生乾きの臭いはファブリーズで消える?臭いの原因から解決方法まで!

こんにちは、あかねです。

洗濯物の生乾き臭って、どこの家庭でも一度は悩みますよね。

梅雨台風の時期、冬の外干しもなかなか乾きませんし、
中には屋外の砂埃や別の異臭などのせいで外に干せないという方もいるかもしれません。

仕方なく部屋干しにしたは良いけど、干してる最中や乾いた後にもずっと生乾きのニオイが続くこと、ありますよね。

実はこのニオイ、洗濯物に残った汚れが原因なんです。

ニオイがするだけでなく、汚れも菌もあると思うと、
せっかく洗濯しても安心して使うことができないですよね。

何のために洗濯してるんだか・・・

しかし、きちんと対策をすれば、ニオイの原因となる汚れも菌もきちんと落とすことができます。

「ファブリーズをかけておけばいい?」
「天日干しできる日まで待つ?」

その場しのぎではなく、生乾きのニオイの原因をなくして、臭わない、清潔な洗濯をしましょう。

それでは、原因から解決方法まで、順に学んでいきましょう。

 




そもそも生乾きのニオイは何が原因なの?

なかなか消えてくれない生乾きのニオイ・・・

冒頭でもお伝えしましたが、このニオイは洗濯物に残った汚れが原因です。

しかしこの”汚れと菌“には、2種類あるんです。

  1. 洗濯機で取り除くことができなかった残り汚れから生まれる菌
  2. 洗濯槽に溜まっている菌が洗濯物に移った菌
あかね
あかね
洗濯槽の菌!?
洗剤や干し方以外にも問題があったなんて…

それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

残り汚れから生まれる菌

洗濯物に付いている汚れに対して、洗剤の種類や量が合っていなかったり、
事前に手洗いをしておくべきな強い汚れをそのまま洗濯機に入れてしまったりすると、
せっかく洗濯をしても汚れは洗濯物に残ってしまいます。

あかね
あかね
黄ばんだ皮脂汚れとかそのまま洗いがちだけど、
黄ばみを後回しにするだけでなく、そこからニオイが出てるんですね・・・

残った汚れは、どんどん菌を繁殖させてしまい、
これがニオイの原因になってしまいます。

洗濯槽から移った菌

洗濯機の内部は、水、洗濯物、洗剤、汚れなどがバシャバシャと回っており、
どうしても多少の水分や汚れなどは残ってしまいます。

汚れは近くに水分があると、菌を繁殖させてしまいます。

その状態で再び洗濯をすると、洗濯槽の菌が洗濯物に付着してしまうんです。

あかね
あかね
洗濯物をキレイにするための機械なのに、
洗濯機が原因で菌が増殖してしまっては元も子もないですね・・・

これではいくら洗い方を変えても、洗濯したもの全てに菌とニオイが付いてしまいますね。

定期的に洗濯槽の汚れや菌を取り除くこともしなくてはいけませんね。

 

臭ったらファブリーズ!・・・は、一時的な解決法

ファブリーズなどの衣料用の消臭スプレーは、今やどこの家庭にも置いてあるのではないでしょうか。

生乾きのニオイがしないように、あるいは生乾きのニオイがしてしまったから、
ファブリーズを吹きかけておく、という方も多いと思います。

しかし、ファブリーズではこのニオイの原因は解消されません

ファブリーズのような衣類用消臭スプレーは、かけた衣類のニオイや菌に反応して、消臭・除菌をしてくれます。

今干してあるその洗濯物のニオイは、これで解消できるかもしれません。

しかし、先述したように、生乾きのニオイの原因は以下の2つです。

  1. 洗濯機で取り除くことができなかった残り汚れから生まれる菌
  2. 洗濯槽に溜まっている菌が洗濯物に移った菌

ニオイの原因を取り除かない限り、次の洗濯でまた同じようにニオイが発生してしまいますよね。

ですが、ファブリーズでは残り汚れも洗濯槽の菌もキレイにはなりません

あかね
あかね
ファブリーズで除菌したから解決!
と思っていたのに、そうではなかったんですね。

その場しのぎの消臭では、この先もずっと同じニオイに悩まされ、毎日ファブリーズでごまかすことになるのです。

生乾きのニオイが付いてしまった時の対処も大切ですが、そもそも生乾きのニオイが付かないようにすることも考えなくてはいけませんね。

 

生乾きのニオイが付いてしまった時の解決方法

それではまず、洗濯物に生乾きのニオイがすでについてしまった場合の対処法について、見ていきましょう。

ファブリーズをかけて天日干し

すでにニオイが付いてしまった洗濯物には、ファブリーズは有効です。

洗濯物全体に満遍なくファブリーズをかけ、出来れば天日干しで乾かしましょう。

ファブリーズと日光、どちらともの力で消臭・除菌するのが一番です。

このときファブリーズは、ふんわり洗濯物の全体にスプレーするようにしましょう。

近距離でスプレーすると、液が一か所に固まってしまいますし、
中身が非常に少ない状態でスプレーすると、大きなしずくのように液が固まってしまいます。

ファブリーズの液が固まってしまうと、
場合によっては衣類にシミが付いてしまったり、他の箇所の除菌ができていない状態になってしまいます。

あかね
あかね
付いてしまったニオイには有効なんですね。
でも原因を解消することが一番大切ですね!

洗濯槽をキレイにした後、もう一度洗濯する

洗濯槽の菌を除去した後に、洗濯物の汚れが確実に取れる方法で洗濯をしましょう。

洗濯槽の掃除については後述します。

まずは汚れによる菌の繁殖をなくすために、汚れをきちんと取ることを考えましょう。

なかなか取れない黄ばんだ皮脂汚れには、それが取れる洗い方を、
食べ物や飲み物などの強い汚れには、それが取れる洗い方をしましょう。

参考になる記事をご紹介します。

正しい洗い方をすれば汚れは落ちますし、衣類も長く使い続けることができますね。

生乾きのニオイの原因である2つを解決した状態で洗濯をし直せば、ニオイは気にならなくなるでしょう。

 

生乾きのニオイを付けないために、洗濯機を清潔に!

それでは、ここからはそもそも生乾きのニオイを発生させないために、洗濯機自体を清潔にする方法を学んでいきましょう。

洗濯槽には、知らず知らずのうちにたくさんの汚れや菌が蓄積されてしまっています。

まずはこれを取り除いて、洗濯機を原因とするニオイを防ぎましょう。

ホコリ取りネットからホコリと汚れを取る

ホコリ取りネットの掃除の頻度、意外と少ないのではないでしょうか。

たった1回の洗濯でも、大量のホコリが取れるともあります。

あかね
あかね
当たり前のようで、なかなかマメに掃除できていない場所ですね・・・

基礎的なことですが、マメに取り除くことで、汚れや菌を少しでも洗濯機の中から除外しましょう。

洗剤・柔軟剤投入口を洗う

こちらもあまりマメに掃除できていない家庭が多いのではないでしょうか。

残り洗剤や水分が固まってしまうと、なかなか取れづらい汚れにもなり、またそこから菌が発生することもあるでしょう。

あかね
あかね
ここもあまり掃除する習慣がない場所ですよね・・・気を付けなくては!

水洗いすることが難しい形状の場合は、除菌シート重層などを用いると簡単に落とすことができます。

洗濯槽クリーナーでしっかりと掃除

2~3ヶ月に1度程度、専用の洗濯槽クリーナーでしっかりと掃除をしましょう。

掃除といっても、手軽にできる商品が多く発売されています。

これにより、大きな黒カビが取れてしまうかもしれませんね。

引用サイト:楽天

あかね
あかね
面倒な作業に思えますが、使い方は結構シンプルなようです。

洗濯・乾燥中以外はふたを開けっぱなしに

ふたを開放しておくことにより、洗濯機内部の水分を蒸発させ、菌の繁殖を防ぎます

これは部屋と同じで、閉め切っていると空気が悪くなるのと同じですね。

しかし、ドラム式を使用していて、小さなお子様がいらっしゃる家庭では、
ふたを開けっぱなしにするとお子様が入ってしまったりなど危険がある、という場合もあるかと思います。

この場合は、専用のドアストッパーを使用して、お子様ではふたを閉めることができないようにしましょう。

ベビーガード ドアクッション&ストッパー

あかね
あかね
100均で売っている場合もあるようなので、
お手軽に安全を確保できそうですね。

 

他にも!生乾きのニオイを付きづらくする方法

洗濯槽をキレイにする、衣類に汚れを残さない、他にもニオイを防ぐ方法があるんです。

酸素系漂白剤で付け置きにした後、いつもの洗濯を

普段の洗濯をする前に、ワイドハイターなどの酸素系漂白剤で1時間前後付け置きをしてみましょう。

汚れが落ちやすくなるため、生乾きのニオイも付きづらくなります。

引用サイト:楽天

いつもの洗濯に重層を加える

普段通りの方法で洗濯をする際、重層を大さじ1~2杯加えてみましょう。

衣類にこびりつきやすい皮脂汚れを落としやすくしてくれるので、ニオイの原因を抑えることができます。

100均で買える重層で十分なので、試す価値がありそうですね。

すすぎはお風呂の残り湯でなく水道水で

洗濯の際、お風呂の残り湯を使用する家庭は多いのではないでしょうか。

洗いの際は問題ありませんが、すすぎの際にも残り湯を使用してしまうと、
その時に汚れや菌が洗濯物に付着してしまうことがあります。

あかね
あかね
お風呂の残り湯で洗うと、ぬるま湯で汚れが取れやすいし、節水にもなって一石二鳥と思っていました!
でもすすぎには向いていなかったんですね。

すすぎのときだけは、節約には目をつぶり、水道水を使用するようにしましょう。

早く乾かす

湿っている状態が長く続くほど、生乾きのニオイは大きくなってしまいます。

なるべく早く乾かすことで、必要以上に菌を増殖させないようにしましょう。

洗濯物を早く乾かす方法は、様々です。

  • 洗濯物同士の間隔をあけて干す
  • 風通しの良い場所や、部屋の中央に干す
  • サーキュレーター乾燥機を使用して早く乾かす
  • 太めのハンガーを使用すると、内側からも早く乾く
  • 両端に長い衣類、中央に短い衣類を干すアーチ干しで早く乾かす
  • 洗濯カゴは風通しの良い素材のものに

あかね
あかね
道具や機械を使わなくても、干し方の工夫で早く乾かすことができるんですね。

それぞれの家庭でやりやすい方法で、洗濯物を早く乾かすことで、
菌の繁殖を防ぐだけでなく、家事の時短にもつながりますね。

 

まとめ

いかがでしたしょうか。

生乾きのニオイはなぜ発生するのか、どう解消するのかを、詳しく解説してきました。

ファブリーズに関しては、あくまで付いてしまったニオイの解消にはつながりますが、
ニオイの原因の解消はされず、その場しのぎの対処法となってしまいます。

生乾きのニオイを解消するポイント
  • 付いてしまったニオイには、ファブリーズ&天日干し
  • 2~3ヶ月に一度は洗濯槽クリーナー
  • 洗濯前に酸素系漂白剤で付け置き
  • すすぎだけはお風呂の残り湯でなく水道水で
  • 短時間で乾かす

付け置きは少し手間かもしれませんが、他はさほど時間も手間もかからなさそうですね。

これであのしつこい生乾きのニオイが解消されるので、ぜひ皆さんに試していただきたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です