靴を洗うブラシはどこに売ってるの?おすすめ靴ブラシも紹介!

こんにちは、あかねです。

皆さん、「靴を洗うブラシ」を使ったことがありますか。

洗濯機、コインランドリーでも靴は洗えますが、子供が泥んこにした靴や上履きはブラシでないと落ちないことがありますよね。

100均などの靴ブラシだと、いくら擦っても汚れが落ちない、細かいところに届かないなんてことありませんか。

それに、力を入れて擦っていると、手が疲れてきますよね。

100均以外で靴ブラシを手に入れることができる場所はホームセンターになります。ブラシの大きさや持ち手の形などさまざまです。

そこで今回は、靴ブラシを選ぶポイントとおすすめの靴ブラシを紹介します。

小さめのブラシを選ぶことと、持ち手に滑り止めがあるものを選ぶと手も疲れにくく、細かいところも洗えます。

また、電動靴ブラシという商品があるので、洗う時間を短縮させたいという方にはおすすめです。

使いやすい靴ブラシを選ぶことができれば、靴を洗うのが楽しくなりますよね。

 




靴を洗うブラシはどこで売ってるの?

靴を洗うブラシを探しに行っても見つからないということが多いようですね。

各店舗によって置いてあるコーナーが違うため、見つけにくいのかもしれません。

事前に靴ブラシが置いてある店を調べてみると、こちらの3つのお店に置いてあることが分かりました。
  • ホームセンター
  • スーパー
  • 100均

3つの店舗のどんなコーナーにどのくらいの種類の靴ブラシがあるのか、近くのお店に行ってみることにしました。

ホームセンター スーパー ダイソー
商品

画像左引用サイト:Amazon

画像右引用サイト:Amazon

引用サイト:ヨドバシカメラ

画像左引用サイト:ダイソー

画像右引用サイト:ダイソー

 

置いてあるコーナー 洗濯ネット、ハンガーがある場所 洗濯ネット、ハンガーがある場所 靴コーナー
種類 2~3種類 1種類 4~7種類

実際に行ってみないと、想像していた場所とは違うところにあり、かなり見つけるのに苦労しました。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

ホームセンター

実際に近くの「ホーマック」に行ってみました。探すこと10分、洗濯ネット、ハンガーが置いてあるところに4種類ありました。

もう一軒「コメリ」の方にも行ってみたんですが、自力で探しても見つけることができませんでした。後から電話で聞いてみると、2種類ほどあるということでした。

掃除用具や靴コーナーの場所にあるとばっかり思っていて、なかなか見つけることができませんでした。

また、こちらのような電動靴ブラシはホームセンターでないと置いてない商品ですよね。

あかね
あかね
電動靴ブラシ!靴を洗うのが面倒なときはいいですね。

スーパー

イオンも、洗濯ネット、ハンガーが置いてあるところに1種類だけ置いてありました。

食料品だけでなく、衣類や寝具なども入っている大型の店舗でないと置いてないかもしれません

ちなみに、イオンネットスーパーで調べてみましたが、靴ブラシ取り扱いがないようです。

イトーヨーカドーのネットスーパーは取り扱いがありました

100均

ダイソーとミーツの2店舗行ってみましたが、一番品揃えは良かったですね。

やっぱりたわし型のようなものが多く、ブラシの部分も硬そうでした。

一時的に使う分にはいいかもしれませんが、ホームセンターなどにあるようなしっかりしたブラシは1本あった方がよさそうです。

 

あかね
あかね
100均の靴ブラシは毛が抜けやすいんですね。

その他に靴ブラシを置いている店

ニトリ、東急ハンズにも置いてあります。ニトリ、東急ハンズはネットの注文もOKです。東急ハンズは、ネットで近くの店舗の在庫を見ることができます。また、店舗まで取りに行けば、取り寄せた商品であっても送料無料になります。

あかね
あかね
急いでなければ、ネットで探した方が種類も豊富で、自分に合ったものを選べそうです。

靴ブラシを選ぶポイントは?

ヘッドが小さいモノ

靴洗い用のブラシには、大きいたわし型のもの、小さいブラシのものがあります。お子様の上履きや、幼児用の靴を洗うには、ブラシが小さい方が洗いやすいです。また、小回りが利くので奥の方まで汚れをかきだすことができますね。

あかね
あかね
小さいブラシを使うと隅の方まで届き、子供と一緒に洗えるのでいいですよね。

持ちやすい

靴を洗っていると手が疲れてきますよね。握りやすく洗いやすいものを選ぶのも大事です。指ストッパーや、ラバーグリップ加工されているものもあるのでチェックしてみましょう。

汚れが落ちやすいナイロン・ポリエステル

ナイロン素材は弾力性があり、汚れがひどい靴に最適です。ゴシゴシ擦ると、その弾力性を活かして染み付いた泥汚れを落とします。

あかね
あかね
乾かすとは知りませんでした。今度試してみたいですね。

頑固な汚れにパーム繊維

パーム繊維は一般的な「たわし」に使われている素材です。毛質が硬いため、軽くこするだけでも汚れをかきだしてくれます

デリケートな生地に使用すると、傷つける可能性があるので、優しく擦りましょう。

あかね
あかね
昔ながらのたわしがやっぱりいいという方も多いようです。

靴の生地に優しい純天然素材

純天然素材とは、純植物繊維(コイアファイバー)などでできている素材で、靴の生地を傷めにくいのが特徴です。毛も抜けにくいので長持ちします。

おすすめ靴ブラシ

おすすめの靴ブラシを紹介します。ブラシの素材、汚れ落ち、持ちやすさの3つのポイントで比べてみました。

使いやすいブラシ

商品

引用サイト:Amazon

靴ブラシ Lウオッシュ フィットシューズブラシ 218円

引用サイト:楽天

 靴洗浄用ブラシ TKぐるぐる洗えるシューズブラシ・2色組820円

ブラシの素材 ポリプロピレン ナイロン
汚れ落ち
持ちやすさ
おすすめポイント
  • 大きいブラシと小さいブラシが付いている
  • 持ち手がグリップになっていて握りやすい。
  • 靴内部の見えにくいところも洗えます。
  • 持ち手の先が尖っているので靴の溝に入った石をかきだせます。
あかね
あかね
グリップ付きの靴ブラシなら、擦っても疲れにくそう。それにホームセンターには置いてある確率が高いです。

お子さんと一緒に洗える!子供の靴を洗うときにおすすめの靴ブラシ

商品  

引用サイト:楽天

マーナ(MARNA) わんぱくシューズブラシ  445円


引用サイト:楽天シューズブラシ バスボンくん 548円
ブラシの素材 ナイロン ポリプロピレン
汚れ落ち
持ちやすさ
おすすめポイント
  • 歯ブラシ型の形状で隅まで届いて汚れを落とします。
  • かわいいデザイン
  • 硬めのブラシでしっかり汚れをかきだす
  • 柄の部分がカーブになっているのでつま先まで届く
  • お子様の上履きにもぴったりフィット

あかね
あかね
かわいいデザインなのでお子さんも楽しく靴を洗えそうですね。

ゴシゴシ洗いたいときに大きめ靴ブラシ

商品

引用サイト:楽天

楽洗いダブルシューズブラシ あいせん工業 223円

引用サイト:Amazon

びっくりフレッシュ ピカピカシューズクリーナー 919円

素材 コイアファイバー・鋼線 ポリエステル
汚れ落ち
持ちやすさ
おすすめポイント
  • コイアファイバーを使っているので、生地を傷めず、軽い力で汚れを落とせます。
  • 持ち手の先に柔らかいブラシが付いています。
  • 柔らかい素材で靴の生地を傷めずに洗えます。極細繊維で汚れをかきだす。
  • 水撥ねしにくい

あかね
あかね
柔らかい毛質なのに汚れが落ちるんですね。試してみたいです。

時間がない!靴を洗うのが面倒

商品

引用サイト:Amazon

ソニックスクラバー電動シューズブラシ 2,480円

ブラシの素材 ナイロン
汚れ落ち
持ちやすさ
おすすめポイント
  • 力がいらない電動靴ブラシです。ヘッドが2種類靴底用と内側を洗う用があります。
  • 押し当て方を軽くすると汚れが落ちやすいです。

あかね
あかね
電動靴磨きは忙しい主婦の味方ですね!

おうちにあるもので靴を洗うなら歯ブラシで

靴ブラシを買いに行く時間がないという方は、歯ブラシを使っても靴を洗えるのでお試しください。

ブラシが小さいので、擦るのが大変ですが、細かいところまで届くのでおすすめです。さっそく靴の洗い方を見ていきましょう。

準備するもの

  • 重曹
  • 洗濯洗剤(液体)
  • 歯ブラシ
  • スニーカー(紐と中敷きは外しておく)

洗い方

  1. バケツや、洗面台に45℃のお湯をはります。
  2. 重曹と洗剤を入れて、靴を入れ1時間浸します。
  3. 汚れが落ちていないところは、重曹を少量のお湯でといて汚れている部分を歯ブラシでこすります。
  4. しっかりすすいで汚れてもいいタオルで脱水します。
  5. 風通しの良い場所で陰干しします。
あかね
あかね
歯ブラシはブラシが小さいので大変ですが、その分細かい部分を洗うには最適です。

 

まとめ

靴を洗うブラシはどこに売っているのか、またおすすめ靴ブラシについてみてきました。

靴ブラシが売っているところ

  • ホームセンター、スーパーの洗濯コーナー
  • 100均の靴コーナー

急いでないという方は、ネットで調べた方が種類も豊富で使いやすいものを選べるのでおすすめです。

靴ブラシを選ぶポイント
  • ブラシが小さめ
  • ナイロン素材が、生地を傷めにくく、汚れも落ちやすい
  • グリップ付き、滑り止め付きの持ち手を選ぶと疲れにくい

買いに行く時間がないという方は、重曹でつけ置きして、歯ブラシでこすると汚れが落ちやすいです。

自分にぴったりの靴ブラシを選んで、キレイな靴でお出かけしたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です