野球ユニフォームの洗濯での泥の落とし方!しっかり落とす方法を解説

こんにちは、あかねです。

野球のユニフォームの泥汚れを洗濯したのに泥が落ちきれてなくて
染みになったという経験ありませんか。

野球はスライディングしたり、膝やお尻をついたりしますから、
ユニフォームのあちこちに泥や砂がついてしまいます。

この泥汚れって生地の奥にまで入り込んでいるからなかなか落とせないんですよね。

グランドに雨降ってできた水たまりやぬかるみがある中での野球ともなると、
さらに頑固な泥汚れがついてしまい落ちません。

野球のユニフォームについた泥が落ちないと染みになり
黒ずんだり黄ばんでしまい目立ってしまいます。

部活動ともなると毎日、泥で汚れた野球のユニフォームを
洗濯することになりますから大変です。

この記事では、野球ユニフォームの洗濯での泥の落とし方を紹介します。

洗濯での泥の落とし方がわかると、頑固な泥もかんたんに
すっきり落とせるようになります。

泥をきれいに落とした真っ白い野球ユニフォームを着てのプレイ姿はかっこいいですよね。

洗濯する側も清潔な野球ユニフォームを着て活躍する姿をみると気分がいいですし、
応援がますます楽しくなります。

 




洗濯の仕上がりが変わる洗濯前にすべき泥への対処法

泥がついた野球のユニフォームはすぐに洗濯機で洗ってはいけません。

泥や砂がついたままで洗濯をすると洗濯機の中がザラザラの
砂だらけになって洗濯機を汚してしまいます。

しかも野球のユニフォームについた泥は落ちきらずに
残って黒ずみや黄ばみといった染みになります。

泥でできた染みを取りたくて何度も洗うことを考えると、
面倒でも洗濯前に泥を落としやすくしましょう。

泥の性質を知ると落としやすくなる

野球ユニフォームには、泥汚れだけではなく汗や皮脂の汚れもたくさんついています。

泥も汗も皮脂もひとまとめにして「汚れ」と考えていると泥は落ちません。

泥や汚れには性質があるからです。

  • 泥は不溶性の汚れ
  • 汗は水溶性の汚れ
  • 皮脂は油溶性の汚れ

 

野球のユニフォームについた泥は不溶性の汚れになります。

不溶性の汚れは、水にも油にもとけない汚れのことです。

汚れの性質を知らないで普通に洗ってしまうと泥の汚れは染みになってしまいます。

あかね
あかね
私も泥汚れを普通に洗濯して染みを作ったことあります。

あとありがちなのが、洗濯する前に泥を水で洗い流そうとする行動です。

これをやってしまうと、かえって泥を水で広げてしまい汚れを悪化させてしまいます。

泥には泥の落とし方があります。

泥を乾かして落とす

水にも油にもとけない不溶性の汚れである泥を落としやすくするためには、
まずは泥をしっかり乾かすことです。

あかね
あかね
泥って乾かす方が落ちるんですね。

泥が乾いたら、生地の表面についている泥をブラシではらい落とします。

泥は乾くと手ではたくだけでポロポロとかんたんに落ちます。

雨の日で濡れてしまったひどい泥汚れであっても、
一度乾かしてからはたくと泥が良く落ちます。

 

野球のユニフォーム一式の泥を落とす洗濯の仕方

泥を乾かしてはらい落としたあとは、野球のユニフォームを洗濯して
生地の奥に浸透している泥や汚れを落とします。

野球のユニフォームは、ユニフォームに靴下、アンダーシャツ、
アンダーストッキング、それに帽子があります。

野球はとにかく泥汚れを落とすのが大変です。

あかね
あかね
雨の中の野球の泥は一層落ちにくいんですよね。

それぞれに適した洗濯をすることで、
泥汚れや汗、皮脂などの汚れをすっきり落とすことができます。

それぞれに合わせた洗濯の仕方と泥と汚れの落とし方を紹介します。

ユニフォームの洗濯

ユニフォームは一番泥汚れがつきます。

スライディングなんてしたらユニフォームのズボンは泥でドロドロです。

あかね
あかね
野球って白いユニフォームだから大変なんですよね。

だけど、泥汚れはがんばっている証でもあるんですよね。

そう思うから泥を落とすのは大変でも、
一生懸命に野球のユニフォームを洗濯するのだと思います。

特に泥がつきやすい箇所
  • ユニフォームは、「膝」と「お尻」

 

ユニフォームの表面についた泥や砂は乾かすことで落とせますが、
生地に浸透してしまった泥は繊維にからんでいるので落としにくくなっています。

ひどい泥汚れの部分は、全体を洗濯する前にその部分だけを
先に洗っておく予洗いをしておきます。

予洗いをすると泥を浮かして落としやすくなります。

頑固な泥汚れを落としやすくするための予洗いの手順を紹介します。

  1. 泥汚れがひどい部分に粉末洗剤もしくは固形洗剤を塗り込んでもみ洗いをする。
  2. 皮脂は38度以上で溶け始めるので、シャワーの温度は40度以上に設定しておく。
  3. シャワーの水圧で泥を落とすように生地にそってブラッシングするようにかける。
  4. シャワーを生地の裏側からも当て泥を浮かして押し出しておく。
  5. ある程度表面上の汚れが落ちたら、洗剤液につけ置きを30分~2時間する。

 

予洗いが終わったら次は泥を落としてユニフォームを真っ白にする洗濯です。

洗濯のやり方の手順はつぎのとおりです。

  1. 汚れのひどい部分を予洗いしておく。
  2. 上着は裏返して洗濯ネットに入れる。
  3. ズボンは、ファスナーを締めて洗濯機へ入れる。
  4. 洗剤と酸素系漂白剤を入れて洗濯機を回す。
  5. 脱水後はすぐに取り出して干す。

 

ユニフォームを洗濯するときのポイント
  • 縦型の洗濯機の場合は、一番下がもっとも洗浄力が高いため
    一番下にユニフォームを入れると汚れが落ちやすくなります。
  • ズボンは裏返して筒形にして空気が入るように干すと早く乾きます。
  • 色の濃いユニフォームを干す際は、陰干しにすると日焼けや色落ちを防げます。

 

ただ最近は、縦型の洗濯機だけではなく横型のドラム式洗濯機があります。

ドラム式洗濯機の場合は、しっかりと予洗いをするようにしましょう。

あかね
あかね
ドラム式洗濯機の場合は、予洗いにバケツウォッシャーを使うのもおすすめです。

バケツウォッシャーは、洗うことだけに特化したバケツ型のミニ洗濯機のことです。

【カウンツール バケツウォッシャー TOM-12】
洗うことに特化したバケツ型の洗濯機です。
洗濯機で直接洗いたくないドロドロに汚れた洗濯物を洗うのに便利です。
給水排水機能はなく脱水もできません。

引用サイト:楽天市場

 

靴下の洗濯

ユニフォームと同じように泥汚れがひどい靴下も予洗いを必ずしましょう。

特に泥がつきやすい箇所
  • 靴下は、「指先」と「かかと」と「くるぶし」

 

予洗いから洗濯までの手順はつぎのとおりです。

  1. 靴下についた泥や砂をはたいて落とす。濡れている場合は先に乾かしておく。
  2. 頑固な汚れの部分を洗剤又は固形石鹸と酸素系漂白剤を塗り込んでもみ洗いをする。
  3. 軽くすすいで洗濯機に入れる。
  4. 洗剤と酸素系漂白剤を入れて洗濯機を回す。
  5. 脱水後後、はき口は伸びやすくなるためつま先部分にピンチを留めて逆さに干す。

 

あかね
あかね
靴下の予洗いには、洗濯板を使うと良く落ちますよ。

アンダーシャツの洗濯

アンダーシャツは肌に触れますから、汗や皮脂の汚れでいっぱいです。

洗濯表示をみて酸素系漂白剤が使用可能であれば、
洗濯機へ入れる前につけ置き洗いがおすすめです。

アンダーシャツの洗い方の手順はつぎのとおりです。

  1. アンダーシャツを洗濯ネットに入れる。
  2. 洗面器に40℃以下のぬすま湯を入れ、規定量の洗剤と酸素系漂白剤を入れる。
  3. 洗濯ネットに入れたアンダーシャツを洗面器にひたして30分~2時間ほどつけて置く
  4. 洗濯ネットごと洗濯機へ入れて洗濯をする
  5. 脱水後すぐに取り出してアンダーシャツは裏返して陰干しする

 

アンダーストッキングの洗濯

アンダーストッキングもユニフォームや靴下と同じように泥がつきやすいです。

ですがアンダーストッキングは、ウールやアクリルなどの繊維で
できているため、靴下のようにゴシゴシ洗うと生地を傷めてしまいます。

おしゃれ着用の洗剤でやさしく洗うようにしましょう。

アンダーストッキングの洗い方の手順はつぎのとおりです。

  1. アンダーストッキングに泥や砂をはたいて落とす。濡れている場合は先に乾かしておく。
  2. 汚れがひどい部分におしゃれ着用洗剤をつけてなじませる。
  3. 洗面器に40℃以下のぬるま湯と規定量のおしゃれ着用洗剤を入れて、押し洗いをする。
  4. 洗面器の水をかえて洗剤が残らないように丁寧にすすぐ。
  5. アンダーストッキングにタオルを巻いて30秒~1分脱水をする
  6. 脱水後はすぐに陰干しをする

 

帽子の洗濯

帽子もユニフォームや靴下と同じように泥汚れや汗、皮脂汚れがたくさんつきます。

帽子が型崩れしないように手洗いをします。

帽子の洗い方の手順はつぎのとおりです。

  1. 帽子についた泥や砂をはたいて落とす。濡れている場合は先に乾かしておく。
  2. 頑固な汚れの部分を粉末洗剤又は固形石鹸と酸素系漂白剤を塗り込む。
  3. 洗面器に40℃以下のぬるま湯と規定量の洗剤を入れ、やさしく押し洗いをする。
  4. 洗面器の水をかえて洗剤が残らないように丁寧にすすぐ。
  5. 洗面器に水と消臭・防臭効果のある柔軟剤を規定量入れて帽子を押し沈める。
  6. 帽子をタオルに包んで、30秒~1分脱水する
  7. 形を整えて干す

 

野球ユニフォームの泥汚れにおすすめの洗濯洗剤

野球のユニフォームを部活動で使う場合は毎日洗わなければいけません。

泥だらけのユニフォームの洗濯は泥汚れが落ちないから大変です。

泥落としが得意な洗剤を使うとユニフォームの泥を落とす作業が楽になりますよ。

あかね
あかね
ほんと大変ですよね。
泥汚れはゴシゴシ洗わないと落ちないからけっこう力いるんですよね。

 

面倒を考えると少々値段が高くても簡単な作業で汚れがきれいになる、
ユニフォーム専用・泥汚れ専用の洗濯洗剤がおすすめです。

ユニフォーム専用・専用の洗剤には、蛍光剤や漂白剤が配合されていることが多いです。

蛍光剤 蛍光剤とは紫外線を吸収して青白い光に変えることで、衣類を白く見える効果があります。
ですから、色付きものは、色落ちしたり、白っぽくなったりします。
漂白剤 汚れや染みを作り出している色素を科学的に変化させて無色にすることで、
衣類を白くしているのが漂白剤です。

衣類の白さを際立たせたいなら「蛍光剤」、
汚れや染みを取り除きたいなら「漂白剤」の使用が最適です。

 

泥汚れにおすすめの洗剤
【泥スッキリ本舗】泥スッキリ303

野球、サッカー、ラグビーなどのユニフォームや靴下のひどい汗の臭い・泥汚れをより白くキレイにお洗濯してくれます。

つけ置き時間も短く済むので、時間をかけずに洗濯することができます。

ただし増白剤配合のためユニフォームは色落ちしてしまう可能性があります。

【ミマスクリーンケア】バイオ濃厚洗剤ポール(酵素配合)

脅威の洗浄力から、大さじ1杯でユニフォームの泥汚れをきれいに落としてくれます。

泡切れが良くすすぎが簡単に終わります

蛍光剤配合になります。

【アルク有限会社】泥汚れ専用洗剤レギュラー 

野球・サッカー・ラグビーなどスポーツのユニフォームの泥汚れや皮脂、臭いをがんこな泥汚れを落とす為の洗浄成分を超高配合しているので白くキレイにお洗濯してくれます。

酸素系漂白成分配合だから、色物・柄物にも安心して使えます。

ただし蛍光増白剤配合のためユニフォームが白っぽくなってしまう可能性があります。

 

あかね
あかね
どの洗剤も泥がよく落ちそうですね。
部分洗いにおすすめの洗剤
【東邦】ウタマロ石けん

通常の洗濯では落ちにくい頑固な汚れに特化した、部分洗い用石けんです。

予洗いのときにぬりこむだけできれいに落ちます。

蛍光剤配合です。

【矯正協会 刑務作業協力事業部】ブルースティック

ユニフォームなどの泥汚れもすっきり落とせる部分汚れ用の洗濯せっけんです。

スティックタイプで握りやすので細かいところにも塗り込みやすいです。

蛍光剤不使用です。

 

あかね
あかね
ウタマロ石鹸とブルースティックはよく落ちるので泥落としの強い味方です。

部分洗いには、重曹もおすすめです。

重曹の使い方は、少し日にちが経過してしまった汚れにも効果を発揮します。

重曹は汚れを落とす力も強いが消臭効果があります。

重曹の使い方は、洗剤と重曹を同量汚れた部分に塗りこみ、
5~10分ほど放置して洗濯機へ入れるだけです。

 

汚れた野球ユニフォームを持ち帰るときの注意点

野球をしてユニフォームを持って帰ってくるときのひと手間で泥が落としやすくなります。

野球をやっているお子さんやだんなさんへ伝えてやってもらえるようにしましょう。

野球ユニフォームを持ち帰る時の3つの注意点
  1. ユニフォームについた泥や砂はカバンに入れる前にはらい落とす。
  2. ユニフォームは直接カバンに入れずにビニール袋へ入れて持って帰る。
  3. ユニフォームを持ち帰ったらすぐに洗濯できるように出す。

 

ユニフォームや靴下、アンダーストッキングについた泥や砂は
グランドではらい落としてくるだけで洗濯が楽になります。

また直接カバンにユニフォームを入れるとカバンが泥や砂でザラザラになります。

ユニフォームについた泥汚れは放置しておくと落ちにくく
なりますからすぐに洗濯をしましょう。

 

まとめ

今回の記事では、野球ユニフォーム洗濯の泥の落とし方を紹介しました。

ユニフォームについた泥の落とし方で重要なのは、乾かしてからはらい落とすことです。

泥は落とし方を間違えると、染みになってしまいます。

泥をはらい落とした後に、ユニフォームや靴下などそれぞれに合わせた
洗い方をすることで泥や汚れは落とせます。

紹介した泥の落とし方は、野球のユニフォーム以外にも使えます。

  • サッカーやラグビーなど他のユニフォームの泥汚れ
  • ガーデニングでついた泥
  • 子供の泥遊びでついた泥

などさまざまなケースの泥を落としたいときに使えます。

泥のついていないきれいで清潔な野球ユニフォームを着ることができると
練習や試合も楽しくプレイできるのではないでしょうか。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です