ポリエステル布団は洗濯可能?コインランドリーでの方法もご紹介!

こんにちは、あかねです。

みなさん布団のケアはどうしてますか。

布団をたまには干すけど、天気も選ぶし、仕事や用事があると干せなかったりする方も多いかと思います。

でもジメジメする布団てなんだか気持ち悪いですよね。

一度布団を洗ってスッキリしたい・・・。布団てそもそも洗えるのか、どうやって洗えばいいのかわからないし自宅で洗っていいのかどうかもわからない。などなど、わからないことがたくさんあるためなかなか行動に移せませんよね。

しかし布団は洗ったほうが良いです。

人間は季節問わず寝ているときにコップ1杯~2杯の汗をかいています。

そうすると布団の中に汗や皮脂が入り込んでしまいますよね。

ダニは湿った場所や人間の皮脂やフケ、ほこりや繊維が大好きなのです。

つまり布団はダニにとって最高の環境になるわけです。そんな布団に住み着いたダニたちと一緒に寝ていると思うだけで体が痒くなってきますよね。

また布団を干してるけど花粉や黄砂で咳やくしゃみがでるという方も多いのではないでしょうか。

これではよい睡眠を妨げるどころか健康にもよくありません。

でも大丈夫です。そんな不安を払拭するため今回はポリエステル布団の洗い方をご紹介します。

ポリエステル布団は洗濯しやすい布団なんです。

布団を洗うことによって天日干しでは得られなかったメリットがたくさんあるのです。

花粉などのアレルゲンを流すことができます。またダニも乾燥方法によりほぼ死滅することが可能になり、布団もふかふかになります。

自宅での方法やコインランドリー、クリーニングでの方法もご紹介しますのでぜひ最後までお付き合いください。

清潔な布団で良質な睡眠をとりましょう。

 




ポリエステル布団は洗濯できる?

ポリエルテルの特徴

ポリエステルは熱に強く速乾性があり、耐久性もあるのが特徴です。

そんなポリエステルを使った布団は洗うのに最適な素材といえるでしょう。

しかし全てのポリステル布団が洗えるわけではないのでご注意ください。

注意点:洗濯表示タグを確認する

まずは洗濯表示タグを確認しましょう。

←こちらの表示は家庭での洗濯禁止を意味しますのでご注意ください。

 

家庭での洗濯禁止とあった布団はクリーニングに出しましょう。

あかね
あかね
クリーニングに出せるかどうかは下記の表を確認してくださいね。

洗濯表示は2016年12月に新しい表示に変わりました。今まではドライクリーニングができるかできないかの表示でしたが、新しい表示は種類を分類されています。プラスでウェットクリーニングの表示も増えました。

商業用クリーニング処理記号:ドライクリーニング(600番台)
従来表示 新表示
番号 図柄 番号 図柄 意味
401 620 パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる(溶剤に2%の水添加)
621 パークロロエチレン及び石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
402 610 石油系溶剤によるドライクリーニグができる(溶剤に2%の水添加)
611 石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
403 600 ドライクリーニング禁止
商業用クリーニング処理記号:ウエットクリーニング(700番台)
従来表示 新表示
番号 図柄 番号 図柄 意味
710 ウエットクリーニングができる

※有機溶剤を使わずに、専門家による特殊な技術で行う水洗いのこと。

711 弱い操作のウエットクリーニングができる
712 非常に弱い操作のウエットクリーニングができる
700 ウエットクリーニング禁止

引用サイト:Panasonic

 

ポリエステル布団の洗濯方法は何通りある?洗う前の注意点!

ポリエステル100%布団の場合

それではポリエステル100%の洗濯方法はどのくらいあるのかまとめてみました。

注意点としては、キルティング加工がされていない布団は中身がズレてしまうので、キルティング加工がされているものは洗濯機やコインランドリーで洗うことは可能です。

コインランドリーで洗う場合、キルティング加工がされていないのであれば紐で縛るという方法もあります。

キルティング加工されていないポリエステル布団は自宅での洗濯は控えたほうがいいでしょう。

引用サイト:大型コインランドリーララ・ドリーム

布団を縛る縛らない、ポリエステル以外の布団が洗えるかどうかはこちらに詳しく載っていますのでチェックしてみてください。

洗濯方法 ポリエステル100%布団の洗濯
クリーニング
コインランドリー
洗濯機(自宅)
踏み洗い(自宅)

4通りもあります。自宅でもコインランドリーでもできるとはさすがポリエステル布団ですね。

あかね
あかね
自宅で洗濯ができるのは嬉しいですね。

 

ポリエステル+綿布団の場合

残念ですが綿が入っているので原則クリーニング以外は洗うことができません。

綿が入った布団が原則クリーニング以外で洗えない理由としては、洗うことによって綿が片寄ったり団子状態になってしまったり、固く縮んでしまったりするからです。

あかね
あかね
綿の入った布団をうっかり洗ってしまったら大変なことになりますね。

 

ポリエステル布団の自宅での洗い方・注意点

先ほどご紹介した通り、自宅での洗濯方法は2パターンありますので見ていきましょう。

また共通する注意点もあります。

ポリエステル布団を洗濯機で洗う方法

  1. キルティング加工がされているか確認する。
  2. 布団が洗濯機に入るか確認する。入ることを確認出来たら布団用の大きなネットに入れ、洗濯機へ入れる。
  3. おしゃれ着用の中性洗剤を入れる(洗剤の表記通り)
  4. 洗濯スタート
  5. 洗濯が終了したらが布団を干す(2本の竿で)
  6. しっかりと乾かす
あかね
あかね
洗濯機での方法は通常の洗濯とほとんど変わらなくて思いっていたよりも簡単ですね。

ポリエステル布団を踏み洗いする方法

  1. まずシャワーで汚れを取る
  2. 浴槽にぬるま湯を溜めておしゃれ着用の中性洗剤をいれる(洗剤の表記通り)
  3. 浴槽に布団を入れて全体を足で踏み洗いする。
  4. 汚れたぬるま湯を流し、再度きれいなぬるま湯を入れて足踏みしながらすすぐ(3回)
  5. 浴槽の淵に布団を掛けて脱水をする
  6. 可能な限り水が抜けたら布団を干す(2本の竿で)
  7. しっかりと乾かす
あかね
あかね
洗濯機に入らなかった布団は踏み洗いならできますね。

踏み洗いは重労働なので、布団さえ入れば洗濯機にお任せしたいですね。

洗濯機と踏み洗いの共通注意点

  • 天気予報を確認し3~4日晴れが続く日を選ぶ
  • 洗った布団はしっかりと乾かさないと雑菌が繁殖するため注意
  • 洗った布団を乾かすときは、竿を2本使い風通しを良くして干す

ポリエステル布団をコインランドリーで洗う方法

今度はポリエステル布団をコインランドリーで洗う方法をご紹介します。

コインランドリーでの乾燥する場合はタンブル乾燥が可能かどうか表示を確認しておきましょう。

  1. キルティング加工してあるか確認する。加工していなければ紐で縛る
  2. 洗濯機に布団を入れ洗う
  3. 洗濯が終了したら乾燥機へかける(1時間程)

布団がしっかり乾いていることを確認しましょう。

ダニは駆除できる?

ダニは50度以上、30分以上の乾燥で死滅すると言われています。

コインランドリーの乾燥機はほとんど50度以上のものです。

そのためダニをほぼ死滅することができます。

死滅させたダニは掃除機で除去しましょう。

あかね
あかね
せっかく洗うならダニも死滅させてスッキリしたいですよね

 

ポリエステル布団をクリーニングに出す

クリーニングに出すメリットとしては、プロにお任せできることですよね。

クーニングもまた大型乾燥機で布団を乾かすということなのでダニの駆除にはオススメです。

プロにお任せできることで、ダニの駆除だけでなくフケや垢を中綿からしっかり洗い流してもらえるので安心感もありますね。

気になる料金相場は4000円~6000円程です。

宅配クリーニングで出す

布団は重くて大きいため持ち込むのが大変なため宅配クリーニングを利用するのもオススメです。

あかね
あかね
料金は関連記事に詳しく載っていますのでチェックしてみてください。

それぞれのメリットデメリット

自宅、コインランドリー、クリーニングそれぞれのメリットデメリットをまとめてみました。

自宅で洗う場合

メリット
  • 費用がほとんどかからない
  • どれだけ汚れていたか水の色で確認できる
  • 洗濯機での方法は通常の洗濯機とほとんど変わらない
  • 自宅で完結する
  • 2通り方法がある
  • すぐに洗える

 

デメリット
  • 重労働のため疲れる
  • 時間がかかる
  • 布団が洗濯機に入らない場合がある
  • 干すときに天気に左右される
  • ダニ退治ができない

 

コインランドリーで洗う場合

メリット
  • ダニをほぼ完ぺきに死滅させられる
  • 乾燥機が使えるため乾くのが早い
  • クリーニングより費用が安く済む
  • 大きい布団も洗える

 

デメリット
  • コインランドリーまで持ち込み大変
  • 自宅で洗うより費用がかかる
  • 近くにコインランドリーがないと不便

 

 

クリーニングに出す場合

メリット
  • プロにお任せできるため安心
  • 宅配クリーニングを利用すれば重い布団をもっていかなくて済む
  • ダニをほぼ完ぺきに死滅させられる
  • しっかりと洗ってもらえる

 

デメリット
  • 費用がかかる
  • 店舗の場合持ち込みが大変
  • 店舗が近くにないと不便

 

 

あかね
あかね
布団てこんなに汚れてるんですね。こわい・・・。

正直面倒という方や、時間がないという方は宅配クリーニングにお任せして後は待つだけというのがオススメですね。また大事な布団なので、洗って失敗するのが怖いという方もやはりクリーニングが良いでしょう。

ダニを駆除するという点でもクリーニングかコインランドリーの乾燥機は使用したいですよね。

時間と費用の節約を考えると、家で洗ってコインランドリーで乾燥させるという方法も良いかと思います。

 

まとめ

  • 布団を洗うメリットはたくさんある
  • 洗濯前の注意点を必ず確認する
  • ポリエステル布団の洗える方法は4通りあ
  • ポリエステル布団は洗えるものが多いため費用や時間などを考慮して洗濯方法を決めれる
  • コインランドリーの乾燥機とクリーニングはダニ死滅に適している

布団を洗って健康的な毎日を送りましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です