ワイシャツはクリーニング?お家で洗濯?最適なお手入れ方法を解説!

こんにちは、あかねです。

ワイシャツのお手入れはどうした方が良いのか迷うことがありませんか。

定期的にクリーニングに出した方がいいという話も聞いたことがありますし、自宅の洗濯で十分だという話も聞きます。

一体どっちが正解なの?と迷ってしまいますよね。

実はワイシャツの種類によってそれぞれ最適な方法があるんです。

ワイシャツにあったお手入れを行わないと、生地を傷めてしまって着られなくなってしまう可能性もあります。

今回はそんなワイシャツの種類とそれぞれの最適なお手入れ方法をご紹介します。

ワイシャツの種類とそのお手入れ方法を知ることで、
お気に入りのワイシャツをよりきれいな状態で長持ちさせることができます

また、自分の生活で行いやすいお手入れ方法から、適したワイシャツを選ぶこともできますよ。

日々のお手入れの負担が軽くなると嬉しいですよね。

 




ワイシャツの種類や素材を確認!

どのようなお手入れをしたらよいのかはワイシャツによっても異なります。

まずはワイシャツの種類や素材を確認しましょう。

家庭でのお手入れが最適なワイシャツは?

最近は安くてお手入れが簡単に作られているワイシャツがたくさん販売されていて、とても助かりますよね。

そんなお手入れが簡単なタイプのワイシャツは家庭でのお手入れが最適です。

家庭でのお手入れを前提に作られているため、逆に頻繁にクリーニングに出してしまうと生地が傷んでしまうこともあるんです。

お手持ちのワイシャツを確認してみてくださいね。

洗濯機や手洗いでの洗濯が可能か洗濯表示を確認する

洗濯したりクリーニングに出す前に、まず確認しておきたいのは洗濯表示です

ワイシャツ以外のお洋服でもよく見ることがありますよね。

洗濯表示 意味


洗濯機で洗濯ができる

(内部の数字が洗濯液の上限温度、
下線の多いほど弱い処理での操作が必要)

40℃を限度として手洗いができる
家庭での洗濯禁止

多くのワイシャツは洗濯機での洗濯ができますが、素材によって家庭での洗濯禁止の表示のあるものもあります
その場合は家庭での洗濯を避け、クリーニング店で相談するようにしましょう。

ワイシャツの骨組み!芯地の種類を確認する

ワイシャツには形態を保つための硬さやコシを持たせる「芯地」というものが生地の中に使われています。

【芯地が使われている箇所】エリ、そでのカフス部分、前立て部分

引用サイト:シャツメーカー フレックスジャパン株式会社

芯地の種類は主に3つありますが、国内で販売されているものの多くはトップヒューズ芯が使われています。

トップヒューズ芯とは?
表面の生地と芯地を接着樹脂で隙間なく接着しているもの。
型崩れしにくくい。高温に弱い
芯地と生地の間に隙間があるので、生地だけをつまむことができない

トップヒューズ芯のワイシャツは型崩れしにくく、日々のお手入れは家庭での洗濯が向いています。

日々の洗濯で落ちない汚れが気になるときやシーズン終わり等に、クリーニングに出すようにすると良いでしょう。

逆に、頻繁にクリーニングに出してしまったり高温のアイロンがけを行うと、
高温の処理によって縮みが起きてしまう可能性があるんです。

また洗濯後、高温の乾燥機にかけることでも縮んでしまうこともありますので注意してください。

すでに縮んでしまったシャツがある!という方はこちらも参考にしてみてくださいね。

形態安定加工やノンアイロンワイシャツ

最近はお手入れが簡単な形態安定加工の施されたワイシャツが多く販売されていますよね。

「イージーケア」や「ノンアイロンワイシャツ」といった名前もなじみがあるかもしれません。

形態安定は家庭でお手入れすることを想定し、家庭でのお手入れが簡単にできるように加工されているものです。
芯地もトップヒューズ芯が使われていますので、同様に家庭でのお手入れが最適です。

基本的に家庭での洗濯だけで、アイロンがけもほとんど不要です。

ノンアイロンワイシャツなのにシワになってしまったり、パリッとしなくて気になるという方は
ノンアイロンワイシャツの正しいお手入れ方法もご紹介するので確認してみてくださいね。

クリーニングでのお手入れが最適なワイシャツは?

多くのワイシャツの日常的なお手入れは家庭で行うことが向いていますが、
家庭でのお手入れが難しいワイシャツや家庭で落ちない汚れがある場合はクリーニングに出すのが最適です。

あかね
あかね
いつの間にかシミがついてしまったり、
時間が経って落ちなくなってしまった汚れが
ついてしまっていることありますよね…

家庭でお手入れできないものはプロにお任せ

洗濯表示で家庭での洗濯が不可の場合は、クリーニングに出すことで
プロの専門的な技術で生地を傷めることなくきれいにすることができますよ。

また高価なワイシャツにはフラシ芯や仮接着芯という芯地が使われている場合があります

フラシ芯・接着が取れた後の仮接着芯のワイシャツは高温でも縮みが発生しにくいのですが、
家庭できれいに仕上げるのが難しいのでクリーニングに向いているんです

フラシ芯とは?
芯地と生地を接着させていないもの。
自然な風合いで着心地が良い。高度な縫製技術が必要なため高価なものが多い。
芯地と生地の間に隙間があるので、生地だけをつまむことができる
家庭でのアイロンはシワになりやすく難しい。
仮接着芯とは?
表面の生地と芯地を水溶性の接着樹脂で張り付けたもの。
洗濯すると接着が取れ、フラシ芯と同様になるもの。

家庭での洗濯が禁止でもこちらのマークがある場合は、クリーニング店でドライクリーニングを行うことができます
クリーニング店で相談してみてくださいね。

※ドライクリーニングとは、専用の溶剤を使って洗浄する方法で水を使わないクリーニング方法です。

あかね
あかね
高価なワイシャツはプロに任せる方が安心ですよね。

お家で落ちない汚れはクリーニングで解決!

クローゼットにしまっていたワイシャツを久しぶりに出した時に、襟や袖に黄ばみがついてしまっていることってありませんか。

また普段着ているワイシャツもどうしてもお家で落とせない汚れがついてしまうことってありますよね。

そんな時もクリーニングに出してプロにお任せしましょう。

頑固なシミにはオプションで染み抜きをお願いすることもできますし、汚れの種類によって最善な方法できれいにしてくれますよ。

シミ抜きは無料で行ってくれるところもあれば、1か所500円~等クリーニング店によっても異なりますので確認してみてくださいね。

シーズン終わりに家庭で落としきれていない汚れをクリーニングでスッキリ落としておくのがおすすめです。

次にクローゼットから出して着る時もすぐにきれいな状態で着られて安心ですね。

 

クリーニングに出す時の注意点

フラシ芯や高価なワイシャツはもちろん、普段は家庭で洗濯している場合でも、
シーズンの終わりや気になる汚れがあるときはプロにお任せしてスッキリきれいにしてもらいたいですよね。

トップヒューズ芯のワイシャツは高温で処理を行わないよう伝える

ワイシャツのクリーニングは一般的に水洗いされることが多いです。
そのためドライクリーニングのみの洗濯表示になっているものはあらかじめクリーニング店へ伝えておくと安心ですね。

またトップヒューズ芯の使われている形態安定のワイシャツはクリーニングの仕上げの高温のプレスで縮みが発生してしまう可能性があります。

そのためアイロンは中温以下の温度で行ってもらうよう伝えるようにしましょう。

汚れ・シミなどでクリーニングに出す場合、「アイロンは中温」とお伝えください。シャツは生地と芯地の収縮率が違うため、濡れたまま高温アイロンを当てるとはげしく縮む場合があります。

引用サイト:スーツのAOKI

さらに手仕上げでお願いするのもおすすめです。

オプションになってしまうので約200~500円程度かかってしまいますが、
職人さんが手作業で確認しながら仕上げを行ってくれるので安心ですね。

まとめて出すなら宅配クリーニングがおすすめ!

すぐに必要な場合は即日仕上げなどが利用できる最寄りのクリーニング店が良いですが、
週末やシーズン毎にまとめて出す場合は宅配クリーニングもおすすめです。

【宅配クリーニング リナビス】

引用サイト:宅配クリーニング リナビス

料金 5点コース  \8,550
10点コース  \11,700
20点コース  \19,800
ワイシャツ追加1点 ¥159(税込)
対応地域 日本全国どこでも利用可能送料無料
※北海道・沖縄・一部離島は別途料金有
おすすめポイント
  • すべて職人さんの手仕上げ
  • 再仕上げが無料で安心
  • 12か月の保管も無料なのでシーズンごとの衣替えも楽ちん
  • シミ抜き・ボタン修理・毛玉取りなどのサービスが無料
あかね
あかね
品数でのコース料金なので、スーツや制服などまとめて出してしまえるのがいいですね。

 

【宅配クリーニングのリネット】

引用サイト:宅配クリーニングのリネット

ワイシャツ料金 つるし \290
タタミ \390
対応地域 日本全国どこでも配送
おすすめポイント
  • 最短2日で届くスピード仕上げが選べる
  • シミ抜き無料
  • プレミアム会員はクリーニング料金3,000円以上で往復送料無料でお得
    (例)ワイシャツ5枚 290円×5  スーツ上下 1,610円
    計3,060円 送料無料
  • ワイシャツ全品抗菌防臭加工

 

あかね
あかね
宅配クリーニングって時間がかかるイメージだけど、最短2日で届くのはありがたいですね。

その他おすすめの宅配クリーニングの価格や口コミを比較していますのでこちらも参考にしてみてくださいね。

 

家庭でのお手入れの注意点

日常的に多く使っているワイシャツの日々のお手入れは、家庭での洗濯が適しているとお話してきました。

実際に家庭で洗濯する際に気を付けたいことをご紹介します。

形態安定やノンアイロンワイシャツの洗濯方法

形態安定加工やノンアイロンのワイシャツは家庭での洗濯が最適です。

正しい方法で洗濯すればアイロンをかけることなく、干すだけでシワの無いパリッとしたシャツになりますよ。

  1. シャツのボタンを留めて、洗濯ネットを使用して洗濯する
    洗濯ネットを使用することで絡まりを防いで痛みにくくなります。
  2. 脱水は短く15秒~30秒程度にする
    形態安定のシャツは濡れ干しすることで、水の重みでシワを伸ばします。
  3. 洗濯~脱水の終了後はすぐに取り出す
    取り出すまでに時間が経ってしまうとシワになってしまうのですぐに取り出します。
  4. シワを取るようにワイシャツを振りさばく
    振りさばくことでシワを伸ばします。
  5. 厚めのハンガーにかけ、陰干しをする。
    厚めのハンガーに干すことで肩の形がきれいになります。紫外線による変色を防ぐため陰干しがおすすめです。

脱水のかけすぎでせっかくのノンアイロンワイシャツにシワが出てしまうということがありますので
脱水の時間は短時間で行うように注意しましょう。

あかね
あかね
他の洗濯物と一緒に洗濯してしまうと脱水をかけすぎてしまうので注意が必要ですね。

パリッとした仕上がりに!アイロンがけのポイント

ノンアイロンワイシャツであっても、洗濯を重ねていくとどうしてもシワが気になってくることがありますよね。

そんな時はお家で軽くアイロンがけするだけでパリッとしたワイシャツになりますよ。

トップヒューズ芯のワイシャツは高温で縮みが起きてしまう可能性があるため、
特にエリ・袖・前立ては高温でのアイロンがけをしないようにしましょう

アイロンの温度は中温から低温がおすすめです。

ワイシャツのアイロンがけのポイント
  • アイロン用仕上げ剤を使い、ドライでかける
  • 布を平らにしてかける
  • えり→肩→袖→身ごろの順にかける

 

通常のアイロンにプラスしてアイロン用仕上げ剤を使うことで、
クリーニングに出したようなパリッとした仕上がりになりますよ。

また糊付けすることで、ピシッとした仕上がりになるだけでなく
襟や袖の汚れが付きにくく、落としやすくなるのでおすすめですよ。

アイロン用仕上げ剤

アイロン用キーピング 衣料用のり剤

引用サイト:Amazon

アイロンがけの際に手軽に使用できるスプレータイプの衣料用のり剤

ソネット アイロンスプレー

引用サイト:Amazon

オーガニックにこだわったアイロン用スプレーのり

キーピング アイロン用スムーザー

引用サイト:Amazon

シワ取り、アイロンをスムーズにかけられるようにするスムーザー
のり剤と併用可能

 

まとめ

今回はワイシャツのお手入れ方法について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

ワイシャツは芯地の種類等によって最適なお手入れな方法が異なります。

フラシ芯・仮接着芯のワイシャツのお手入れ

【フラシ芯・仮接着芯】
自然な風合いを生かした高価なワイシャツに用いられることの多い。
襟や袖部分をつまんで、芯地と生地が離れているもの。

  • 家庭でのアイロン仕上げが難しいため、クリーニングに出すお手入れがおすすめ。

 

トップヒューズ芯のワイシャツのお手入れ

【トップヒューズ芯】
形態安定やノンアイロンワイシャツなど、国内で販売されている9割のワイシャツに用いられる。
家庭でのお手入れを簡単にできるように作られている。

  • 家庭で簡単にお手入れできるように型崩れしにくく作られているため、
    家庭での洗濯がおすすめ
  • クリーニングに出す時やアイロンをかける時は高温による縮みに注意する。

 

持っているワイシャツに最適なお手入れができて長く着ることができると嬉しいですよね。

またライフスタイルによって最適なワイシャツを選んでみても良いかもしれません。

普段家庭でのお手入れができる方は形態安定やノンアイロンワイシャツ等がおすすめです。

毎回クリーニングに出してしまう方が楽な方は、フラシ芯・仮接着芯のワイシャツがおすすめですよ。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です