服についたチョコレートのシミは落とせる?時間が経ったものも大丈夫!

こんにちは、あかねです。

口の中に入れると甘くとろける美味しいチョコレート。

うっかり服に付いてしまうと茶色いチョコのシミはちょこっとでも
服の色やシミの場所によっては目立ってしまって恥ずかしいですし
それがお気に入りの服なら尚更悲しくて落ち込んでしまいますよね。

特に小さい子どもは口元や手についたチョコレートの汚れを服で拭いて広げてしまいがち。
チョコアイスの欠片を落として知らない間にシミになっていた、なんてこともありますよね。

すぐに洗えば落ちたかもしれないのに、時間がたって服の上でチョコレートが固まってしまった。
そんな経験がある方も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、時間がたったチョコレートのシミは頑固で
普段通りに洗濯や漂白しただけでは落としきれないことが多いです。

ですが、落ち込むのも諦めるのもまだ早いです。
実はご家庭にあるものを使うだけで簡単にほとんどのものは落とせるんです。
また、ここで紹介する方法は他の染み抜きにも応用が可能です。

チョコレートのシミの特徴をしっかり押さえ、正しい染み抜きの方法を知ることで
お気に入りの服を着てお子さんと一緒に安心してチョコレートも食べられるようになりましょう。

 




シミについて知っておいてほしいこと

シミの種類

シミを綺麗に落とすためには、シミをつけた原因を突き止め、その性質を知り、それに合った適切な染み抜き方法を選択することが何より大切になります。

シミの種類は大きく分けると「水性(水溶性)」「油性(脂溶性)」「不溶性」の3種類があります。チョコレートがどれに当たるか見ていきましょう。

水性 ジュース、醤油、コーヒー、ワインなど 水に溶けやすい性質をもつ
油性 料理用油、チョコレート、口紅、ファンデーションなど 油に溶けやすい性質をもつ
不溶性 泥、墨汁、サビなど 水にも油にも溶けない

このように、チョコレートは「油性」に分類されます。油性の汚れは水を弾いてしまうため、普通に洗濯しただけでは汚れが落ちにくいんです。

今回は、油性のシミの落とし方を紹介していきます。同じ「油性」に分類されるシミであれば同じ方法で染み抜きができますよ。

あかね
あかね
化粧品の汚れも落とせるなら、この機会に覚えておくと便利ですね!

でも、時間のたったシミの場合、何が原因でできたのか思い出せないこともありますよね。原因は分かっていても、どの種類のシミに分類されるのか判断が難しいこともあると思います。

そんな時に役立つ、油性のシミかどうかを見分ける簡単な方法をご紹介します。

シミの見分け方

シミの上に水を少し垂らします。たったこれだけです。

水性のシミの場合、水に溶けやすい性質のためシミがにじんで少し広がります。

油性のシミの場合は水に溶けることはないため、にじみも広がりもがりもしません。

時間がたって完全に乾いた状態のシミは、水性であってもすぐににじまないこともあるので、水を垂らして少し時間を置いてから確認してみてください。

洗濯表記を確認

敵(シミ)の正体が分かったところで、一刻も早く倒してしまいたいですよね。でも、その前に忘れてはいけない大切なことがあります。

その服が家庭で洗濯することができるかどうかを確認しなくてはなりません。洋服のタグについている洗濯表記を必ず確認しましょう。

普段からご家庭で選択されていて問題のないお洋服なら問題はありませんが、おしゃれ着などでは染み抜きで生地が傷んでしまうこともあるので注意しましょう。

この表示がある場合家庭での洗濯はできません

潔くクリーニングに出しましょう

洗濯液の温度の上限は40度手洗いができます

記号の中の数字は洗濯液の温度の上限を表します
あかね
あかね
洗濯表記を守らないと大切な服を傷めてしまうこともあるので、必ず確認しましょう!

チョコレート(油性のシミ)の落とし方

ご家庭で簡単にできるチョコレート汚れの落とし方は、食器用洗剤を使った方法とクレンジングオイルを使った方法の2つがあります。使う場面や使い方が異なりますので、それぞれについて詳しく説明していきますね。

お湯と食器用洗剤を使う方法

まずは、汚れがついてすぐの時少量のシミに効果的な方法をご紹介します。

用意するもの

  • 40度くらいのお湯(少し熱めのお風呂くらいです)
  • 食器用洗剤
  • 歯ブラシ、洗濯ブラシなど
手順
  1. まだ服についたチョコレートが乾ききっていない場合は、汚れが広がらないようにティッシュ等で優しくつまみ取りましょう。この時、ゴシゴシ拭いてしまうと汚れが繊維の奥まで入り込んでしまうため注意してくいださい。
  2. バケツ等に40度くらいのお湯を張り、シミのある部分を浸します。
  3. お湯から取り出したら、食器用洗剤をシミに直接かけて優しく揉みます。汚れを押し出すようなイメージです。
  4. 歯ブラシ等で汚れを掻き出すイメージで擦ります。
  5. バケツ等に綺麗なお湯を張り直し、洗剤を落とします。お湯に濁りがなくなるまでしっかりとすすぎましょう。この時にまだ汚れが落ち切っていない場合、手順の③④を繰り返しましょう。
  6. 洗濯機でいつも通りに洗濯をしたら染み抜き完了です。

 

お湯を使う理由

チョコレートを使ってお菓子を作るとき「湯せん」という言葉を聞いたたことはありませんか。お菓子なんて作らない、という方でも夏の暑い日や指の熱でチョコレートが溶けたことはあるのではないでしょうか。

チョコレートは28度を超えると溶け始めます。それを利用して、お湯に浸すことで服に付いて固まったチョコレートを落としやすいように柔らかくしていきます。

あまり熱すぎるお湯だと服を傷めてしまうことがありますので、ご注意ください。洗濯表記を必ず確認してくださいね。(洗濯液の上限温度が30度以下の場合は、上限を超えない温度のお湯を使用してください)

食器用洗剤でシミを落とせる理由

フライパンにべったり付いた油汚れを思い浮かべてください。

お湯で洗い流しただけでは完全に落とすことはできませんよね。食器用洗剤を使うことでスルッと油汚れを落とすことができます。同じ効果を服についた油汚れでも発揮してくれるんです。

 

この方法はテレビでも紹介されたことがあり、実際に試してキレイにシミが落ちた方も多くいるようです。

一度覚えてしまえば簡単な方法なので、ぜひ試してみてくださいね。

クレンジングオイルを使う方法

つぎに、時間がたった頑固な油汚れも落とせる方法をご紹介します。

まず食器用洗剤を使う方法を試してみて、それでも落としきれなかった場合に試してみてください。

用意するもの

  • 40度くらいのお湯
  • クレンジングオイル
手順
  1. 乾いた状態のシミにクレンジングオイルをたっぷりと垂らし、揉んだり押したりしてシミとよく馴染ませます。
  2. 5分ほど放置し、汚れを吸着させます。
  3. バケツ等にお湯を張り、クレンジングオイルを洗い流します。お湯に濁りがなくなるまでしっかりとすすぎましょう。
  4. 洗濯機でいつも通りの洗濯をして染み抜き完了です。

クレンジングオイルを使う理由と注意点

メイク落としとしてお馴染みのクレンジングオイル。お肌の上でメイクがクレンジングオイルに溶けていく感覚がありますよね。この性質を利用していきます。同じメイク落としでも、ジェルタイプやクリームタイプなどオイル以外のものはお使いいただけないのでご注意ください

また、クレンジングオイルは水と合わさることで洗浄力が落ちてしまいますので、必ずシミの部分が完全に乾いた状態で使用するようにしましょう。

 

この方法は食器用洗剤を使う方法より知名度は劣りますが、汚れを落とす力は確かなようです。

 

それでも落ちない時は

2つの方法を試してみてもどうしてもキレイに落ちないという時に、ベンジンを使うという方法があります。ですが、ベンジンの取り扱いには十分な注意が必要ですし、色落ちしたり、輪ジミが残ってしまうことがあるためあまりお勧めはできません。プロにお願いするのが一番確実でリスクも少ないです

それぞれについて詳しく説明していきますね。

ベンジン

ベンジンとは、ガソリンの一種で油を溶かす作用があるため機械洗浄や染み抜きに使われることで知られています。染み抜き用のものは、ドラッグストアやホームセンターで入手可能なようです。

可燃性があり揮発性の高い液体で、引火しやすいため取り扱いには十分な注意が必要になります。ベンジンを使って染み抜きをする際には必ず以下の注意点を守ってください。

ベンジンを使うときの注意点
  • 火は絶対に使わない(引火の危険があります)
  • 換気を徹底する
  • マスクをする
  • 色落ちしないかどうか、服の目立たないところで確認してから作業に入る

 

手順
  1. シミの部分に歯ブラシ等を使ってベンジンを塗り込みます。
  2. 優しく揉むようにして汚れを落としていきます。
  3. 汚れが落ちたら、ベンジンをつけた部分を水洗いします。
  4. 洗濯機で仕上げ洗いをして完了です。

ベンジンを使用した染み抜きはプロも使っている広く知られた方法ですが、慣れていないと失敗してしまうこともあるようです。

あかね
あかね
失敗のリスクや手間を考えると、ベンジンを買ってくるくらいならクリーニングにお願いしたほうが安心かもしれないですね

クリーニング

自宅で染み抜きをしてみてもキレイに落とせなかった時や自宅で洗えない服は、プロにお願いしましょう。

気になるのが染み抜きの料金かと思いますが、シミの状態や大きさによっては無料であったり、サービスの範囲で対応してくれる場合もあるようです。お店によって対応や料金が異なりますので、一度クリーニング店にシミのついた服を持っていき、シミの箇所を確認してもらった上で料金を見積もってもらうのが良いでしょう。

大手クリーニング店では染み抜き料金の相場は1000円を超えることが多いですが、実は宅配クリーニングでの染み抜きは無料オプションであることが多いんです。自宅に集荷、配送を行ってもらえる宅配クリーニングは店舗型と比べてとにかく楽できるのが嬉しいところ。

宅配クリーニングについて詳しく書いてありますので、気になる方はぜひこちらの記事もご覧ください。

まとめ

チョコレートのシミの落とし方はいかがでしたか。

いくつかご紹介した染み抜きの方法をまとめていきます。

チョコレートのシミを落とす方法
  1. お湯と食器用洗剤で落とす
  2. クレンジングオイルで落とす
  3. ベンジンで落とす(換気・マスク・引火と色落ちに注意)
  4. それでも落ちない時、大切な服を傷めたくない時はクリーニングにお願いする

この方法でほとんどのチョコレートのシミは落とすことができます。時間が経てば経つほど落としにくくなるので、できるだけ早く対処するようにしましょう。

もしチョコレートがべったりついてしまっても、諦めずに正しく対処すれば大丈夫ですよ。

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です