靴下の泥汚れを簡単に落とす方法とは?洗濯前のケアが汚れ落としの要!

こんにちは、あかねです。

皆さん、靴下についた泥汚れが取れなくて困ったことはありませんか。

どろんこになって遊んだり、部活や運動をして泥がこびりついてしまったり
お子さんの靴下は特に汚れやすいですよね。

大人でもせっかくおしゃれな真っ白の靴下を履いた日に限って
雨が降ってぬかるんだ泥がついてしまいショック…なんてことも。

泥汚れは落としづらい汚れですが、正しい方法で洗えばかなりきれいに落とすことができるんです。

「はやく洗わなきゃ」とすぐに洗濯機に入れてしまうと、泥が落ちにくいシミになってしまうことも。

きれいになる泥汚れの落とし方がわかっていれば、学校や遊びに出かけるお子さんにも
「めいっぱい練習して(遊んで)おいで」と気持ちよく送り出すことができますよ。

 




靴下の泥汚れはどんな汚れ?

汚れには種類があり、それぞれ適した洗浄方法があります。

汚れに適した方法で洗うことできれいに汚れを落とすことができますよ。

汚れの種類

衣類に付着する汚れには主に3つの種類があります。

水溶性汚れ 汗、コーヒー、しょうゆ等
油溶性汚れ 皮脂、油脂、口紅、油分の多い食品等
不溶性汚れ 泥汚れ、ほこり、塵等

水溶性の汚れは水に溶けやすいため、家庭での洗濯やウェットクリーニングが適しています。
また、油溶性の汚れは油汚れ用の洗剤やドライクリーニングで落とすことができます。

泥汚れは不溶性の汚れで、水にも油にも溶けにくい汚れなんです。

そのため通常の洗濯機での水洗いでは十分に落としきることができない場合があります

あかね
あかね
泥汚れは一度ついてしまったら洗濯にかけても、落ちにくいイメージがありますよね。

靴下の汚れは、泥+汗や皮脂

靴下の汚れって、他の衣類の汚れに比べて落ちづらいと感じませんか。

足の裏は汗をかきやすく、踏みしめていることで繊維に汚れが入り込んでしまうから汚れやすいんです。

靴下の表面についた泥汚れは水に溶けない性質があるため、
水で洗い流したりこすったりしても落としきれなかったり落ちにくい汚れになってしまうこともあります。

そのため、まずは表面の泥をしっかりと落とす必要があります

表面の泥をしっかり落とした後に、汗や皮脂と混ざり合って繊維に入ってしまっている汚れを落としていきましょう

他の汚れと同様に時間が経つとどんどん落ちづらくなってしまうので、早めに対処するのが良いです。

 

靴下についた泥汚れの落とし方!すぐに洗濯機へ入れるのはNG

靴下の泥汚れをきれいに落とすポイントは洗濯機にかける前の前処理を行うことです。

この前処理は泥汚れ全般に有効なので、靴下以外にも服に部分的についてしまった泥汚れ等にも試してみてください。

【洗う前の下準備】乾燥させ表面の泥汚れを払い落とす

まずは洗う前の下準備として、泥だらけになった靴下の表面の泥汚れを落とします。

表面の泥汚れを落とすポイント
  1. しっかりと乾かす
    濡れた状態で繊維にくっついてしまっている泥汚れを落とすためにも、一度しっかりと乾かしましょう。
    ドライヤー等を使用すると手早く乾かすことができます。
  2. 乾いた泥汚れをよくはたきおとす
    玄関先など土が落ちても良い場所で、繊維にくっついている泥をよくはたきおとしましょう。
    洗濯用ブラシや歯ブラシ等を使用するとより細かな汚れも落としやすくなります

 

どろんこになった洗濯物を見たら急いで洗濯してしまわないといけないと思いますよね。
確かに泥汚れも他の汚れと同様に時間が経つほど落ちにくくなってしまいます。

ですが、泥汚れの場合は水に濡らさず、しっかりと乾燥させて表面の泥を払い落とすことが重要です。

泥だらけの靴下をいきなり水につけてしまうと、泥の粒子がさらに繊維の奥に入り込んでしまい落としづらくなってしまうんです。

【泥汚れの洗い方】固形石鹸でこすり洗いがポイント!

泥汚れには洗濯用固形石けんを使用すると効果的です。

泥汚れ落としに使用するもの
  • 洗濯用固形石けん
  • 重曹
  • アルカリ性の台所用洗剤
  • 歯ブラシ
  • ワイドハイター(酸素系漂白剤)
  1. 石鹸をお湯で濡らして、靴下にしっかりと擦り込む。
    固形石鹸をそのままこすりつけるのがポイント
  2. 重曹と台所用洗剤を1:1の割合で混ぜたものを塗り、歯ブラシでこする。
  3. ハイターと重曹を1:1で加えた40℃程度のぬるま湯に1時間付け置き。
  4. 洗濯機にいれて洗濯する。

固形石鹸をお湯につけてそのまま塗り込むことで泥汚れを落とすことができますよ。

この固形石鹸での洗いだけでもかなり泥の汚れを落とすことができますが、
まだ汚れが気になる場合はすすいだ後再度固形石鹸を擦り込み洗いを繰り返してみてください。

繰り返し洗うことで繊維内部の汚れをさらに落とすことができます。

 

手洗いする時間がない時は?一気にたくさん洗いたい時は?

毎週・毎日泥汚れの作業着やユニフォームを洗う必要がある場合や、
泥汚れの洗濯物がたくさんある場合は、毎回すべてを丁寧に手洗いするのは大変ですよね。

手洗いで丁寧に洗えばキレイになるのはわかっていても、そんな余裕がない時もあります…
それでもできるだけ汚れは落としたいですよね。

簡単に泥汚れを洗える泥汚れ用洗剤

そんな時は無理をしないで通常の洗濯よりグッと泥汚れを落としやすくなる便利な市販の洗剤を試してみませんか。

洗濯前に簡単プレケア

丁寧に手洗いするのは大変だけど、ささっと気になる泥汚れを落としたい時にはこちらの予洗いがおすすめです。

洗濯機に入れるその前に、汚れをかきだすことができるブラシ付きの洗剤を使用することで
簡単に汚れを落としやすく
なります。

洗濯前のプレケア用石けん・洗剤

アタック プロEX 石けん ケース付き


トップ ナノックス 部分洗い剤

一体型で手軽に使えるので、部分的にひどい泥汚れがついているときや靴下など
小面積のものに使いやすい
ですね。

また直接石けんを手に持つ必要がないので、手の乾燥や荒れを起こしづらいのは助かりますね。

あかね
あかね
簡単にできるのでお子さんに自分でゴシゴシ予洗いしてもらうのもいいかもしれませんね。

泥汚れを落としやすい洗濯洗剤を使う

泥汚れに特化した洗濯洗剤を使えば、たくさんの洗濯物も一気にじゃぶじゃぶ洗ってしまうことができますよ。

泥汚れ特化型の洗濯洗剤

バイオ濃厚洗剤 ポール

泥汚れ専用洗剤 レギュラー

たくさん泥汚れの洗濯物があるときは泥汚れ用の洗濯洗剤を使ってまとめて洗濯してしまいましょう。

汚れ落ちが特に気になるものだけ別に手洗いすれば、効率的にお洗濯できますよね。

あかね
あかね
洗濯洗剤を変えるだけでこんなに落ちるなら、少し高くても常備しておきたいかも。

 

まとめ

今回は靴下の泥汚れの落とし方を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

靴下の泥汚れの泥汚れを落とすためには、洗濯前のケアが重要です。

洗濯前の泥汚れ落としのポイント
  1. 濡れている場合はしっかりと乾燥させてから、ブラシなどを使って泥をよくはらう。
  2. 洗濯用固形石けんをお湯につけ、石けんを靴下にこすりつける
  3. 重曹と台所用洗剤を使って歯ブラシで擦り洗いをする。
  4. 重曹と酸素系漂白剤をぬるま湯にいれ、1時間浸け置きする。
  5. ①~④の後、洗濯機にいれ洗濯する。

 

泥汚れの落とし方は靴下以外のものでも行うことができますよ。
泥汚れが気になるものがあれば、洗濯表示を確認して試してみてくださいね

毎日たくさんの泥汚れを手洗いするのが大変という場合は無理はしないで、泥汚れ用洗濯洗剤もぜひ試してみてくださいね。

泥汚れは落とすのが大変ですが、めいっぱい頑張ったり楽しんだ証拠ですよね。

今回ご紹介した方法で簡単にストレス無く、キレイにして送り出してあげられるといいですね。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です