スーツにカビ?セルフケア紹介とクリーニングに出すときの注意点

こんにちは、あかねです。

久しぶりにスーツを着る機会があり、クローゼットからスーツを引っ張り出したらなんだかポツポツ模様が・・・。これはまさか・・・そうカビなんです。スーツにカビが生えるなんてびっくりですよね。

しかしスーツにカビが生えることは珍しくありません。

でも自分の身に着けるものにカビが生えてるって気持ちが悪いですよね。不衛生な印象になってしまうし、カビ臭くて最悪。そんなスーツで出かけるなんてもってのほかだけど、クリーニングに出す時間もないし新しいスーツを買う時間やお金もない。

なんとかしてそのスーツを着たいですよね。

大丈夫です。応急処置と適切な対処をしていけば、スーツを長持ちさせることができます。仕事や大事な場面での気持ちよくスーツを着れるようにしていきましょう。




スーツのカビのセルフケア

まずは一刻も早くカビを取りたいですよね。

それでは方法を2通りご紹介します。

簡単ですので是非試してみてください。

消毒用エタノールを使ったセルフケア

まずは1つ目の方法です。こちらは消毒用エタノールを使ったセルフケアになります。

【必要なもの】

  • ビニール手袋
  • 消毒用エタノール
  • 洋服ブラシ
  • 歯ブラシ
  • ドライヤー
方法①
  1. ビニール手袋を装着し洋服用ブラシでカビを落とします。
  2. 歯ブラシに消毒用エタノールをつけて軽く叩いてブラッシングをしていきます。(※消毒用エタノールは色落ちする可能性があるので内側など見えない部分でテストしてから行ってください)
  3. 最後にドライヤーで乾かします。

お湯でできるセルフケア

続いて2つ目の方法です。消毒用エタノールが手元にないという方や色落ちが心配な方にオススメです。

【必要なもの】

  • ビニール手袋
  • 30~40℃のお湯
  • 洋服ブラシ
  • タオル
  • ドライヤー
方法②
  1. ビニール手袋を装着し洋服ブラシでカビを落とします。
  2. 30~40℃のお湯にタオルを漬けしっかりと絞り、カビを叩いて落としていきます。(※あまり強く叩くとカビを繊維に押し込んでしまうので注意してください)
  3. カビが目立たなくなってきたらドライヤーで乾かします。

衣類のカビって?

そもそも衣類のカビって何者なのでしょうか。敵を倒すためにはまず敵を知ることが大事ですね。

【カビの種類】

カビには多くの種類がありますが、大きく分けると白カビと黒カビの2つになります。

白カビ:見た目が白っぽく応急処置で目立ちにくくなります。カビの根も深くないためクリーニングでも落ちやすいです。 しかしスーツなど濃い色の服ではよく目立ってしまいます。

黒カビ:黒カビは根が深く落とすのが困難です。こちらは淡い色の服ではよく目立ちます。

【ニオイ】

衣類にカビがつくと不快なニオイを発します。このニオイもクリーニングで取り切れない場合があります。

【生地へのダメージ】 

カビは繊維まで入り込み生地を痛めてしまいます。

【汚れ】

カビは衣類についた汚れやほこりに発生しやすいです。衣類が汚れたままクローゼットにしまうのはカビを寄せ付けているようなものです。

【カビの発生しやすい環境】

カビは湿度65%以上で発生します。また室温も高いと発生しやすくなります。

あかね
あかね
カビを発見したら早めの対処で撃退しましょう。

このようにカビはとても怖くて厄介なことがよくわかりますね。

 

クリーニングに出すときの注意点

先ほどご紹介した方法はあくまでも応急処置ですので、スーツの着る用事が済んだらすぐにクリーニングへ出しましょう。

応急処置をしてもカビは根を張っているのでクリーニングでしっかりきれいにしてもらいましょう。

注意点としては応急処置した部分が見た目には分かりづらくなっているため、クリーニングを出す際にはどの箇所にカビが発生していたのかを伝えておきましょう。

料金はカビがの範囲や発生してからの期間により変わりますが、

通常のクリーニング代+500円~が多いです。

 

スーツのカビを防ぐ

そもそもスーツにカビさえ生えなければこんなに慌てなくて済みますよね。

なるべく湿気を取り除き風通しの良い環境にしてスーツのカビをできるだけ発生させないようにしましょう。

スーツのカビを防ぐ方法
  • クローゼットの喚起をよくする
  • 除湿剤・除湿器を使う
  • スーツの汚れをそのままにしておかない
  • クリーニングのビニールカバーは外す
  • 濡れた、湿ったスーツはしっかり乾かしてからクローゼットへ入れる
  • クローゼットに服を入れすぎない

 宅配クリーニングの保管サービスを利用する

「スーツのカビを防ぐ方法は分かったけど、実際そんなにまめにやれるか不安だしめんどくさくなりそう。」

「大切な衣類だから、カビは絶対防ぎたい。」

そんな方には宅配クリーニングの保管サービスを利用するのがオススメです。

衣類をまとめて保管してもらえるので手間がなくスペースも空いて良いとこ尽くめですね。

オススメの宅配クリーニング店

ではオススメのクリーニング店をご紹介します。

①リビナス

引用サイト:リナビス

 

衣類保管サービス(クリーニングなし) 点数 期間 料金(税抜) 送料
最大20点 最長12ヶ月   4,500円 無料(北海道、沖縄、一部地域を除く)

衣類保管最長12ヶ月間と長く最大20点も預けられるてコスパもよくてオススメです。

ちなみにクリーニング+衣類保管のサービスもあります。

クリーニング+衣類保管 点数 期間 料金(税抜) 1点あたり(税抜) 送料
3点 最長12ヶ月 4,920円 1,640円 無料(北海道、沖縄、一部地域を除く)
5点 8,550円 1,710円
10点 1,1700円 1,170円
20点 1,9800円 990円

クリーニング+衣類保管も預ける枚数が多いほどお得になりますね。

リナビスの詳しい記事も是非読んでみてくださいね。

②リネット

続いてのオススメはリネットです。

こちらは預ける服が少なくてもお得な料金プランです。クリーニング+衣類保管のPREMIUM CLOAKの料金です。

クリーニング+衣類保管
点数 期間 料金(税抜) 1点当たり(税抜) 送料
5点 最大8ヶ月 7,800円 1,560円 無料
10点 1,1800円 1,180円
15点 1,7600円 1,173円※1

※1は小数点切り捨て

引用サイト:リネット

 

まとめ

いかかでしたか。大切なスーツだからこそ普段からしっかりとケアをしてカビを防ぐことが大事ですね。

スーツのカビ対処法
  • 急ぎであれば応急処置で対処する
  • カビの正体を知る
  • 応急処置後は速やかにクリーニングに出す
  • 普段からのセルフケアでカビを防ぐ
  • 宅配クリーニングの保管サービスを利用する

最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です