コインランドリーで布団とカバーを一緒に洗える?利用方法も解説!

こんにちは、あかねです。

コインランドリーで布団は洗ったことありますか。そもそも布団なんて洗えないと思っている方も多いのではないでしょうか。

洗濯していない布団は、ダニの発生を促し、汗、皮脂の汚れをため込んでいます

そのままにしておくと、かゆみの原因、アレルギーの発生にも繋がります。

でも布団は、自宅の洗濯機では洗濯は難しいし、かといってクリーニングはお金がかかる。そんな悩みもありますよね。

そんな時はコインランドリーを利用してみてください。

でも「コインランドリーってちょっとめんどくさそう」「何をどれくらい洗えばいいかわからない」のが利用しにくい点でもあります。

ですが、布団こそコインランドリーの利用をおすすめします。料金もそれほどかからず、2時間あればふかふかの布団に仕上がります。

これからご紹介するのは、コインランドリーで布団をはじめとする寝具類を洗う方法を解説していきます。実は、布団のみで洗うよりカバーや毛布なども一緒に入れた方がお得で汚れも落ちやすいんです。

コインランドリーの利用をする前に見ていただければ、きっと役に立つ情報になっています。

ふかふかの布団で寝ると本当に気持ちいですよね。きっと眠りの質もよくなるはずです。

 




布団と布団カバーは一緒に洗える?

布団には布団カバーが付きものです。せっかくコインランドリーで洗うなら、布団も布団カバーもどっちも一緒に洗いたいですよね。

実は、布団1枚で洗うよりも、布団カバーなどを入れた方が、お互いに擦れあって、汚れも落ちやすいんです

羽毛布団の洗濯となると、デリケートなものという意識があるので、それだけで洗いがちですが、コインランドリーでは羽毛布団の他に夏掛け布団、布団カバー、ジャケットなども一緒に入れてもOKなんです。

布団カバーのお洗濯について。

”カバーだけおうちで洗ってきました”というお客様がよくいらっしゃいます。

コインランドリーは、1点づつではなく、容量で値段が決まります。
布団類は大型の洗濯機や乾燥機を使いますのでカバーを一緒に洗っても値段は同じです。

毛布などは小さい洗濯機でもシングルで4枚程度入ります。
4枚も持っていないという方は、シーツ、タオルケット、枕カバーなどを洗っている方が多いです。

羽毛布団、毛布、その他普段の洗濯物も一緒に洗えます。

引用サイト:Facebook JabbaRing(ジャバリン)

あかね
あかね
羽毛布団の他に、毛布、衣類も一緒に洗えるとは、驚きです。

あかね
あかね
布団がふかふかになるとうれしいですよね。コインランドリーで羽毛布団が洗えるとは私も知りませんでした。

洗える布団と洗えない布団の種類

布団はなんでも洗えるというわけではありません。洗えるもの、洗えないものとでまとめてみました。このほかにも、敷布団、ベッドパッドなども洗えます。

布団の種類 洗濯
羽毛布団
化繊布団(ポリステル)
綿布団
羊毛布団
シルク、ウール
キルティングされてない布団

洗う前に洗濯表示をチェック

羽毛布団、ポリエステルの布団は、洗えるとしましたが、実は洗濯表示で、水洗いNG もしくは洗濯表示自体ついていない布団もあるのです。

特に羽毛布団の場合は、洗濯表示が付いていないものが多いようです。洗濯したいところですが、クリーニングに出した方が良いでしょう。クリーニング店であれば、洗濯表示がなくても最適な方法で洗ってくれます。

実際に布団の洗濯表示を見てみました

ポリエステルではありましたが、洗濯表示を見ると、洗濯できず、乾燥機も使えませんでした。ちょっと残念です。

もしこのような表示の場合は、クリーニングに出した方が良いですね。また、主な洗濯表示も載せてありますのでご自宅の布団の洗濯表示とてらし合わせてみて下さい。

あかね
あかね
布団がぺちゃんこになったらショックです。洗いたい気持ちはわかりますが、無理せずクリーニングを利用したほうが良いですね。

もし、布団の洗濯ができない、すぐにでもふかふかにしたいときは、布団乾燥機の使用をおすすめします。こちらも簡易的ではありますが、お手入れ方法の一つです。温かい布団で寝られるのも幸せですよね。

温かい空気が布団全体にいきわたるので、湿気が気になるときは自宅で簡単に乾燥させることができます。

引用サイト:Amazon

布団カバーは外す?それともつけたまま洗う?

布団カバーは外すのが面倒。できればそのまま洗いたいという方もいると思います。でも「布団の汚れを落とす」「ダニを退治する面でも」カバーは外して洗いましょう

布団カバーの外側には汚れが、内側にはダストが溜まっています。洗うときは、そのまま外を表にして洗います。乾燥機に入れるときは、内側を表にして洗います。角までひっくり返すのもポイントです。

あかね
あかね
カバーを外さず洗濯すると型崩れも起こってしまうようですね。

布団カバーの簡単なかけ方

布団カバー皆さんはどのようにかけていますか。布団カバーをかける作業、私は苦手です。紐をちぐはぐにかけてしまうことがあり、やり直しということがよくありました。でも、下に記載したように布団カバーをかけてみると、早くきれいにかけることができました。是非参考にしてみてください。

引用サイト:日の本寝具

あかね
あかね
布団カバーをかけるの意外と大変ですよね。誰からも教わることもないし、ほとんどの方が自己流なのではないでしょうか。

コインランドリーに持っていくもの

私が実際にコインランドリーを利用した際、準備不足で困った、時間がかかったという経験があります。子供のお迎えや、買い物の合間にコインランドリーを利用するときは時間との戦いです。しっかりと準備をすれば、安心して利用できます。さっそく持ち物から見ていきましょう。

コインランドリーに持っていくもの
  • お金(100円、500円があるとスムーズ)
  • 布団が入るサイズの袋、バック
  • 布団が入る洗濯ネット

※洗剤は必要ありませんほとんど自動投入のところが多いです。

お金

両替機もあるが、小銭(100円、500円)があるとスムーズです。便利なチャージ式カードもあります。

あかね
あかね
両替機のないコインランドリーもあるかもしれませんね。最新のところだと、電子マネーも使えます。

布団が入るサイズの袋、バック

布団を入れる袋ってあまりないですよね。私は以前コインランドリーを利用したときに、布団圧縮袋に布団を入れていったのですが、破れそうだし、持ち手はないし、大変でした。

調べてみるとこんなに便利なものがありました。

洗濯ネットになっていて、このまま洗濯機に入れられます。持ち手もあるので運びやすいですよね。

引用サイト:Amazon

洗濯ネット

基本、洗濯ネットなしでOKです。ただ、古い布団だと破れる可能性があります。万が一のことに備えて洗濯ネットに入れましょう。中綿が飛び出すと故障の原因になる可能性もあります。

 

コインランドリーで布団を洗う際のシュミレーション

コインランドリーにある主な洗濯機の種類

洗濯ものを入れる重さ別に洗濯機、乾燥機、大型乾燥機、全自動洗濯乾燥機の4つの種類があります。それぞれ見ていきましょう。

洗濯機、乾燥機、大型乾燥機(12㎏~27㎏~とさまざまな重さに対応)※重量は各店舗によって違います
メリット

洗濯だけしたい、乾燥だけしたい、費用を抑えたい方におすすめ。布団を洗うときはこちらの方が良いです。乾きも早く、偏りを防げるため。

大型乾燥機は布団の最終乾燥で使います。庫内が大きいので熱効率もよく短時間でしっかり乾かしてくれます。

デメリット

洗濯ものを移す作業がある

 

全自動洗濯乾燥機
メリット

一度スタートさせれば、洗濯から乾燥まで一気に仕上げる。時間がない方、洗濯ものを移す作業をしたくない方におすすめ。

デメリット

費用は別々のものより割高

寝具類重量目安

コインランドリー店舗内の洗濯機に重量目安が記載されていますが、ある程度把握しておくと、どのくらいもっていけばいいか分かります。また、洗濯機内に入れる量は表示重量の80~90%ぐらいが効率よく、きちんと洗える分量です。

あかね
あかね
コインランドリーって1回にどのくらい洗濯機に入れていいか、ちょっとわかりずらいですよね。

実際に布団を洗ってみましょう

実際にコインランドリーを利用する際にどの布団を、どの洗濯機で洗えばいいか、シュミレーションしてみましょう。コインランドリーの料金、重量、時間の目安をまとめてみました。

12kg~14kg 22kg~27kg
洗濯機(およそ30分) 500円~800円 1200円~1800円
乾燥機 7~8分/100円 5分~6分/100円
洗濯乾燥機(約60分) 800円~1200円 1200円~1800円
大型乾燥機 7~8分/100円 5~8分/100円

 

コインランドリーで布団を洗濯する手順
  1. 布団と布団カバーはそのままザっと入れます。押し込む感じで大丈夫です。
  2. 30分の料金を入れます。
  3. 乾燥機に移します。30分でセット。
  4. 布団を取り出します。テーブルに広げて粗熱をとります。この時、布団カバーは乾燥が完了しています。
  5. 布団の方はまだ完全に乾いていないと思います。さらに大きい乾燥機で30分乾燥させます。
  6. 布団を縦に3つ折りにします。両端を持って乾燥機の中に入れます。20分待ちます。
  7. 一旦取り出し、ひっくり返して先ほどと同様に折りたたみ、10分待ちます。取り出してみて中心部分がしっかり乾いていたらOKです。

12kgまで洗える洗濯機で洗えるもの

  • シングル羽毛布団1枚
  • 布団カバー1枚

料金目安:1300円

22kgまで洗える洗濯機で洗えるもの

【シングル羽毛布団1枚の場合】

  • シングル羽毛布団1枚
  • 布団カバー1枚
  • 夏掛け布団1枚
  • 敷きパッド1枚

料金目安:2200円

【ダブル羽毛布団1枚の場合】

  • ダブル羽毛布団1枚
  • 布団カバー1枚

料金目安:2200円

コインランドリーで、布団洗うときは、使う洗濯機で料金が決まります。羽毛布団1枚で洗うより、寝具類をまとめて洗った方が汚れも落ち、効率よく洗えます。ただ、詰め込みすぎには注意が必要です。

コインランドリーを利用するときの詳しい布団の洗濯方法が載っていますので是非ご覧になってください。

あかね
あかね
私もコインランドリーを利用したとき、手順のところで10分くらい立ち尽くしていたら、見かねたおじさんが、あれこれ教えてくれたのは感謝でした。

 

布団クリーニング大手クリーニングチェーン店3社

布団の洗濯表示が洗濯不可だったものや、洗濯表示が付いていないものは、クリーニングに出しましょう。

布団をクリーニングに出した時の大手クリーニングチェーン店料金目安をまとめてみました。料金は店舗によって変動します。布団は全てシングルサイズの料金です。すべて税別です。

白洋舎 ホワイト急便 うさちゃんクリーニング
羽毛布団 6,000円 4,400円 5,500円
綿布団 4,000円 3,300円 4,400円
化繊布団 4,000円 3,300円 4,400円
羊毛布団 3,300円 4,400円
4,400円
納期 3週間 3週間 明確な記載なし宅配の場合は1週間ほど

3社とも宅配クリーニングも実施しています。お得なパック料金もありますので、そちらもチェックしてみてください。

あかね
あかね
綿布団はコインランドリーでは難しいので、クリーニングの利用をおすすめします。

 

布団クリーニングできるおすすめ宅配クリーニング3社

引用サイト:Lenet

布団のクリーニングのデメリットは、持ち運びが大変、布団のクリーニングが可能な店舗を探すことですよね。

宅配クリーニングを利用すれば、その心配はいりません。おうちですべて完結します。忙しくて布団をクリーニングに出す時間がない、近くにクリーニング店がないという方にもおすすめです。

宅配クリーニングで布団もクリーニングできるおすすめ3社の料金、納期、送料をまとめてみました。

  1. しももとクリーニング
  2. ふとんリネット
  3. フレスコ

※すべて税別です。

しももとクリーニング ふとんリネット フレスコ
料金 羽毛布団丸洗い/オーガニック布団丸洗いコース

1点8,800円

3点13,800円

掛、敷、どの素材の布団でも

1点8,800円

3点12,800円

掛、敷、どの素材の布団でも

1点10,800円

3点14,850円

送料 送料無料 合計6,000円未満で3,000円 送料無料
納期 布団預り完了後1週間~2週間 布団預り完了後10日~ 布団預り完了後1~2週間

送料も無料なところも多く、複数枚で頼むと大手クリーニングチェーン店とほぼ変わりありません。おうちにいながら布団のクリーニングできる宅配クリーニングはかなりおすすめです。

あかね
あかね
布団の持ち運びもなく自宅で完結。料金もお手頃でぜひ利用してみたいです。

 

まとめ

コインランドリーで布団、布団カバーは洗濯できるかについてご紹介しました。

コインランドリーでは布団もカバーも一緒に洗った方が、お互いが擦れあって汚れも落ちやすいです。料金もその方がお得なのでおすすめです。

また、コインランドリーで布団を洗濯するときに一緒に入れられるものをまとめてみました。

12㎏の容量の洗濯機で

  • シングル羽毛布団
  • 布団カバー
  • 夏掛け布団
  • ジャケット

意外と入れても大丈夫なことがわかります。ぜひ試してみてください。

コインランドリーで利用できない布団は、宅配クリーニングがおすすめ。

しももとクリーニングは料金、実績ともにおすすめです。羽毛布団丸洗い3点コースの場合は1点4,600円です。まとめて布団を出したい、運ぶのが大変な方は利用をおすすめします。

一度も布団を洗濯したことがない、ぺちゃんこになるのが怖くてできない方、タグをチェックしてからコインランドリー利用してみてください。ふかふかになりますよ。

スッキリした布団なら、きっと熟睡できますよね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です