの嬉しいところは、靴の修理も行っているところです。
他店で断られた修理でも、申し込みの際に相談することができます。(料金の記載はなし)

劣化によるダメージのひどい靴は受付してもらえないこともありますので、ご注意ください。

あかね
あかね
修理も受け付けているのはとても嬉しいですね!!

公式サイトに実際にムートンブーツをクリーニングされた方の口コミが載っていました。

引用サイト:美靴パック

あかね
あかね
この値段なら、買い換えるよりもクリーニングに出した方が安く抑えられますね!

2社の料金比較

くつリネット 美靴パック
丸洗いのみ 1足:¥3980
2足:¥6960(1足あたり¥3480)
3足:¥8940(1足あたり¥2980)
4足:¥9920(1足あたり¥2480
2足:¥5500(一足あたり¥2750
丸洗い+補色・シミ取り 1足:¥6,980
2足:¥12,960(1足あたり¥6480)
3足:¥17,940(1足あたり¥5980)
4足:¥19,920(1足あたり¥4980
一足あたり¥3610
保管サービス 一足あたり+¥1000(最大9カ月間) 一足あたり+¥600(最大7カ月間)
撥水加工 一足あたり+¥1000 一足あたり+¥480
あかね
あかね
全体的には美靴パックの方がお得ですが、
4足以上で丸洗いのみの場合はくつリネットの方が安いですね!

4足以上の靴を一度に丸洗いしてもらいたい時にはくつリネットがおすすめです。
また、保管期間が9カ月と長いのも嬉しいポイントですね。

クリーニング点数が少ない場合や
補色やシミ取り、撥水加工、修理までフルコースでお願いしたい時には
美靴パックの方が断然お得です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ムートンブーツの丸洗いの方法、日頃のお手入れの方法、
おすすめのクリーニング店を順番にご紹介させていただきました。

お手入れグッズでまず揃えたいのはこの3つです。

  • 防水スプレー
  • 馬毛ブラシ
  • 消臭スプレー

他にも着用した翌日には陰干しをしたり、保管方法に注意することで
カビや劣化を防ぐことができますよ。

ムートンブーツは1年に1回を目安に丸洗いをしましょう。
フェイクムートンの場合は自宅で手洗いができます
リアルムートンの場合はクリーニング店にお願いするのがおすすめです

クリーニング店の中でもおすすめなのは保管サービスもある宅配クリーニングです。
コスパを求めるのであれば「美靴パック」がおすすめです。

おしゃれは足元からとも言いますよね。
冬の定番、ムートンブーツがキレイなら寒い日のお出かけもとても楽しい物になるはずですよ。

お気に入りのムートンブーツを手に入れたら丁寧にお手入れをしてあげるようにしましょう。
大切にしてあげれば10年以上履き続けることも夢ではないですよ。

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です