ワイシャツをクリーニングで洗ったら痛むことや縮むことはないの?

こんにちはあかねです。

ワイシャツは自宅で洗いますか。クリーニングに出していますか。
1回着ただけでは洗わない人もいますが、夏はそうもいきませんよね。

自宅で洗っていても、襟元に黄ばみがついて取れなくなるとクリーニングを利用している人も多いと思います。

クリーニングに出すと、黄ばみや匂いもスッキリして返ってくるのですがなんか着心地が悪くなってる時ってないですか。

●襟元が苦しい
●袖口や胸周りキツい

せっかくクリーニングにだしているのに、縮んだだりなぜか痛んで仕上がってくるとがっかりですよね。

最悪の場合、着れなくなり買い直ししなくてはいけなかったり、特に高めのワイシャツだと本当に残念ですよね。

クリーニングでワイシャツが縮んでしまう原因は、プレス機で熱を加えると熱に弱いワイシャツは縮み、仕上がったときに襟元や袖口がキツくなります。

しかし、機械ではなく手荒いコースでお願いしたり、ワイシャツクリーニングに力を入れている店では、他店とは違う方法で縮みや痛みを最小限に抑えれるようにしています。

もし、縮んでしまっても復元の方法や、アイロンをかけなくても着れるワイシャツもあります。

家で洗濯出来て、ノーアイロンで着用できる形態安定シャツにすると、縮みや痛みも最小限に抑えることもできます。

ワイシャツは洗う回数が多い分、気を遣うこともありますが長く着ていけたらいいですね。




ワイシャツが縮んだり、痛んだりする原因

1回ですごく縮むという訳ではないのですが、何度もクリーニングに出していると気になってくる場合があります。

クリーニングで洗う時、高温で洗ったほうが汚れが取れやすいのですが、生地を痛める原因になります。

ワイシャツが縮んでいる箇所は、襟、袖(カフス)、前立てです。
この場所には、芯地(しんじ)という生地が入っており、表地と裏地の間に接着剤でくっつけています。

この接着剤が水洗いや、濡れたまま高温のプレス機(180℃)をかけられると、変形して縮みの原因になります。

芯地とは

衣類の着心地やシルエットを良くするときに欠かせない生地で、芯地が入っていないとメリハリがなく見えます。
着崩れを防いだり、部分的に厚みをだしスタイリッシュに見せてくれます。

スーツの肩パットと似た役割をしています。

 

芯地の中でも『トップヒューズ芯』というのが、ワイシャツの9割をしめています。

多くのワイシャツは自宅で洗濯できる前提で作られており、アイロンをかけなくても着れる様に、芯地に『トップヒューズ芯』が使われています。

アイロンをかけない前提でトップヒューズ芯を使ってワイシャツは作られているので、アイロンやクリーニング店のプレス機の高熱に対しての対策はされておらず、130℃以上の熱を与えると縮んでしまうということです。

 

こちらがクリーニングでワイシャツにプレス機を使用している様子です。

引用サイト:YouTube クリーニング屋染み抜き修復師 尾上昇

思ったよりも長い時間当ててると思いませんか。
パリッとして気持ちいいのですが、これが縮みや痛みの原因になっています。

こちらのクリーニング店の様に丁寧にプレス機を使用していれば、縮みや痛みは最小限に落ち着くのですが、雑に扱うクリーニング店に頼んでしまうと、シワが寄ったりすごく縮んでしまい生地をはやく痛めてしまうこともあります。

あかね
あかね
プレス機は機械だけど作業する人によっては仕上がりが変わるんですね。

クリーニング店が高温プレス機を使う理由

ではなぜ、縮んだり熱で痛めてしまう可能があるのに、プレス機を使うかというとコストを削減するためです。

ワイシャツのクリーニング料金は比較的安く提供している店が多く、プレス機を使っているからこそはやく綺麗に仕上げることができるのです。

手仕上げは手間がかかるため、低価格で提供するのは難しいのです。

クリーニング店で縮んで仕上がった時はどうしたらいいの

自宅で復元させたい場合は、濡らした後に当て布をして低温で引っ張りながらアイロンをかけると、戻る場合がありますがテンションのかけ方や、アイロンを何度もかけてしまうことで痛めてしまう場合もありますので、注意が必要です。

ワイシャツをだしたクリーニング店に相談するとやり直してくれる可能性もありますので相談してみてもいいと思います。

他にも、縮みを復元する機械を導入している、クリーニング店もありますのでどうしても諦めきれないワイシャツは相談してみてもいいと思います。

 

クリーニングで手仕上げすると縮んだり、痛んだりしないの

ワイシャツは手仕上げや機械仕上げを選ぶことができます。

手仕上げは、引っ張りながらアイロンをかけ、機械よりもアイロンが当たる時間が短いので芯地まで熱が到達しなので縮むことなく仕上げることができます。

 

デリケート洗いや手洗いをしてくれるコースは低めの温度で、洗いや仕上げをしてくれるので気になるかたはそちらがオススメ。
別料金になったり店でのやり方も様々です。

ワイシャツをクリーニングにだすならプラスキューブ

 

引用サイト:プラスキューブ

プラスキューブは、お客様1人1人個別で洗濯してくれ高品質な仕上がりが人気のクリーニング店です。

他のクリーニング店とは違うやり方でワイシャツを洗っていて縮みや痛みがでないよう徹底しています。

●40℃の水洗いで専用の洗剤を使い、生地が痛まないように汚れを落とすことが出来る。

●プレス機を使う前に乾燥させる。

●低温で短時間のプレスで行うので縮まないし生地も痛みにくい

●ワイシャツを修復、復元できる機械(AK-656)も導入されています。

 

1度乾燥させてから、低温でプレスするというのが、他のクリーニング店との大きな違いです。

しかも、宅配クリーニングなので全国どこからでも注文できるのと、送料が全国無料です
(離島などの一部地域は追加料金がかかる場合があります)

配送の流れ

引用サイト:プラスキューブ

  • 予約して3日以内に集荷キットが自宅に届きます。
  • 箱に詰めたら、提携している佐川急便に自分で連絡をとり、集荷に来てもらい送ります
  • お店に届きクリーニングが終わりお店から配送するまで5日間かかります(ワイシャツの場合)

 

あかね
あかね
予約してから、自宅に届くまで1週間から10日ほどはかかりそうですね。お急ぎの方には難しそうですね

スーツの水洗いも型崩れしない

スーツ専用ネットにいれ洗浄のあと、平面で脱水をして復元生計をして新品同様に仕上げてくれます。

それに加え、破れほつれ等の点検をしてくれてシミがあった場合は無料でシミ抜きしてくれます。

料金

ワイシャツ 10枚パック 3,500円
スーツ上下セット 7,500円
ジャケット 4,000円
ベスト 3,500円

 

ワイシャツは1枚や5枚で注文できないか電話で確認してみたところ・・・

徳島に6店舗あるのですが、本店の方にワイシャツを持ち込めば1枚360円から注文出来ます。

仕上がった後の配送料金はお客様負担になりますが、提携している佐川急便はそれほど送料をかけずに送り返すことが出来るみたいです。

宅配クリーニングは送料込みの料金設定なので、ワイシャツ10枚単位でしか注文出来ません。

 

あかね
あかね
電話対応もすごく丁寧で、大切な衣類を安心して任せれられる気がしました

形態安定シャツとは

 

そもそも、アイロンをかけずにワイシャツを着ることが出来たら、縮みや痛みも最小限に抑えることができます。

それを叶えてくれたのが、形態安定シャツです。

形態安定シャツとは、薬品処理、樹脂加工、熱加工などを施すことで防しわ性を向上させ、洗濯後にアイロンをかけなくてもそのまま着ることができるように作られたシャツのことです。

そのほとんどは綿とポリエステルの混紡素材でしたが、その後、綿100%の形態安定シャツも作られるようになります。今ではメンズのワイシャツ以外にも、レディースの形態安定シャツも広く普及しています。

引用サイト:ORIHICA

 

ノーアイロンシャツとも言われており、洗濯して干すだけでワイシャツが着られるので楽ちんです。

それに加えて、形態安定シャツは乾くのがはやいのも特徴の一つです。梅雨の時期や出先でもはやく乾いてくれると助かります。

形態安定シャツは干し方で仕上がりが変わる

洗濯機に入れて洗うのは普通のシャツと同じなのですが、大きな違いは濡れたまま干すということです。

水分の重みでシワが伸びるように作られているので、乾きすぎてはシワは伸びません。

●水分を含ませたまま、干します。

●どうしても、水が垂れるのが気になる場合は、15秒ほど脱水をかける。

●干す時は陰干しがオススメですが、製品やメーカーによって違うので洗濯表示を確認してください。

●ハンガーはスーツなどをかける厚めのハンガーで干すと、針金のハンガーよりも安定して全体のシワを伸ばすことが出来ます。

 

アイロンをかけたい場合

どうしても気になるシワが残ってしまった場合のアイロンのかけ方も注意が必要です。

温度は中温で、襟元や袖口、前立てはトップヒューズ芯が使われている場合が多いのでかなり気をつけてアイロンしなければ、形態安定加工がなくなっていく可能性もあります。

当て布をしながら慎重に行って下さい。

形態安定シャツはクリーニングにだしていいの

襟元の黄ばみやシミがついてしまった時、自宅の洗濯機ではどうしても落ちないときありますよね。

しかし、ほとんどのワイシャツメーカーはクリーニングには出さないでほしいといいます。

先ほど述べたとうり、高温でのプレスと形態安定シャツは相性が悪いのです。

あかね
あかね
どうしても、出したい時はクリーニング店にしっかり説明して、ケアしながら洗濯してくれるところにお願いした方がいいですね。

家で洗濯するならTOKYO SHIRTS

引用サイト:TOKYO SHIRTS

TOKYO SHIRTSは超形態安定シャツでノーアイロンで着られるのと、高品質な生地と様々なデザインの中から選べて、カラーの幅広く揃えているので男女問わず人気のワイシャツ専門店です。

強力な撥水防汚機能が加工されており、頑固な皮脂汚れや油汚れも落ちやすく、抗菌消臭機能も追加されていて、汗をかいたときにもワイシャツにベタつくことなくいつでもさらりとした着心地です。

1番気になるのは、形態安定がどれほど続くのかということではないでしょうか。

形態安定加工を行っているメーカーの平均は、洗濯50回分なのですが、TOKYO SHIRTSは洗濯60回分ほどが目安です。

 

自宅での手入れで多少の差はでてきますが、週に1回ワイシャツを洗うとすると、1年2ヶ月ほど形態安定が続くということです。

クリーニングに出していい?

基本的に家庭洗濯がお勧めです。
出される場合は、『アイロンは中温』で、『ボタンのプレスに気をつけて』とお伝え下さい。

※クリーニング店では、高温でアイロンを掛けることが多いです。生地と芯地の縮率が違うため、高温でアイロンをかけると、芯地部分だけが縮んでしまい、商品がダメになる場合がございますので、必ず中温でお願いします。
※仕上げに専用プレス機械を使うクリーニング店では、高圧高温プレスで仕上げていますので、シワは取れますが、圧力で弊社が使用している厚みのあるボタンは劣化し、割れやすくなる場合がございます。

引用サイト:TOKYO SHIRTS

あかね
あかね
自宅で洗濯出来て、アイロンをかてなくても着られたワイシャツが縮んだり痛む心配もないので安心

 

まとめ

ワイシャツの襟元や袖口、前立ての多くは『トップヒューズ芯』が使われています。

『トップヒューズ芯』は家庭で洗濯をする前提で作られていて高温に弱い為、クリーニング店で、濡れたまま高温プレス機を使うと縮んだり痛んだりする。

クリーニング店に出す時に、手洗いコースやデリケートコースなどでお願いすると縮まず仕上げてくれます。

オススメのクリーニング店はプラスキューブ

個別で洗濯してくれて、乾燥させてから短時間のプレスで仕上げてくれるので縮みや痛みを感じることなく仕上げてくれます。

縮みを復元させてくれる機会も導入しており、他店でも縮んでしまったワイシャツを修復出来ます。

 

ノーアイロンでワイシャツを着用できる形態安定シャツ

濡れたまま干し、水分の重みを利用してシワを伸ばすのでアイロンいらずで着用出来ます。

超形態安定シャツTOKYO SHIRTS

形態安定が洗濯60回分長持ちします。他にも、皮脂や油汚れに強い撥水加工もしておりクリーニングに出さなくても綺麗が長持ちします

ワイシャツを縮ませないために出来ること

●トップヒューズ芯のワイシャツはなるべく自宅で洗って、低温で当てぬのをしながらアイロンをかける。

●クリーニングに出す時は、トップヒューズ芯のワイシャツであることを伝え、縮まない様に出来るメニューがあるか聞いてみる。

●専用の機械や職人の技術がしっかりあるクリーニング店にお願いする。

●形態安定加工のワイシャツを購入して自宅で洗濯する。

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です