クリーニングの染み抜きで落ちる?落ちない?染みを落とす方法を解説

こんにちは、あかねです。

「クリーニングで染み抜きを依頼したら染みが落ちていなかった」という経験ありませんか?

私はクリーニング屋さんに染み抜きを依頼して「これ以上は落ちません」と言われて染みが残ったままで戻ってきたことがあります。

プロにお願いをしてもダメだったのならもう染み抜きは無理かも、と思いました。

しかしどうしてもその服のことをあきらめきれずに、別のクリーニングへ染み抜きを依頼したところ、染み抜きできれいに落ちました。

染み抜きできれいになった服でおしゃれを楽しめるようになりうれしかったです。

落ちませんと言われたのに落ちたのです。

実は、たいていの染みはクリーニングの染み抜きで落ちます。

ですがクリーニング店によって染み抜きはバラバラです。

これからクリーニングの染み抜きの仕組みと染みについて紹介していきます。




クリーニングの染み抜きには種類と洗い方がある

簡易染み抜きと染み抜きの違い

クリーニングに染み抜きを依頼して、染みが落ちないということがなぜ起こるのでしょうか。

それはクリーニングの染み抜きは、お店によって染み抜きの方法が違っているからです。

クリーニングの染み抜き方法は2つあります。

染み抜きの2つの方法
  • 簡易染み抜き
  • 染み抜き

 

簡易染み抜きは、染みついて時間が経っていない状態で生地に染みが浸透していない部分についてはほぼ落ちます。

しかし、時間が経って染みが生地へ浸透している部分は落とせません。

一方で染み抜きは、染みの種類に合わせて洗い方・薬剤を変えるので浸透してしまっていても落ちます。

しかし染みではなく、もはや変色になってしまった場合、衣類を傷つけることになるので落とすのに技術力が必要となります。

染み抜きの種類を知らずにクリーニングへ染み抜きを依頼したとします。

もしもそのクリーニングが簡易染み抜きをしているところだとしたら?

自分が望んだどおりに染みが落ちていなかったということが起こる可能性があります。

クリーニング店の料金設定に染み抜きが含まれている場合、簡易染み抜きの場合が多いようです。

あかね
あかね
簡易染み抜きか染み抜きかを確認しましょう!

これがクリーニングの染み抜きで落ちない、ということが起こる理由です。

クリーニングで染み抜きしても染みが落ちなかったからもうこの服は着れないとあきらめることはありません。

別のクリーニング店に染み抜きを依頼すればいいのです。

ただし、染み抜きには技術力が必要です。

染みの状態によって、染みを取る時に生地を傷めてしまうかもしれないリスクが伴います。

染みによっては、手間と時間がかかる場合もあります。

あかね
あかね
染み抜きが信頼できるクリーニング店を選ぶことが重要となります。
自分の行動範囲内で探そうとすると染み抜きが上手なクリーニング店が見つからないかもしれません。

クリーニング店を探す際は、宅配クリーニングがおすすめです。

宅配クリーニングの中には、1枚から受け付けてくれるところもあります。

宅配なので自分で持っていくことをしなくてすみますし、染み抜きが上手なクリーニング店を全国から探すことができます。

クリーニングの染み抜きは染みの種類によって洗い方を分けている。

あかね
あかね
染みの種類とクリーニングの染み抜きの洗い方には相性があります。

染み抜きは染みの種類に合わせてクリーニングの洗い方を変えるだけでまったく落ち方が違ってきます。

クリーニングの洗い方は3種類あります。

染み3種類別のクリーニングの洗い方
  1. 水溶性の染みの場合は、水洗いで落とします。
  2. 油溶性の染みの場合は、ドライクリーニング落とします。
  3. 不溶性の染みは、機械による処置して落とします。

 

水洗いのクリーニングは、水溶性の染み(食べこぼし、汗、しょうゆ、コーヒー、お茶など)を落とします。

ドライクリーニングは、油溶性の染み(皮脂、食用油、口紅、ファンデーション、ボールペン、マジック、ペンキなど)を落とします。

不溶性の染み(色素・ススなど)は、洗いだけでは染みを取るのは難しいです。クリーニングには様々な機械あります。その機械で処置して落とします。

その他に「ウエットクリーニング」という洗い方

ウエットクリーニングは、ドライクリーニングの対象の洗濯物ではありますが、水溶性の染みを取り除きたいときに使います。

ドライクリーニングは、本来は水で洗えない洗濯物を洗うクリーニング方法です。

染み抜きの洗い方には様々な方法があります。

あかね
あかね
クリーニング店では、可能なかぎり染み抜きで落ちるように工夫しています。

染み抜きは、染みが凝固したり変色するまで放っておかなければクリーニングの染み抜きで落ちないなんてことはないです。

どこまで対応できるかは、クリーニング店によって異なりますから染み抜きを依頼するときは落ちるものか落ちないものかを確認すると良いです。

クリーニングで染み抜きを依頼する際は、「何をつけたのか」など染みに関する情報をできるだけ伝えましょう。

クリーニング側も判断がつきやすくなり、染み抜きがしやすくなります。

「染み」の原因と種類を知ろう

食べ物や飲み物を服にこぼしてしまったときなど、すぐに気づく染みもあれば、あれ?こんなところに染みがあると気づくこともあります。

クローゼットにしまってあった服を取り出したときに、服が黄ばんでしまっていることもあります。

食べこぼしに化粧品やマジックがついてしまってできた染み、汗染みなど染みにもいろいろあります。

あかね
あかね
そもそも「染み」ってどうなってるの?と思いませんか。
染みになるまでには流れがあります。

あかね
あかね
汚れ⇒染み⇒変色という風に変わっていきます

汚れが時間の経過とともに変化して通常の洗濯では落としきれないものが、「染み」です。

染みは、ついた汚れの性分によって3つに分けられます。

水溶性の染み 食べこぼし、汗、しょうゆ、コーヒー、お茶、血液など
油溶性の染み 皮脂、食用油、口紅、ファンデーション、ボールペン、マジック、ペンキなど
不溶性の染み 色素・ススなど

 

しかし、染みは、汚れが空気にふれて酸化していったものなので、実際には水溶性の染みと油溶性の染みが混ざっていたりします。

染みは時間とともにどんどん生地へ浸透していき、やがて生地や色柄を変色させていき傷つけます。

変色してしまうと、生地が傷んだ状態のため染み抜きで染みを落としにくくなります。

この段階になってからクリーニング店へ依頼すると、「生地を傷つけるから落とせない」と言われてしまうことが増えます。

あかね
あかね
染みが着いたら、できるだけ早めに染み抜きをしましょう。

自分で染み抜きをする方法もありますが、できるだけクリーニングへ依頼することをおすすめします。

黄ばみによる染み

自分でつけた染みとは別に、衣類の「黄ばみによる染み」があります。

きれいに洗って収納したはずの衣類を季節の変わり目に取り出したとき変色していたことありませんか?

あかね
あかね
自分で洗濯しなおしても黄ばみは落ちません。

もうこの服は着れないの?と残念に思うかもしれません。

クリーニングでこの黄ばみの染みは落とせます。

黄ばみは、衣類についた汗や皮脂汚れを落としきれていなかったことが主な原因です。

しかも、収納してあった期間が長ければそれだけ生地へ浸透してしまっています。

ですから、衣替えをするときは、「しまい洗い」をしましょう。

あかね
あかね
クリーニングでしまい洗いをしておけば、黄ばみは防げます。

いったん黄ばみの染みがついてしまった服でも、クリーニングの染み抜きで落ちます。

クリーニング店の中には、染み抜きで黄ばみによる染みは落ちないというところもあります。

落ちないと言われるのは、黄ばみの多くは、汗や皮脂汚れですが、別の原因で黄ばんでいることもあるからです。

クリーニングで黄ばみによる染み抜きをしたいときは、「水洗い」と「ドライクリーニング」の両方を依頼するといいです。

クリーニングの染み抜きはそれぞれにあった洗剤や洗い方をしなければ落ちません。

時間が経ち過ぎた染みだったり、汚れの種類によって染みは落とすのに高度な技術が必要です。

油溶性なのか、水溶性なのかがわからない、もしくは両方が混ざってそうなら、
自分で染みを落とそうとせずに、早めにクリーニングへ相談して依頼しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。染み抜きについての対応はクリーニング店によってバラバラです。

クリーニングへ染み抜きを依頼する際は、注意しましょう。

クリーニングの染みぬきで気を付けること
  • 染み抜きには「簡易染み抜き」と「染み抜き」とがある
  • クリーニング店によって、染み抜きの方法と技術力が違う
  • 染みは時間の経過とともに落ちにくくなるため早めの処置が必要

 

染みは種類がありますし、染みの経過時間も異なります。

適切に処置しなければ生地を傷めて服がダメになってしまいます。

逆に、丁寧に染み抜きをすれば落ちます。

クリーニングの染み抜き料金は、通常料金に含まれているところもあれば別料金がかかるところもあります。

染み抜きが出来上がる日数もクリーニング店によって変わります。

クリーニングへ依頼する際は、どこまで落ちるのか落ちないのかなどを確認してから依頼するようにしましょう。

「落ちるかどうかわからないけれど、できるだけやってみます。」と答えてくれるクリーニング店は信頼できますし、誠実です。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です